【大津市大萱】園児死傷事故のトリアージのタグが悲しい 現場に保育士の叫び声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大津市大萱6丁目で発生した園児ら16人に車が突っ込んだ事故で、2歳の園児男女2人が死亡しました。

 

事故直後に行われたトリアージから、壮絶な悲しい事故であったことが分かります。

トリアージの意味やタグの色を確認します。

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








大津市大萱6丁目交差点で園児ら16人死傷の死亡事故

大津市大萱6丁目で、5月8日午前、耳を疑うような事故が発生しました。

 

交差点で正面衝突した車が衝撃で、お散歩中だったレイモンド淡海保育園の園児の列に突っ込むという想像するだけで悲惨な現場であったことが分かります。

逮捕されたのは、62歳と52歳のともに無職の女とされており、画像は明かされていませんが名前はミヤネ屋で報じられていました。

 

 

8日午前10時15分ごろ、大津市大萱6丁目の丁字路で、軽乗用車と乗用車が正面衝突し、はずみで軽乗用車が近くの歩道を歩いていた「レイモンド淡海保育園」(同市萱野浦)の園児13人と保育士3人の計16人の列に突っ込んだ。滋賀県警大津署によると、計15人が病院に搬送され、2歳の園児男女2人の死亡が確認された。ほかに園児の男女2人が重体、園児と保育士女性2人が重軽傷を負っているもようという。

死亡が確認されたのは、いずれも大津市大江の伊藤雅宮(がく)ちゃん(2)と、原田優衣ちゃん(2)。
大津署は、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、軽乗用車の同市若葉台、無職の女(62)と、乗用車の同市一里山3丁目、無職の女(52)を現行犯逮捕した。
同署の説明では、北進中の乗用車が右折する際に、南進中の軽乗用車と正面衝突した。園児は散歩中で、湖岸道路の横断歩道を渡ろうとして信号待ちをしていた、という。
現場は、近江大橋東端から南に約300メートルの湖岸道路。

<出典:京都新聞>

 

【画像】大津市大萱でレイモンド淡海保育園の園児死傷事故 ストリートビューにはお散歩の姿

【大津事故】レイモンド淡海保育園記者会見で質問をした記者は誰?泣き崩れても質問責めに「マスゴミ」批判

 

[adcode]

トリアージの意味は?

事故直後のニュース速報では現場に駆けつけた救急隊員が、トリアージを行ったことが報じられています。

 

警察や消防によりますと、この事故でこれまでに園児を含む十数人がけがをしていて、このうち複数人の意識がないという情報が現場から入っているということです。
現場では、救急隊員が現場で手当ての優先度を判断するトリアージにあたっているということです。

<引用元:NHKニュース>

 

トリアージは、

 

患者の重症度に基づいて、治療の優先度を決定して選別を行うこと。

救急事故現場において、患者の治療順位、救急搬送の順位、搬送先施設の決定などにおいて用いられる。識別救急(しきべつきゅうきゅう)とも称する。

<抜粋:wikipedia>

 

とされており、日本では1996年ごろから現在の方式で取り入れられているようです。

日本では差別的医療に当たるとして取り入れられなかった歴史があると言われています。

 

ただ、救命困難な負傷者(死者)に時間をかけることで助かる命を助けてあげられない可能性も発生することもあり、救急隊員の方々も苦渋の判断なのだろうと思われます。

 

主に大規模災害時で行われることが多く、今回のように交通事故で行われることは少ないケースですがそれだけ多くの死者・負傷者が発生した事故であることがわかります。

 

【大津事故】遺族の手紙(コメント)をNEWS ZEROが「取材」部分に触れずに報じる

 

広告




 

トリアージタグの色が悲しい

トリアージを受けた負傷者は、のついたタグをつけられます。

 

応援で駆けつけた救急隊員などはこの色で救助活動の区別をすぐ認識できるようになっています。

 

 

  • 黒(black tag) – カテゴリー0(無呼吸群):死亡、または生命徴候がなく、直ちに処置を行っても明らかに救命が不可能なもの。
  • 赤(red tag) – カテゴリーI(最優先治療群):生命に関わる重篤な状態で一刻も早い処置をすべきもの。
  • 黄(yellow tag) – カテゴリーII(待機的治療群):赤ほどではないが、早期に処置をすべきもの。基本的にバイタルサインが安定しているもの。一般に、今すぐ生命に関わる重篤な状態ではないが処置が必要であり、場合によって赤に変化する可能性があるもの。
  • 緑(green tag) – カテゴリーIII(保留群):歩行可能で、今すぐの処置や搬送の必要ないもの。完全に治療が不要なものも含む。

 

この色のついたタグが事故にあった園児たちにつけられていたと想像すると、事故に対する憤りを抑えることができません。

 

 

実際のトリアージの様子の画像(動画)はこちらです。

 

 

速やかな事故の原因解明と、事故の無い社会を願うばかりです。

 

死亡した園児のご冥福と、負傷した園児や保育園職員の皆さん一日も早い回復を願うばかりです。

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*