【徳島】トラック制限バー事故の場所とドラレコ動画が怖い 3.8mバーの1本目は通過

徳島県で6月3日に発生した、トラックと高さ制限バーが衝突した事故のドラレコ動画が公開されました。

 

制限バーのある場所と、衝突の瞬間を収めた怖い動画を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








徳島でトラックが高さ制限バーにぶつかり引きずる事故

 

徳島県で、6月3日に発生した、トラックが高さ制限バーにぶつかり引きずられたバーが対向車線の車を直撃した事故ドラレコ動画が公開されました。

 

これは、制限バーよりも高いトラックがバーを通過しようとした際にトラックの荷台部分がぶつかり、バーが根っこごと抜け引きずられたものです。

引きずられた柱は対向車2台にぶつかり幸いけが人はいなかったということですが、対向車の運転手もインタビューに「死ぬかと思いました」と、生きた心地がしなかったことでしょう。

 

 

今月3日、徳島市で起きた、高さ制限のバーの損壊による事故の瞬間が、事故に巻き込まれた車のドライブレコーダーに映っていた。

徳島市の吉野川橋の下の道路を進んでいく車。前方に見える黄色い高さ制限のバーは、すでに少しゆがんでいるのがわかる。すると次の瞬間、バーがフロントガラスを大破していった。

事故に遭った男性「フロントガラスに当たったときは、もう死ぬかと思いましたけどね」

先に通行したクレーン付きの大型トラックがゲートに接触した際にゲートが傾き、後続の大型トラックが通過できずにゲートをひきずり、反対車線の車7台にぶつかった。2人がケガをしたが、ドライブレコーダーの車の男性にケガはなかった。

警察で事故の原因を調べている。

<引用元:日テレニュース>

 

 

広告

 

事故のあった制限バーの場所はどこ?

 

 

事故のあった制限バー場所は、吉野橋川の下の道路で発生したと言われています。

 

すでに報じられているドラレコ動画から、こちらの県道137号線が事故の場所だと思われます。

 

 

 

 

この制限バーを反対側から見ると、

 

 

 

頭上注意 3.8m」の標識が確認できます。

このバーの手前にも同じ高さの制限バーがあるのですが、そこでは引っかからずに通過した後にこのバーで引っかかったということがわかります。

 

このバーの地面に傾斜などあり高さが少し低くなっていた可能性も考えられるのでしょうか。

 

 

広告




 

事故の瞬間の動画が怖い

 

事故の瞬間のドラレコ動画がニュースで公開されていますが、まさに死を覚悟する瞬間のように感じます。

 

そのドラレコ動画がこちらです。

 

 

 

まさかバーが根っこから引っこ抜けるとは思いもしませんが、バウンドしながら自分の車に接近してくる様子は恐怖としか言いようがありません。

 

けが人がいなくて本当に良かったと思います。

 

 

バーに当たったトラックは吉野川橋の真下あたりで停車しています。

 

 

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




最新情報をチェックしよう!
広告