【画像】東京オリンピックのチケットHPにログインできない原因や対策、裏技はある?

東京オリンピックのチケットの販売が5月9日より開始されました。
 

東京オリンピックのホームページでは、アクセスが集中しログインできない上大となっています。原因や対策、裏技の画像はあるのかを確認します。

 

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








東京オリンピックのチケット販売開始するもログインできない


 

2020年に開催される東京オリンピックチケットの販売開始となりました。

 

午前10時の販売開始と同時にアクセスが集中したために事前に登録したIDでログインできない状態が発生しています。

 

特に人気の競技スポーツである、サッカーや陸上などは、ログインできずに待っている間にもチケットが次々と順に販売されていくため、この日を待ち望んでいた方にとってはやきもきする心境ではないでしょうか。

 

 

来年の東京オリンピックの観戦チケットの抽せん販売の申し込みが9日午前10時から始まり、チケットの購入には公式販売サイトや東京大会のホームページを通じて事前に登録したIDでログインする必要がありますが、組織委員会によりますと午前10時15分ごろからログインしづらい状態になっています。
ホームページの画面には「IDの登録・ログインがしづらい事象が発生している」とのメッセージが表示されています。
組織委員会は「アクセスが集中していることによる事象なので、時間をおいてから手続きをしてほしい。ご迷惑をかけし大変申し訳ございません」と話しています。

<出典:NHKニュース>

広告

ログインできない原因と対策は?


 

上記記事の通り、組織委員会は

 

アクセスが集中していることによる事象なので、時間をおいてから手続きをしてほしい

 

としているので、原因システム障害ではないことになります。

 

後述のツイッターでも、12時現在で、およそ20〜30万人の順番待ちである表示の画像をツイートが確認できます。

 

全世界が注目する一大イベントですので、膨大なアクセスが集中する事は10分予測できますが、それに対応シュールキャパシティーが準備されていなかった事は少し残念な気もします。

 

組織側のトラブルでもなければ、アクセスが減らないことにはどうしようもないので、現時点で取り得る対策としては、時間を置いてこまめにチェックするしかなさそうです。

 

夕方になれば、仕事を終えた方々がチケット販売サイトへアクセスしますので粘り強くチェックすることをお勧めします。早くログインし購入する裏技は無いようです。

 

広告




 

ログイン出来ない画像、アカウント一時凍結も 裏技は?

 

ツイッター上には、ホームページにアクセスできない様子の画像ツイートが確認できます。

 

中には原因不明ですがアカウントの一時凍結とする表示もあります。

 

非常なカオス状態であることがわかります。

 

 


 

 

チケットが取れた方は当日まで大切に、そして楽しんで欲しいですね。

 
最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




最新情報をチェックしよう!
広告