【NHK】二階堂ふみがエールのオーディションに選ばれた理由がすごい『ふみちゃんクラスでオーディション受けるんだ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女優の二階堂ふみさんが、2020年春のNHK朝ドラ「エール」のヒロインに選ばれたことが分かりました。

 

エールのヒロインに選ばれた理由や、オーディションに参加した理由など確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








二階堂ふみが朝ドラ「エール」のヒロインに選ばれる

 

2020年のNHK朝ドラ『エール』のヒロインに、女優の二階堂ふみさんが選ばれたことが明らかになりました。

 

二階堂ふみさんと言えばその圧倒的な演技力で若手女優でもトップクラスの人気を持っており、ファンも多い女優です。

エールは作曲家の物語を描いているので、二階堂ふみさんの歌声も劇中で聞くことができるかもしれません。

新鮮味が無いと見る方、楽しみと感じている方いろいろな感想が投稿されています。

 

NHKは3日、2020年春から放送されるNHK連続テレビ小説第102作『エール』のヒロイン・関内音役に、女優の二階堂ふみ(24)を起用することを発表した。二階堂は連続テレビ小説に初出演となる。

同作は2月に俳優の窪田正孝(30)が主演を務めることを発表した会見で、主人公の妻となるヒロインを、3月からのオーディションで決める意向であることを明かしていた。求めるヒロイン像について、制作統括の土屋勝裕氏は「金子さんは明るく元気な女性だったようです。積極的に自分が思ったことを発言していました。なので、活発なイメージのある方がいいですね」と話していた。

二階堂は「この作品を朝ドラでやると聞いたときから、携われたらいいなと思っていました」と話し、「実は、きのう結果を聞いたばかりで…。うそなんじゃないかな」と冗談交じりに笑いながら「(窪田を)1年間、明るく元気に支えられたら」と力を込めた。窪田の印象については「すごく誠実で真っ直ぐな方。それでいて繊細さもあり、大胆なところもある方。今回の裕一さんはピッタリなんじゃないかな」とべた褒めした

3日前にヒロイン決定を聞いたという窪田は「彼女の描く芝居の繊細さ、キャラクターの入り方が魅力的。1年間できることが幸せ。2人にしかできない化学反応が起こったら」と気合十分。互いに深々とおじぎし、協力と誓うと「結婚式みたい」と苦笑いした。

<引用元:オリコンニュース>

 

[adcode]

二階堂ふみがオーディションで選ばれた理由がすごい

 

エールの主演は、俳優の窪田正孝さんであることはすでに会見で報じられており、ヒロインをオーディションで選考することは明らかにされていました。

 

エールのあらすじや窪田正孝さんの主演会見の様子はこちらです。

【エール】窪田正孝の相手ヒロイン女優は誰?『ブレイク少し前の女優さんにやってほしい』

 

ネット上でも無名のヒロインの誕生を期待する声も多く出ていましたが、結果としてネームバリューは申し分ない二階堂ふみさんが選ばれたことになります。

 

二階堂ふみさんがオーディションを受ければ選ばれるのは当然とする声もありますが、それでもそれを上回る感動の演技があったことが選ばれた理由であることを関係者が語っています。

 

土屋氏は、オーディションには全国から2802人の応募があり、数回にわたる面接やカメラテストを実施したと説明。「難しいシーンをオーディション課題として演じて頂きましたが、二階堂さんの真に迫る演技に鳥肌がたち、震えるほどの感動を覚えました。自分の意志を持って力強く生きたヒロイン・音がそこにいるような感覚が、スタッフの中に広がりました」と起用理由を明かした。

<引用元:オリコンニュース>

 

目の肥えた関係者をこれほど感動させた演技を、私たちも見てみたいですし、二階堂ふみさんほどの女優でもオーディションに駆り立てた朝ドラの魅力と言うのも改めて再認識させられます。

 

二階堂ふみさんをオーディションに参加させた理由

 

「この作品を朝ドラでやると聞いたときから、携われたらいいなと思っていました」

 

と語っている通り、この作品のファンだったからに他ならないのではないでしょうか。

 

広告




 

二階堂ふみがオーディションを受けたことに驚きの声

 

二階堂ふみさんほどの知名度のある女優さんでも平等にオーディションを受けて、ヒロインの座を獲得した女優としての姿勢にさまざまな意見が出ています。

 

 

感動の演技を毎朝届けてくれることを期待して、朝ドラを待ちたいですね。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*