【着服】都留信用組合の横領や隠蔽理由 手口もやりたい放題でヤバい『不安になる』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

山梨県富士吉田市の都留信用組合で、支店長や職員らが、4つの支店で2億円以上の着服をしていたとして、業務上横領容疑で刑事告訴する方針であったことがわかりました。

 

横領の手口や、隠蔽した理由を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








 

山梨県富士吉田市の都留信用組合で、支店長や職員らが計2億円以上もの着服業務上横領)をしていたとして、刑事告発する方針であることが報じられました。

 

都留信用組合は5月29日の会見で、すでに、上記支店長の着服は公表していましたが、他の職員の横領については明らかにしておらず、取材にも虚偽の回答をしていたと言います。

正常な業務が運用できなくなれば、銀行としては客が離れてしまいかねず廃業となってしまう可能性も否定できません。

組織内部が崩壊しつつあるのでしょうか。

 

山梨県富士吉田市の都留信用組合で、今年4月までに当時の支店長と職員計4人が顧客の定期預金などを相次いで着服していたことがわかった。信組が7日に開いた記者会見などで明らかにした。被害額は計2億1414万円に上る。

発表によると、最初に発覚したのは、谷村支店(山梨県都留市)の男性元支店長(52)(4月から総務部付)。2004年3月~今年4月に顧客の定期預金を無断で解約するなど、46回にわたり計1億9568万円を着服していた。信組は今月21日付で懲戒解雇し、業務上横領容疑などで刑事告訴する方針。

さらに桂支店(同市)、禾生支店(同市)、竜ヶ丘支店(富士吉田市)の20~40歳代の男性職員3人が昨年6月~今年3月、計1846万円を着服していたことも判明。現金自動預け払い機(ATM)から抜き取る行為もあったという。3人とも弁済し、1人はすでに依願退職した。

不正は顧客の問い合わせなどで発覚した。天野一則専務理事は7日の記者会見で「組織としてのチェックが甘かった」と述べた。外部の有識者らによる第三者委員会を設置し、再発防止策などを検討する。

<出典:読売新聞>

 

 

[adcode]

 

着服(業務上横領)の手口と金額がヤバい

 

都留信用組合で明らかになった着服(業務上横領)の手口と金額は以下の通りです。

 

  • 谷村支店の男性元支店長(52歳)・・・2004年から約15年間、1億9568万円の横領。顧客の定期預金を無断で解約。現在は異動となり、6月21日に懲戒解雇
  • 桂支店・禾生支店・竜ヶ丘支店の男性職員3人(いずれも20〜40代)・・・ATM抜き取りあり、計1846万円の着服。3人とも弁済し一人は依願退職

 

勝手に解約されるなど、顧客にとってみれば、全く「信用」できない組合でしょう。

 

 

元男性支店長の行為には職員は誰も気づいていなかったのかも甚だ疑問ではありますが、立場上誰も言えず見て見ぬ振りだった可能性も考えられます。

 

いずれにしても今後この銀行に預金しにくる客にとってはこれ以上不安な横領はないでしょう。

 

広告




 

隠蔽の理由がヤバい?

 

産経新聞によれば、

 

都留信用組合(山梨県富士吉田市)は7日、3人の職員が顧客の預金など計約1800万円を着服していたと発表した。同信組は谷村支店の渡辺正行・元支店長(52)が計約1億9500万円を着服していたと先月29日に発表したが、その際にも3人の件について隠蔽し、財務省関東財務局にも報告していなかった。

山梨県庁で記者会見した細田幸次理事長らによると、昨年6月から今年3月にかけて、20代の男性職員2人と40代の男性職員がそれぞれ、顧客から預かった金を入金しなかったり、ATM(現金自動預払機)から現金を抜き取ったりするなどの手口で着服した。

信組側はいずれも3月までに把握していたが公表せず、今月5日に報道機関からうち1件について取材を受けた際、事案はないと虚偽の回答をしたという。細田理事長は「いずれも職員本人や家族が弁済したので公表しなかった。隠蔽と言われても仕方がない」と話した。

<出典:産経新聞>

 

と、細山田理事長は隠蔽理由(当時は隠蔽という自覚はなかったのかもしれないが)に、弁済済みであったことをあげています。

 

ただ、虚偽の回答など、やましい事案があり公表したくなかったという気持ちは透けて見えてきます。

客の信用で成り立つ信用組合ですので、これから長い道のりかもしれませんが、信頼回復に努めていって欲しいものですね。

 

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*