【訃報】ワイルド・セブンの素顔(正体)画像 あの超大物レスラーとの2ショット 全日本所属?

プロレスラーで大仁田厚さんの弟子とされる、ワイルド・セブンさんが、がんのため死去したことが報じられました。

 

ワイルド・セブンさんのマスクなしの素顔(正体)画像や、死因など確認します。

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








プロレスラー・ワイルド・セブンさんが、がんのため死去

大仁田厚さんの弟子で、かねてよりがんで闘病中だったプロレスラー「ワイルド・セブン」さんが、闘病の甲斐なく死去されたと報じられました。

 

大仁田厚さんは先日、現役復帰を果たしたばかりで、巷では「何度目の現役復帰なんだ」という声が聞こえてきそうですが、もしかしたらマスクド・セブンさんが元気になるまで、と心に決めていたんじゃないかと思ってしまいます。

 

“邪道”大仁田厚(61)の弟子で、闘病中だったプロレスラーのワイルド・セブンさん(年齢、本名非公表)が5日未明にがんのため死去した。所属事務所のバリアフリープロレス「HERO」を運営するGPSプロモーションが6日、発表した。

公式ツイッターでは「かねてより闘病中でありました弊社所属ワイルド・セブン選手が、昨日五日未明入院先で亡くなりました。昨年12月に正式に弊社所属となり、今年2月には団体GMに就任。再発後も、最後まで『生きる』事をメッセージとして伝え続けました」と追悼した。

なお、葬儀は近親者のみにて、後日行われる予定という。

大仁田厚にあこがれたセブンさんは、プロレスラーになることを夢見て単身メキシコに渡り、1982年にティファナでデビュー。大仁田が設立したFMWの旗揚げに参加したが、一身上の都合で退団した。

その後、長らくプロレス界から離れていたが、2014年に復帰。HERO、大仁田興行、超戦闘プロレスFMW、ファイト・オブ・ザ・リングなどのリングでファイトした。邪道軍に所属するとともに、ワイルド軍の指令塔として活躍。17年1月には、新井健一郎を破り、ラテンアメリカ王座に戴冠した。

しかし、同年11月にがんの手術。18年7月1日にはリングにカムバックし、HEROのエース・友龍に3カウントを奪われ黒星を喫した。その後もがんが再発したが、復帰を目指して闘病していた。

<出典:スポーツ報知>

 

広告

マスクド・セブンさんの死因はがん?

マスクド・セブンさんの死因は「がん」とされていますが、何がんかのかは公表されていません。

 

昨年の復帰試合の記事を確認すると、

 

 昨年8月に体調の異変を覚えたセブンは何度も精密検査を受けた結果、同10月半ばに内臓に悪性腫瘍ができていることが発覚。それでも、ドクターストップを振り切って、同月31日に後楽園ホールで開催された,師・大仁田氏の引退興行に強行参戦。同11月から、治療に専念し、同月16日に都内の病院で10時間に及ぶ手術を受けた。
腫瘍ができていたのは十二指腸で、術前には「ステージ2」と告知されていたが、術後の検査の結果、「ステージ4」と宣告され、体内にがんが転移していることが判明したという。従って、今もがん細胞が存在するが、それが悪い作用をもたらすかどうかは不明。担当医から、そのがん細胞が動き出す可能性は「30%」と告げられている。

<引用元:バトルニュース>

 

と、十二指腸がんだったことが掲載されています。

 

この際にがん細胞が体内に残ったままでこれが再発したということになります。

ただ十二指腸がんの再発というよりは、「がんの転移」としていますので、十二指腸以外のどこかに転移した可能性があります。

 

がんの転移はリンパ節転移や骨転移など多岐に渡りますので、家族や関係者しか知らないところでしょう。

 

 

また、保険に入っていいなかったことで経済的に苦しかったことも明かしています。

 

 

まだまだ早すぎる死だっただけに、経済的な問題で治療に専念できていなかったのではとも思ってしまいます。

 

広告




 

マスクの下の素顔は?正体は誰?

正体不明のマスクマンということで、正体(マスクの下の素顔)の画像も気になります。

 

・大仁田厚さんが全日本プロレス時代にファンとして会場に足を運んでいた

 

との情報や、

 

 

このツイートから、FMWのレジェンドレスラー・リッキーフジ選手と同世代の50代なかばの年齢である可能性が高そうです。

 

大仁田厚さんを慕っていることや、50代になってからマスクマンになったという情報から、全日本プロレスや初期のFMWに在籍していたレスラーではないかとの見方もできますが、その正体は謎のままです。

 

ツイッターでは日焼けマシンに入るマスクなしの画像を投稿していますが、顔は隠されておりその素顔を確認するすべがありません。

また、アラケン選手とのタイトルマッチではマスクを剥がされる画像もあります。

 

 

また、往年のプロレスファンにはたまらない「ザ・コブラ」ことジョージ高野さんと素顔のツーショット画像も投稿しています。

 

 

そして大物中の大物、天龍選手との20歳の頃の画像も投稿しています。

 

 

全日本プロレス所属だった可能性は高そうですね。

 

素顔は明かさず、亡くなってしまいファンといても寂しいところですが、天国で体を休めてほしいですね。

 

ワイルド・セブン選手のご冥福をお祈りします。

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




最新情報をチェックしよう!
広告