【脱税】青木千尋ママ(青木のり子社長)の笑顔の画像と年収は?クラブSOLの日給がすごい

銀座の高級会員制クラブで、青木千尋ママとして働いていた、ダブルファイブの青木のり子社長が脱税の疑いで告発されました。
 

青木千尋ママの年収や、酒を持って笑顔の青木千尋ママの画像を確認します。

 

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








青木千尋ママ(青木のり子)が脱税で逮捕


 

 

銀座の高級会員制クラブで青木千尋の源氏名で登録され、「千尋ママ」の名前で呼ばれていたダブルファイブの青木のり子社長が67,000,000円もの脱税で告発されました。

 

 

青木千尋ママはこのダブルファイブを税金対策のために設立したと言われており、共に告発された天野文彦税理士と計画的だったのかが今後調べられていくことでしょう。

 

隠されていた所得は2億8000万円以上にも登り、脱税額もさることながらその所得額の多さも驚きです。

 

 

法人税約6700万円を脱税したとして、東京国税局が法人税法違反罪で、派遣会社「ダブルファイブ」(東京都港区)と青木のり子社長(38)=港区、税務申告に関与した天野文彦税理士(47)=千葉県柏市=を千葉地検に告発したことが15日、関係者への取材で分かった。告発は3月27日付。

 関係者によると、青木社長は東京・銀座の高級会員制クラブで、「青木千尋(ちひろ)」の源氏名で雇われ「ママ」として勤務。店の経営者から得る報酬について、納税額が少なくなるよう天野税理士に依頼。税金対策のためダブルファイブを設立し、報酬を会社の売り上げとして計上していたという。売り上げの一部を除外し同社を赤字に見せかけたり、交際費を他の費目に変更するなどの手口で平成24~29年に約2億8600万円の所得を隠し脱税したとみられる。

 隠匿した金はダブルファイブ名義で預金していたという。天野税理士の旧姓は小鹿(こじか)で、査察調査後に改姓したとされる。

<出典:産経新聞>

広告

青木千尋ママの笑顔の画像


 

 

上記のTBSニュースではこの青木千尋ママの顔画像をニュースとともに公開しています。

 

その元になった画像がこちらです(画像削除される可能性があります。)

 

 

 

高級会員制クラブの人気のままだけあり、小綺麗にされて上品な印象を持ちます。

 

他にも千尋ママの画像は複数確認することができますが、他のクラブのママなど写っていますので当ブログでの公開は控えます。

 

広告




 

青木千尋ママが働いていたクラブの年収(日給)がすごい?


 

青木千尋ママは、クラブSOLで働いていたとされています。

 

 

高級クラブの某求人サイトでは、日給35000円を基準とすることが記載されていますので、人気になれば1日の勤務でかなりの金額をもらうことになります。

 

これが2億円以上もの所得につながることからかなり人気のママ出会ったことがわかります。

 

年収は数千万円程度あれば脱税の金額になりそうです。

 

 

 
最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




最新情報をチェックしよう!
広告