【木更津市江川】事故にあった小学生女児は家庭訪問で昼下校の日だったとするツイートも(2019.4.23)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

千葉県木更津市江川の県道で、4月23日朝、横断歩道渡っていた小学生2人に車が突っ込む事故が発生しました。
 

 
事故が起きた見通しがよすぎる横断歩道の画像と、逮捕された高山登容疑者のあきれた供述、事故にあった小学生は家庭訪問の日だったとするツイートについて確認します。
 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




木更津市江川で小学生に突っ込む事故


 

 
7月23日朝、千葉県木更津市江川の県道で、横断歩道を渡っていた小学生女児2人に車が突っ込む事故が発生しました。
 

 
この事故で1人が重症、1人が意識不明とされていましたが搬送先の病院で死亡しました。
 

 
連日のように報じられる死亡事故に胸を痛める思いですがまたしても幼い命が失われたことが残念でなりません。
 

 

千葉県木更津市で23日朝、登校途中に横断歩道を渡っていた小学3年生の女の子2人が軽自動車にはねられ、1人が死亡しました。もう1人も大けがをしていて、車を運転していた男が過失運転傷害の疑いで逮捕され、調べに対し「信号を見ていなかった」などと供述しているということです。警察は詳しい状況を調べています。

23日午前7時20分ごろ、千葉県木更津市江川の県道で、登校途中の小学3年生の女の子2人が横断歩道を歩いて渡っていたところ、右からきた軽自動車にはねられました。

警察によりますと、2人とも病院に運ばれ、このうち1人が死亡しました。もう1人も大けがをして手当てを受けています。

これまでの調べによりますと2人は現場から1キロほど離れた小学校に登校する途中で、横断歩道を渡り始めたところ、片側2車線のうち歩道側の車線ではねられたということです。

警察は、車を運転していた木更津市請西東の自称・アルバイト、高山登容疑者(49)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

また、警察によりますと、当時、横断歩道にある歩行者用の信号は青だったとみられ、調べに対し高山容疑者は「ぼーっとしていて、信号を見ていなかった」などと供述しているということです。

警察が引き続き事故の詳しい状況を調べています。
<出典: NHKニュース>

[adcode]

見通しが良すぎる事故の場所画像


 

 
死亡事故が発生した場所は、千葉県木更津市江川の県道だとされています。
 

 

 

 
各メディアで事故現場(場所)が報じられていますが、このNHKニュース画像では、上空からの現場を確認することができます。
 
直線で非常に見通しが良さそうに見え、容疑者が供述している通り、前方不注意だったことは間違いないでしょう。
 

 

広告




 

高山登容疑者の供述

 
逮捕された、49歳アルバイトの高山登容疑者は
 

 

「ぼーっとしていて、信号を見ていなかった」

 

 
と、供述しています。
 
事故にあった小学生の家族の気持ちになれば絶句してしまいそうで、言葉になりません。
 

 
容疑者が見ていなかったのは、信号だけではなく、前方の小学生も見ていなかったということになりそうです。
 

 

 
また、被害女児は家庭訪問の日で昼下校の日だったとする同じ学校の保護者のツイートもあります。
 
昼帰りはきっと楽しみにしていたことだろうと考えるとさらにかわいそうに思います。
 

 


 
最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




コメントを残す

*