【画像】名東区の牛角藤が丘駅前店に軽自動車が突っ込む事故の原因はアレ 男性2人が重軽傷

名古屋市名東区の飲食店「牛角」藤が丘駅前店に軽自動車が男性2人をはね突っ込む事故が発生しました。

 

事故の場所と、原因や画像を確認していきます。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








名古屋市名東区の牛角に軽自動車が人をはね突っ込む

名古屋市名東区の交差点で歩行者2人をはね交差点角にあった飲食店に軽自動車が突っ込む事故が発生しました。

 

軽自動車は植木を乗り越え、飲食店「牛角」藤が丘駅前店の壁で停止しましたが、はねられた男性2人のうち、18歳の男性が右足骨折の重傷です。

全国で悲惨な事故が立て続けに発生し社会問題となっていますが、運転していたのは66歳の女性だということです。

 

 

名古屋市名東区で、交差点を左折しようとした車に、歩道を歩いていた男性2人がはねられ、重軽傷を負いました。運転していた60代の女性がブレーキとアクセルを踏み間違えたとみられます。

14日午後6時半すぎ、名東区藤見が丘の交差点を左折しようとした軽乗用車が、対向車線側の歩道を歩いていた男性2人をはね、飲食店の壁にぶつかって止まりました。この事故で18歳の男性が右足の骨を折る重傷、45歳の男性が背中を打つ軽傷です。

警察によりますと、軽乗用車を運転していた66歳の女性が、交差点を左折しようとしたところ、横断歩道を渡っている人に気付き、ブレーキをかけようとしましたが、間違えてアクセルを踏んでしまったとみられています。

現場は地下鉄東山線の藤が丘駅のすぐ近くで、事故のあった時間帯は歩行者も通行量も多く、一時、騒然としました。

<出典:TBSニュース>

 

 

広告

 

事故の場所となった牛角の画像は?

 

事故が発生したのは、名東区藤見が丘の交差点だとされています。角に牛角のある交差点ですので、事故の場所画像はこちらになります。

 

 

 

軽自動車が突っ込んだ壁がこちらです。

 

 

店内で食事中の人もいたことと思いますが、壁を突き破るほどの店内への大惨事は免れましたが大きな音と衝撃に驚いたのではないでしょうか。

 

広告




 

事故の原因は「踏み間違い」

 

運転していたのは66歳の女性で、警察によると、アクセルとブレーキの踏み間違い原因ではないかと見られています。

 

高齢ドライバーの事故が相次ぐ中、歩行者に気づいてブレーキをかけようと認識はしているようですので、初めから問題ある運転をしていたわけでは、なさそうですがこの女性も自身の運転ミスに大きな反省をしていることでしょう。

 

生活と照らし合わせて運転免許の返納も年々身近になってきそうです。

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




最新情報をチェックしよう!
広告