【画像】ひろゆき(2ch創設者)の子供の人数は?サンジャポ少子化対策「1000万円」に賛否両論

2ch(2ちゃんねる)創設者で初代管理者の、ひろゆき氏(西村博之)が、TBSの「サンジャポ」に出演し、奇抜な少子化対策を提案し、出演者やネット上で疑問や批判の声が上がっています。

 

ひろゆき氏自身の子どもの人数や画像を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








ひろゆき(2ch創設者)がサンジャポで少子化対策「1000万円」発言

大型掲示板サイト2ちゃんねるの創設者で実業家のひろゆき氏(西村博之)が、TBS「サンジャポ」で、独特の少子化対策として「1人産めば1000万円支給」案を発表し、出演者やネット上でも大きな話題となっています。

 

お金のために産むわけではないという意見が出るのももっともで、このお金を支給してもらうための出産や犯罪なども懸念されますが、このまま少子化が進んでいく決定的な歯止め案も無く、頭ごなしにダメともいえない現状もあり悩ましいところです。

 

 

2ちゃんねる」創設者で「ニコニコ動画」元管理人の西村博之氏(42)が5日、TBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)に出演。日本の少子化対策について持論を述べた。

番組は冒頭で、令和時代に起こりうる様ざまな問題をとりあげた。その1つとして日本の少子化問題について話題が進むと、「ひろゆき」こと西村氏は、対策として「1人産めば1000万円支給」と提言。共演者からは、「子どもを産むだけ産んで、離婚する人や赤ちゃんを施設に預ける人が増えてしまうのでは?」など否定的な意見も飛び交った。

別の対策として「もっと、教育費の無償化など間接的な補助にするべき」という共演者に対して、西村氏は「大阪とかもやってきたが全然子どもが増えていない」と反論。さらに「補助金あげますとか、今までやってきたが、効果がなかった」と付け加えた。

「毎年やる必要もなくて、2021年に生まれたら1000万円ですというと、子どものための準備を始めると思う。子どもを産んでもいいように転職したりとか、近所の保育園ができはじめたりとか社会のシステムが変わっていくと思う」と語った。

<出典:スポニチ>

 

 

広告

ひろゆき氏自身の子供は何人いる?画像は?

 

ひろゆき(西村博之)氏は、誰もが知る大型掲示板サイト「2ちゃんねる」の創設者としてあまりにも有名です。

 

現在は管理人の立場は退いていますが、実業家として様々な活動をしており、天才との呼び声も高いですが、それと裏腹に損害賠償訴訟を多く起こされるなど、やや一般常識とは異なる考えや行動も見受けられます。

多くの利用者がいたからこそ、問題発生の絶対数も当然ながら増えてくるのでしょう。

 

ひろゆき氏は2014年に、飲み会で知り合い約10年間同棲したとされる植木由佳さんと結婚しています。

植木由佳さんは「2ちゃんねる」の削除人や西村博之さんの会計を担当していたということで、ひろゆき氏のことは誰よりも良く知る人物の一人だと思われます。

 

ただ、結婚した理由として、「海外に長期滞在するためのビザをとるため」と驚きの理由をホリエモンこと堀江貴文さんとの対談動画で語っています。

 

 

堀江「でも何で結婚したの逆に」
ひろゆき「だからビザをって話したじゃないですか笑」
堀江「彼女がビザ取ればいいんじゃないの?あ、できないのか」
ひろゆき「僕がビザをとる要件を満たしていて、彼女も満たそうとするとけっこう大変なんですよ」
ひろゆき「僕が長期滞在ビザを持っていて、彼女が持っていなかったので居れなかったんですよ。外国に行こうとすると。それで、配偶者にしてビザをとったら楽だよねって話。」

<引用元:https://archive.is/pz3ZS#selection-741.0-761.81から一部抜粋>

 

 

植木由佳さんの画像はこちらです。

 

植木由佳画像

 

ひろゆき氏と植木由佳さんの間には、一人の子供がいらっしゃいます。

 

ひろゆき氏の子供と思われる画像

 

これ以外に子どもの情報はありませんので、ひろゆき氏の子供の人数は1人の可能性が高そうです。

 

結婚目的がビザのためでも、もしかしたら照れ隠しで言っているのかもしれません。

 

植木由佳さんのツイッターではたびたびひろゆき氏との日常が投稿されており、仲よさそうな様子も伺えます。

 

 

現在も離婚はしておらず、子供のために仕事を頑張っているのではないでしょうか。

広告




 

1000万円支給には賛否両論

ひろゆき氏発言画像

 

ひろゆき氏の発言には、子供とお金という関係性からか、賛否両論の意見が相次いでいます。

 

広告

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




最新情報をチェックしよう!
広告