【大津事故】遺族の手紙(コメント)をNEWS ZEROが「取材」部分に触れずに報じる

大津市で発生したレイモンド淡海保育園の園児の列に車が突っ込み、2人の園児が死亡した事故で、死亡児の遺族(親・両親)の手紙が公開されました。

 

手紙の肝心な「報道」に関する部分について、日テレ「NEWS ZERO」が触れなかったことに視聴者が違和感を感じているようです。

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








大津事故の遺族の辛い手紙が公開される

 

 

大津市の交差点で発生した、レイモンド淡海保育園の園児の列に車が突っ込んだ大津事故で、事故で亡くなった園児の遺族両親)が書いた手紙コメント)が公開されました。

 

その手紙の内容は遺族(親)の辛い心情が綴られており、わずか2年余りで生涯に幕を閉じた子供との最後の団欒を過ごしている様子には胸が張り裂ける思いを感じた方は多いのではないでしょうか。

 

 

大津市で保育園児の列に車が突っ込み2人が死亡した事故で、亡くなった2人の保育園児の遺族は警察を通じてコメントを出しました。このうち、原田優衣ちゃんの父親の学さんは手書きで用紙3枚に心情をつづっています。全文は次のとおりです。

2019年5月9日
報道関係各位

青葉の候、各位ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さる2019年5月8日、滋賀県大津市にて残念な事故が起きました。その中で、私共の娘、原田優衣が今回の不慮な事故に巻き込まれ、わずか2年10ヶ月という短い人生に幕を閉じました。
レイモンド淡海保育園におかれましては、短い期間ではありましたが娘のかけがえのない笑顔を見守ってくれた事には感謝の意しかなく、今回の事に囚われることなく今後も小さな命に寄り添い、共に歩み続けることを娘もきっと望んでいます。
私共家族としても、家族5人で苦楽を共にし、普通に過ごせると思っておりましたので、今回、娘優衣の突然の逝去に関しては驚きを隠せず、現実とは思えませんでした。
然しながら、今自宅で、話をせず、いつも明るく、いたずらっぽい笑顔も見せることもなく、ずっと寝ている娘を見ていると、徐々にではございますが、私共としても娘の死を受け入れざるを得ません。1日たつ毎に家族としても胸が張り裂ける程の深い悲しみに包まれております。
現在優衣を含め、家族5人で最後の一家団らんを過ごしております。報道関係各位におかれましても、自宅周辺、近隣葬儀場等における取材・撮影等はお断り致します。
私共としても安らかに娘を旅立たせようと思っております。優衣は2年10ヶ月しか親より愛情を受けておらず、最後に私共夫婦・姉弟よりたっぷりと愛情を注ぐ式にしたいと思います。
報道関係各位におかれましても、何卒私共の心情を察っして頂き、御配慮の程よろしくお願い致します。

原田 学

また、伊藤雅宮くんの遺族は次のように記しています。

報道機関の皆様へ
お願い

私たちは、この度の突然の事故で大切な家族を失い、深い悲しみを受けています。
このような私たちの心情をお察しいただき、自宅や葬儀会場での取材や写真撮影をご遠慮いただきますようお願い申し上げます。

令和元年5月9日
家族一同

<出典:NHKニュース>

広告

【西尾市平坂】事故の車(犯人車両)の進行方向が逆で不自然な画像 親子はドクターヘリ搬送 赤い塗装道路で

報道自粛を求める内容は園長先生の記者会見が発端か

 

遺族の手紙コメント)には、報道機関に対する取材や撮影をお断りする文言が含まれています。

 

おそらくその中には、レイモンド淡海保育園の園長先生の記者会見の様子が発端なのではないかと思った方も多いでしょう。

園長先生の記者会見では、気持ちの整理のつかない嗚咽する先生に記者からの質問が相次ぎ生中継を見ていた視聴者からも批判の声が相次いでいました。

 

【大津事故】レイモンド淡海保育園記者会見で質問をした記者は誰?泣き崩れても質問責めに「マスゴミ」批判

 

あの記者会見が遺族の目に突き刺さったのだとしたら、マスコミ・報道機関の方々も人の気持ちに寄り添った、取材合戦ではない報道を心がけてほしいですね。

遺族にこのような手紙を書かせてはいけません。

 
>>宮崎で大きな地震が発生

【宮崎地震】地震雲の画像の投稿相次ぐ 全国各地で前兆目撃?震度5弱発生

広告




 

NEWS ZEROでは取材自粛部分に触れず?

 

日テレ「NEWS ZERO」では、番組の中でこの遺族の手紙(コメント)について紹介していますが、肝心の「取材・撮影の自粛」に関する部分に触れずに報じたとして見ていた視聴者から違和感や不満の声が出ています。

 

 

池袋事故といい、被害者と加害者の状況の辛さが逆転しているような印象があることも多く感じ、事実を伝えることも大事ですが悲しい方々に配慮した入り込み過ぎない報道を各社に願いたいものです。

 

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




最新情報をチェックしよう!
広告