【闇営業】宮迫博之の謝罪はライン(LINE)のトリミング疑惑 関係者や入江が考えた文章?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

雨上がり決死隊の宮迫博之さんが、カラテカ入江さんの仲介で闇営業に参加していた問題で、ツイッターで謝罪を投稿しました。

 

謝罪に対して、またオフホワイトかとする批判の声も上がっていますが、この謝罪文がカラテカ入江さんや吉本関係者など誰かからのLINEのトリミング画像なのか確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








宮迫博之がツイッターで闇営業を認めるもノーギャラ

 

カラテカ入江さんが、吉本興業には内緒で所属芸人を振り込め詐欺グループの忘年会に出席させていた問題で、参加芸人の年長者でもある雨上がり決死隊・宮迫博之さんが、ツイッターで謝罪を投稿しました。

 

ツイッターでは、闇営業への参加を認めつつも、ギャラはもらっていないとしており、吉本興業や各テレビ局も特に放送の変更も予定していないことからこのまま芸能活動継続していくものと思われます。

会社を通していないだけに、実際にお金をもらっていないとしても受け取っていたにしても記録が残らないため、ギャラをもらったことを証明するのは難しいかもしれません。

 

雨上がり決死隊の宮迫博之(49)が7日、ツイッターを更新し、吉本興業から契約解除されたカラテカ入江慎也(42)らと反社会的勢力の忘年会に出席していたと報じられたことについて、出席の事実を認めて謝罪した。

宮迫は「この度は雑誌、ワイドショーでお騒がせしております事を、私の事を応援して下さっている方々、並びに各所関係者の皆様にご迷惑ご心配をおかけしている事を深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

続けて「5年前のことで記憶が定かでない部分が多く、結婚式の二次会パーティーだった気がするんですが、入江君に顔だしてくれませんか、と誘われて、一曲歌わせていただいた。という経緯だったと思います」と説明。「ギャラはもらってないのですが、パーティー後に参加タレントたちでいったお店、これも誰がいったのか記憶が曖昧ですが、その支払いを入江がしてくれたと記憶しています。知らなかったとは言え、後に逮捕されるような輩が集うパーティーに最年長の身でありながら気づく事もできず、出てしまった自分の認識の甘さ、脇の甘さを痛感し反省しております」とつづった。

騒動の発端となった7日発売の「FRIDAY」では、宮迫やレイザーラモンHG(43)、ロンドンブーツ1号2号田村亮(47)らの吉本芸人が、14年12月に都内ホテルで行われた振り込め詐欺グループの忘年会に出席したことを報じている。詐欺グループは大規模で、暴力団関係者も多数在籍し、後に摘発されたといい、同誌では吉本芸人らと同グループを仲介したのが入江だったとしている。

<出典:日刊スポーツ>

 

[adcode]

宮迫またオフホワイトな謝罪でカラテカ入江のみ処分へ

 

謝罪で宮迫博之さんは、

 

  • 5年前で記憶が曖昧
  • ギャラはもらっていない
  • 支払いは入江がした
  • 知らなかった

 

とし、またオフホワイトな謝罪となっています。

結果的に後輩でもある、カラテカ入江さんのみ厳しい処分となり、他の芸人たちは厳しい処分を免れたことになります。(厳重注意はされています)

 

宮迫さんと言えば、2017年に報じられた密会報道で、ホテルで過ごしたけれども下心はあったけれども肉体関係にまでいけなかったことを「オフホワイト」とし、話題となりました。

 

宮迫さん自身もがんを経験し、肉体的にも精神的にも2度にわたって救われた命だと言うことになりますが、これで問題なく芸能活動継続となるのか、今後もしばらくは見守っていく必要がありそうです。

 

また。今回の闇営業を発端に、過去に行われた闇営業に戦々恐々としている芸人がいる可能性は高そうです。

 

【闇営業】田村亮の謝罪動画の顔色が悪すぎて心配 ツイッターでも謝罪 奇しくも詐欺の特集で無表情に

広告




 

謝罪ツイートは誰かのLINEのトリミング?

 

ネット上では、謝罪本文のオフホワイト以外に注目されている部分があります。

それは、この謝罪文が、宮迫博之さん自身が考えたものではなく、誰かが考えたものを投稿しているのではないかということです。

 

それを疑わせるのが、3ヶ所あり、

 

  • 「」の使用
  • 縦長の画像
  • 左上の角が欠けている(丸くなっている)

 

です。

ネット上では、誰かが宮迫さんのために謝罪文を考え、LINEで送信したものをスクリーンショットで四角くトリミングし画像投稿したのではと見られています。

 

仮にそうだとすると、相手は宮迫さんのために例文(?)を「」で区切った可能性や、LINE特有の縦長の表示や、吹き出し型で角が丸くなっているなど、全てが一致します。

 

相手は誰なのかはもちろんわかりませんが、考えたくはありませんが、カラテカ入江さんが迷惑をかけた先輩のために一生懸命考えた、という構図も否定はできません。

それ以外にも宮迫さんのために後輩が考えて送った可能性や、吉本興業のスタッフが考えた可能性も考えられなくはありませんが、もしこの憶測が当たっているとなると、この謝罪に対して再び批判が多く出てくることになりそうです。

 

そうではないと信じて、宮迫さんの誠心誠意の言葉と信じたいですね。

 

 

宮迫さんは自身の口で、謝罪会見を開いた方がいいかもしれませんね。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*