【訃報】京マチ子の昔(若い頃)の画像が美人で香里奈似? 家族(夫・子供)おらずハワイで終活

昭和を代表する名女優・京マチ子さんが、95歳で死去されたことが明らかになりました。

 

死因である心不全や、昔(若い頃)の画像、残された家族(夫・子供)はいるのか確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








女優・京マチ子さんが95歳で死去

昭和を代表する女優の一人で、名作「羅生門」などに出演した、京マチ子さんが都内の病院で95歳で死去したことが明らかになりました。

死因心不全だと言うことです。

 

演出家の石井ふく子さんと親交があり、最後の出演作も石井ふく子さん演出の舞台で共にハワイへ赴き終活ともいえる墓の手配もしていたようです。

石井ふく子さんもさぞや残念がっているのではないでしょうか。

 

映画『羅生門』『雨月物語』など数々の名作に出演した女優・京マチ子さん(本名:矢野元子/やの・もとこ)が12日午後12時18分、心不全のため都内の病院で死去した。95歳。14日、東宝が発表した。

書面では「かねてより療養中のところ、5月12日の昼12時18分に心不全のため都内の病院にて亡くなられました」と伝え「生前のご遺志により、石井ふく子さんら数名の友人の立会いのもと、本日14日、密葬を済ませました」と報告した。

続けて「石井ふく子さんによりますと、数年前、京さんがお元気な頃に大好きなハワイへ赴き、自ら手配なさったお墓に入るとのことです」と記している。なお、現時点で『お別れの会』の予定はないという。

京さんは1924年3月25日生まれ。大阪市出身。映画『羅生門』(黒澤明監督)、『雨月物語』(溝口健二監督)、『源氏物語』(吉村公三郎監督)など映画史に残る数々の作品に出演し、戦後の日本映画界をけん引。ベネチア、カンヌなど海外の名だたる映画祭で主演作が次々と受賞し「グランプリ女優」の異名もとった。

最後の舞台出演は、『女たちの忠臣蔵』(2006年9月明治座製作 橋田壽賀子作 石井ふく子演出)の瑤泉院役だった。

<出典:オリコンニュース>

 

広告

京マチ子さんの昔(若い頃)の画像が美人すぎて香里奈に似てる?

95歳という年齢からも長きにわたって女優として活躍されてきたことは想像に硬くありません。

ただ、若い世代の方には、馴染みのない女優さんであることもまた事実です。

 

京マチ子さんの若い頃)の画像はこちらです。

 

京マチ子画像

京マチ子画像

 

特に2枚目の画像は、エキゾチックな日本人離れした雰囲気が、香里奈さんに似ている感じもあります(私感)。

 

 

とにかく美人であることは一目瞭然ですね。

 

広告




 

京マチ子の家族(夫・子供)はいる?

京マチ子さんに家族子供)がいるのかも気になりますね。

 

調べてみたところ、生涯独身だったということですので結婚歴はもちろん夫や子供はいなかったと言うことです。

これだけ綺麗な方ですから言い寄ってくる男性は多かったと思いますが、昭和の女優さんは京マチ子さんに限らず独身を貫いた方が多いようです。

 

当時の芸能界のしきたりや風潮だったのかは分かりませんが晩年はいくらか寂しい思いも下のではないかとも考えてしまいます。

ただ、生前の意志とはいえ、友人らに見守られて密葬が行われたことは京マチ子さんにとっては幸せなことだったのではないでしょうか。

 

ご冥福をお祈りします。

 

 

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




最新情報をチェックしよう!
広告