【震度6強】新潟地震が発生した瞬間の動画や津波前に船が避難し潮が引く動画に恐怖

2019年6月18日22時過ぎ、新潟県村上市で震度6強を観測する新潟地震が発生しました。

 

地震発生の瞬間を捉えた動画や、津波注意報で潮が引く様子や船が沖合に避難する動画が投稿されており、東日本大震災を彷彿とさせ改めて地震の恐怖を思い出します。

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








新潟地震で村上市震度6強の揺れ

 

2019年6月18日、大阪北部地震で1年のこの日、再び巨大地震が発生しました。

 

新潟県村上市で震度6強を観測する新潟地震が発生し、けが人が発生し鉄道や新幹線も運転を見合わせ、また近くの避難所に避難する方々も相当数いたようです。

また、地震当日やその数日前から地震雲や希少な気象現象も目撃されており、地震の予兆(前兆)だったのではないかとの声も多く挙がっています。

 

新潟県で震度6強の激しい揺れを観測し、山形県から石川県にかけての沿岸に津波注意報が出された地震について、気象庁の中村浩二地震予知情報課長は、午前0時半から記者会見を開き「津波が発生していて、海の中や海岸付近は危険だ。海の中にいる人は直ちに海から上がって海岸から離れてほしい。注意報が解除されるまで、海に入ったり、海岸に近づいたりしないようにしてほしい」と呼びかけました。

そのうえで「揺れの強かった地域では家屋の倒壊や土砂災害の危険性が高まっている。危険な場所に立ち入らないなど身の安全を確保してほしい。今後1週間程度は最大震度6強程度の地震に注意してほしい」と呼びかけました。

<出典:NHKニュース>

【新潟地震】地震雲ら予兆の画像投稿が相次いでいた「ハロ」「環水平アーク」まとめ

 

広告

地震発生の瞬間の動画は?

 

ツイッターでは、地震発生直後から、被災地のツイッターユーザーらによる地震発生の瞬間動画投稿が相次いでいます。

 

家の中の物が揺れ、撮影者自身も慌てている様子が確認できます。

 

 

動画では、揺れの大きさが伝わりにくいものですが、実際の被災者は大きな揺れ、家の軋む音、緊急地震速報のアラーム音に冷静な行動をとることが困難な場合もあります。

いつ何時自分の地域で巨大地震が発生するかはわかりませんので、遠隔地であっても自分自身の備えを考え直すきっかけになればと思います。

 

広告




 

津波注意報で沖に避難する船や潮が引いていく動画が怖い

 

地震速報を伝えるニュース番組内で、港の様子が報じられましたが、その動画には港の潮が引く様子やが避難していく様子が確認できます。

たまたま干潮の時刻が重なったのではとする声もありますが、いずれにしても東日本大震災が思い起こされ、あの時の恐怖が蘇ってくるようです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




最新情報をチェックしよう!
広告