【向日市】全身テープ遺棄事件の動機(原因)と画像は?生保受給者とケースワーカーの関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

京都府向日市で、全身をテープで巻かれた遺体が発見され、同じアパートに住む生保受給者の男と市役所勤務でこの男のケースワーカーの男が逮捕されました。

 

事件の不可解な動機(原因)や画像、容疑者らの関係性について確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








向日市で全身テープで巻かれた女性死体遺棄事件

 

向日市全身テープ(白いビニールテープ)で巻かれた女性の死体遺棄事件が発生しました。

 

死体遺棄疑いで逮捕されたのは、発見場所の集合住宅に住む生活保護受給者の男とこの男を担当する向日市役所のケースワーカーの男です。

容疑者らが殺害に関係したかどうかは現段階ではわかっていませんが、なんとも不可解な事件に不気味さを感じます。

 

京都府向日市にある集合住宅の駐車場で、ビニールテープで全身を巻かれた女性の遺体が見つかりました。警察は、死体遺棄の疑いで市職員の男ら2人を逮捕しました。

11日午前11時すぎ、京都府向日市上植野町藪ノ下のアパートで「2階の部屋から異臭がする」と近隣住民から警察に通報があり、警察官が駆けつけたところ、アパートの駐車場で、全身を白いビニールテープで巻かれた女性の遺体を発見しました。

警察は、この遺体を遺棄したとして、同じアパートの1階に住む職業不詳の橋本貴彦容疑者(55)と向日市役所地域福祉課の余根田渉容疑者(29)の2人を逮捕しました。警察によりますと、橋本容疑者は生活保護を受給していて、余根田容疑者は橋本容疑者を担当するケースワーカーだということです。

警察の取り調べに対し、2人は容疑を認めていて、遺体を2人で手で運んだという趣旨の話をしているということです。女性の遺体は成人とみられ、腐敗が進んでおり、警察は身元の確認を急ぐとともに、事件の詳しい状況について調べています。

<出典:TBSニュース>

 

[adcode]

事件があった場所と逮捕された生保受給者とそのケースワーカー

 

事件が発生した場所は、京都府向日市上植野町藪ノ下のアパートだとされています。

 

 

ニュース映像から、こちらのアパートが死体遺棄事件のあった場所である可能性が高そうです。

 

 

近隣住民からはアパートの2階からの異臭として通報がありましたが、警察が駆けつけた際には遺体は駐車場で発見されています。

ニュース映像では階段下にシートがしいてありますので、遺体が発見された場所であると思われます。

 

 

別角度のアパート画像です。

1階に生活保護受給者の男が住んでいたとされています。

 

もう一人の逮捕された男は、この年金受給者の担当ケースワーカーの男です。

向日市役所に勤務していたとされています。

 

 

 

ただ、ニュースの内容からは逮捕された男らがアパートから階段下の駐車場に遺体を運んだのか、どこからか遺体をアパートに持ってきたのかはよくわかりません。

 

 

広告




 

事件の動機(原因)と2人の容疑者の関係性は?

 

最も不可解なのは逮捕された2人の男の関係性と事件の動機原因)です。

 

逮捕された男らは

 

  • 生活保護受給者
  • その担当ケースワーカー(市役所職員)

 

と報じられていますが、共に遺体を運んだことを供述しており、それ以上の関係がありそうです。

 

ケースワーカーとは

 

病人や身体障害者を抱えている家族、1人暮らしの高齢者など、さまざまな困難に直面して生活に困っている人々の相談に乗り、救済措置を採る

<引用元:https://manabi.benesse.ne.jp/shokugaku/job/list/158/content/index.html>

 

とされていますが、もともと知人同士であったり、何か共通の繋がりがあったなど、何らかの関係があった可能性を疑わざるを得ません。

そこに死体の女性が何らかのトラブルで巻き込まれたのでしょうか。

 

謎の多い事件と感じます。

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




コメントを残す

*