【千勝丸】沈没船からたたくような音を出した生存者の場所は?『海猿!まさに』

千葉県銚子沖で衝突により沈没した船、千勝丸で、ダイバーが船内からたたくような音を聞いたと発表されました。

 

生存者の場所はどこなのか、確認していきます。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








沈没船(千勝丸)内部からたたくような音「コンコン」

 

5月26日未明に発生した、千葉県沖での貨物船同士の衝突による千勝丸の沈没で、潜水捜索をしているダイバーが船内からとみられる「コンコン」というたたくような音を聞いたことが明らかになりました。

 

この衝突事故ではすでに1人が死亡しているのが発見されており、60代の乗組員が行方不明となっています。

生存していると信じて救助活動を一刻も早く進めてもらいたいものです。

 

千葉県銚子市沖で26日未明、貨物船同士が衝突し、愛媛県今治市の千勝丸が沈没して乗組員1人が死亡、3人が行方不明になった事故で、水深約30メートルの海底に沈んだ船から船体をたたくような音がするのを第3管区海上保安本部が確認した。同海保が27日夜、発表した。同海保は、船内で行方不明者が発している音かどうか調査するとともに、潜水による救助活動を続けている。

海保によると、千勝丸は26日午前2時10分ごろ、銚子市の犬吠埼の南約11キロで、広島県呉市のすみほう丸と衝突し、海底に右舷側を上にして横向きに沈んでいるという。同海保は、27日午前10時45分から、特殊救難隊の12人を含む計18人のダイバーが断続的に計7回潜水して、船内の居住区を中心に捜索。捜索途中の同日午後1時ごろ、ダイバーが船体から出ている金属をたたくような音を確認した。銚子海上保安部によると、「ダイバーが船体をプラスチックハンマーで3~4回たたいたら、2~3秒後に船内からとみられる打音をかすかに3回聞いた」という。千勝丸を所有する今治市の勝丸海運によると、千勝丸は居住区が8カ所ある3階構造だ。

<出典:朝日新聞デジタル>

 

広告

生存者は船内のどの場所にいる?

 

沈没した千勝丸は3階構造となっているとされ、現在海底に右舷を上にして沈んでいるとされています。

 

右舷側の部屋には空気の隙間がある可能性があり、もしかしたら行方不明の3名もこのわずかな隙間に残っている可能性があります。

 

行方不明とされているのは、

 

  • 上村一文1等航海士(60)
  • 瀬野博機関長(69)
  • 馬越才五1等機関士(67)

 

まっ逆さまの船の場合は船底に空気が残存しやすいですが、今回は横向きのため右舷側のどこの部屋(場所)にいるかまではわかっていません。

 

ただ、頑丈な船体でもあり、内部から叩く音が船外に響いて聞こえるものなのか、なかなか一般の我々には想像し難いですが、生存者がいると信じて生還を祈りたいと思います。

 

 

広告




 

たたくような音を聞き逃さなかったダイバーもすごい

 

海底に沈む船体からのわずかな音に気づいたダイバーにも「すごい」という声が上がっています。

ダイバーもダイビングスーツを装着していると思われますが、水の音や自分自身の泳ぐ音など複雑に聞こえる海底でたたく音を聞き逃さなかったのは素晴らしいと思います。

生存の証だと信じて待ちたいと思います。

 

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




最新情報をチェックしよう!
広告