【山形女医殺人事件】加藤紘貴容疑者の防犯カメラ画像・動画がヤバい 知る人物のツイートも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

山形県で発生した、女医・矢口千恵美さんがマンションの部屋で殺害された殺人事件で、山形大学生・加藤紘貴容疑者の逮捕に騒然となっています。

 

警察やニュースで報じられている、防犯カメラの画像・動画に映っている加藤紘貴容疑者の行動や金銭目的の犯行だったのか、また、容疑者を知っているとみられる人物のツイートも確認していきます。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








山形女医殺人事件の加藤紘貴容疑者を逮捕

 

山形県東根市で発生した、女医・矢口千恵美さん(矢口眼科クリニック)殺人事件で、山形大学生・加藤紘貴容疑者の逮捕に騒然となっています。

 

犯行はゴルフクラブで激しく殴って殺害されており、強い怨恨があるのかと誰もが想像していましたが、警察の調べでは接点がないとみられるというのも驚きでした。

その後の警察や各メディアでの報道で、徐々にその異常な犯行時の行動がわかってきました。

 

 

山形県東根市のマンションで女性の医師が殺害された事件で、逮捕された山形大学の学生とみられる人物が、女性の部屋に入る直前には他の複数の部屋の前に立ち、室内の様子をうかがうような姿が防犯カメラに写っていたことが関係者への取材でわかりました。

先月19日、山形県東根市のマンションで、隣の村山市にある眼科クリニックの院長で医師の矢口智恵美さん(50)が頭などを殴られて殺害されているのが見つかった事件で、警察は12日、山形大学4年の加藤紘貴容疑者(23)を殺人と住居侵入の疑いで逮捕しました。

警察によりますと矢口さんは、先月19日の早朝に殺害されたとみられ、近くの防犯カメラには、午前5時すぎ、2階にある矢口さんの部屋に入る加藤容疑者と見られる人物が写っていました。

またこの人物は、直前には他の複数の部屋の前に立ち、ドアの隙間から室内の様子をうかがうような姿が防犯カメラに写っていたことが関係者への取材で分かりました。

この人物は部屋ごとに、ドアの前で数秒間立ち止まりながら3階から2階へと移動し、最後に矢口さんの部屋に入ったということです。

警察によりますと、これまでの捜査では2人の接点は確認されていないということで、加藤容疑者の自宅を捜索するなどしていきさつを調べています。

<出典:NHKニュース>

【逮捕】加藤紘貴容疑者(山形大学生)は女医宅へ2度侵入防カメ画像 矢口智恵美さん殺人事件

 

[adcode]

防犯カメラ画像・動画の行動が明らかに

 

事件が起きたのは、殺害された女医・矢口千恵美さんが住むマンションで、場所はこちらだとされています。

 

 

上記NHKニュースで報じられている通り、加藤紘貴容疑者は、早朝5時ごろ矢口千恵美さんの住むマンションに侵入し2〜3階の複数の部屋の前で数秒立ち止まってうろついていたとされています。

侵入できそうな部屋を物色していたのでしょうか。

 

最後に立ち止まったのが、矢口千恵美さんの部屋の前で、扉が開いた後部屋の中に入り約20秒後に部屋から出てきてマンションから一旦出て行ったということですが、5時20分ごろフタタt美マンション内に入り矢口千恵美さんの部屋へ再び入ります。

 

20分経過した5時40分ごろ部屋から出ていく姿、これらの行動が防犯カメラ画像動画に残っていたということです。

 

これらの行動から、加藤紘貴容疑者は矢口千恵美さんを狙っていたのではなく、誰でも良かった犯行であったことが考えられます。

もしかしたら他の部屋に住む人が同じ犯行に巻き込まれていた可能性も想像され、ゾッとします。

 

もう一つ驚きなのは、犯行翌日も普段通りに学校へ登校していたということですので、周りの学生も改めて恐怖を感じているかもしれません。

 

それと同時に、不幸にも犯行にあってしまった矢口千恵美さんの無念の死が悔やまれてなりません。

 

 

広告




 

動機は金銭目的?ネット上では山大生とみられるツイートも

 

防犯カメラ画像動画からは警察の発表通り、矢口千恵美さんとの特定の接点があったわけではなさそうなことがわかります。

 

動機金銭目的だったのでしょうか

侵入できる部屋を探してそれがたまたま、矢口千恵美さん宅だったというのでしょうか。

 

身勝手な犯行に怒りを禁じ得ませんね。

 

 

ネット上ではこの加藤紘貴容疑者を知っているとみられる人物のツイートも確認できます。

 

 

容疑者にはしっかりと罪を償ってもらういがいにはありません。

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*