【心肺停止】JR三ノ宮駅前高架下で市営バスの事故画像と原因 運転手に手錠とのツイートも(2019.4.21)

神戸市のJR三ノ宮駅前の高架下で市営バスが歩行者をはねる事故が発生しました。

 

事故の画像と、原因を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




JR三ノ宮駅前で歩行者が市営バスにはねられる事故

池袋事故の衝撃が消えぬまま、神戸市JR三ノ宮駅前で、市営バスが歩行者をはねる事故が発生しました。

 

この事故により2人が心肺停止の重傷とされており、容体が気がかりです。

 

神戸市消防局によりますと、21日午後2時すぎ神戸市中央区のJR三ノ宮駅前で「市営バスが歩行者をはねた」という通報がありました。はねられたのは5人で、このうち2人は心肺停止の状態だということです。また、3人がけがをしているということです。
<引用元: NHKニュース>

広告

事故が発生した場所と原因は横断歩道なし?

事故が発生した場所は、神戸市のJR三ノ宮駅近くの高架下だと報じられています。

 

 

後述の現場画像からは、三宮駅との間の高架下での死事故の可能性が高そうです。

この青色の鉄骨が一致します。

 

原因については明らかではありませんが、ストリートビューを確認する限りは高架下には横断歩道が確認できず、高架の端に一ヶ所確認できます。歩行者が道路に飛び出していたのか、バスが不注意だったのか、警察の原因が待たれます。

 

 

広告




 

事故の画像と周辺の渋滞は?

 

事故周辺では、救急車や消防車が集結し、騒然としている様子の画像が投稿されています。

 

また、運転手に手錠がかけられているとの投稿も確認できます。

やはり運転手の過失があったのでしょうか。

 

 


最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




最新情報をチェックしよう!
広告