【飯塚幸三元院長】新車購入を検討していた理由と車はプリウス?事故後と勘違いでネット炎上『タイトルに悪意』

4月に東京池袋で発生した死亡事故のプリウスを運転していた、飯塚幸三元院長が事故前に新車購入を検討していたことが明らかになりました。

 

購入を検討していた車は最新型のプリウスなのか、また、報道後、事故後の新車購入と勘違いしたと思われるネット上の炎上についても確認していきます。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








飯塚幸三元院長が新車購入を検討していた

 

4月19日に発生した、池袋死亡事故で、事故車のプリウスを運転していた、元通産省工業技術院の飯塚幸三元院長が、事故前新車購入を検討していたことが明らかになりました。

 

飯塚幸三元院長は退院後の任意聴取でも自身の運転ミスではなく、プリウスの不調であったことを話しており、世間からは批判的な意見が相次いでいます。

あれだけの事故を起こせば、誰でも気分的に落ち込んでしまいそうで、仮にプリウスに原因があっても運転免許返納を考えそうですが、プリウスのトラブルであったことにかなりの自信があるのではないでしょうか。

 

 

東京・池袋で車が暴走し母子2人が死亡した事故で、車を運転していた元通産省工業技術院の飯塚幸三元院長(87)が警視庁の任意の事情聴取に「つえを使って歩いていたが、座れば足がふらつくことはなく、運転に影響はなかった」との趣旨の話をしていたことが23日、捜査関係者への取材で分かった。

捜査関係者によると、飯塚元院長は足を悪くして通院していたが運転免許を返納する考えはなく、事故を起こした4月中に新車の購入を検討していたという。

任意聴取では「ブレーキをかけたが利かなかった。アクセルが戻らなかった」とも説明。事故を起こしたことは認めたが、運転ミスを否定している。

<出典:共同通信>

 

 

広告

 

飯塚幸三元院長が新車購入を検討していた理由は?

 

飯塚幸三元院長が新車購入を検討していた話は、捜査関係者からの情報として報じられてます。

 

実際に、ディーラーまで足を運んで選定していたかどうかは不明であり、漠然と頭の中で検討していただけかもしれません。

 

 

新車購入の理由についても不明ではありますが、考えられる理由としては、

 

  • 以前からプリウスのトラブルが多かったから
  • 長期間使用し、買い替えの時期だったから
  • 飯塚幸三元院長が気に入った車種が発売されたから
  • 車両のグレードアップ(又はグレードダウン)をしたかったから

 

等があげられます。

 

 

プリウスのトラブルはこちらも確認してください。

 

【池袋事故】プリウスのアクセルが戻らなくなるトラブルは意外と多い?フロアマット原因や画像は?(2019.4.20)

 

 

この事故をめぐっては、「上級国民」という言葉が話題となりましたが、これまでの経歴から比較的金銭的な余裕はある方なのではないかと推測されますが、

いわゆる「上級」な方ほど、まだ乗れる車を買い替えたりするものです。

 

 

また、検討している車(車両)についても明らかにはされていませんが、足の不自由さを考えれば、乗りなれたプリウスの再購入であった可能性も否定はできません。

 

 

事故を起こした現在、この新車購入の気持ちはどう変化したのでしょうか。

 

広告




 

事故前の新車購入検討が事故後と勘違いされネット炎上する

 

飯塚幸三元院長新車購入を検討していた報道がされる際に、複数のメディアでは「事故前に」という部分が伝えられず、報道を見聞きした人の多くが、池袋事故後に新車購入を検討していた事と勘違いしたと思われる意見やツイートが相次いでいます。

 

さすがに事故後に新車購入を検討していたとなると、さすがに一般感覚では理解に苦しみますが、スポニチは「事故前」と明記しています。

 

 

事故前と事故後では大きく印象が異なりますが、事故後と読み取った方々からは、

 

 

 

 

と、批判的な意見が出ていますが事故後かどうかが書かれていなかったため無理もありません。

 

この点に気付いている方も多く、

 

 

元記事を指摘する方もいます。

 

ただ、自信の運転ミスを認めないのが、事実に基づいているのか、プライドなのかはわかりませんが、認めない限りはいつか運転を再開するのでは?という点はやはり不安に感じます。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




最新情報をチェックしよう!
広告