【栗東高校】生理日数を報告させた理由はズル休み対策?学校の評判がヤバい

滋賀県の栗東高校で、数年前から水泳の授業見学の際に、女子生徒に生理日数を報告させていたことが明らかになり、多くの批判が出ています。
 

ネット上では栗東高校の生理日数を報告させた理由についてもズル休みなど、さまざまな意見が出ていますが、問題もさることながら、学校自体の評判も、在校生を含め極めて悪い投稿がされていますので確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








栗東高校で水泳見学の女子生徒に生理日数を報告させる


 

滋賀県栗東市にある栗東高校で、体育教師が水泳授業を生理を理由に見学する女子生徒に対し、生理日数を報告させていたことが明らかになりました。

 

この、生理日数を報告させる行為は、数年前から体育教師が行っており現在まで続いていたものとされています。

 

保護者の通報があっても改善されずに再度の通報でようやく動いたことからも、体育教師を含め、学校全体として、女子生徒の人格にも関わる不適切な行為であったことが認識されないまま横行していたのでしょう。

 

 

滋賀県栗東市の県立栗東高で、複数の体育教諭が4~5年前から水泳の授業を見学する女子生徒に生理日数を報告させていたことが21日、同校や県教育委員会への取材で分かった。保護者が県教委に抗議。西藤仁校長は「精神的な苦痛を与えてしまい、申し訳ない」と陳謝している。
 同校などによると、1年生の女子生徒が職員室で見学を申し出た際、ほかの教師がいる前で、学年や名前とともに生理日数を報告させられた。13日に保護者が抗議したが、改善されなかったため、翌日に再び抗議した。 

<出典:共同通信>

広告

生理日数を報告させた理由はズル休み?


 

最初に生理日数を、報告させたのは栗東高校の体育教師で、現在までに誰なのかは明らかになっていません。

 

 

体育教師が女子生徒に生理日数を報告した理由はなんなのでしょうか。

 

この理由を考える上で避けては通れないのは女子生徒のズル休みがあると言う事が問題ではないかと言う意見が多く上がっています。

 

 

体育をサボる行為に加え、水泳となると、思春期の女子生徒には水着姿や水着姿から判る体型を教師や男子に見られたくないという気持ちもあるでしょう。

 

「生理」を理由にすることで、教師としては確認するすべがなく、一部の怠慢な女子生徒の言ったもん勝ち的な部分がこれまでどこの高校でも多少なりともあったことでしょう。

 

この女子生徒のズル休み対策が生理日数を報告させていた最大の理由でしょう。

 

広告




 

栗東高校の評判が悪くてヤバい

 

今回の生理日数の問題だけでも栗東高校に対する評価が酷いものになっていますが、ネット上の学校紹介サイトでもかなりヤバい評判が投稿されています。

 

・理不尽な事で怒ってくる事もある
トイレも不衛生で用も無い生徒が溜まってる。入るのはやめておいたほうがいい
・総合的にいうと、授業は本当に静かな方には向きません。うるさいですし、体育では体育教師は生徒の心配すらできません。
・昔の風習にとらわれすぎですごく過ごしにくい学校生活になります。
・ヤンチャな生徒が多いためクラス分けの時点で既に運要素が強い。また厳しい校風をウリにしているものの教員の威圧的な態度などから萎縮しがち。本当の自分を出したいならこの学校はやめておいた方が無難とだけはハッキリ言っておきます。
・教員は非常に冷たくドラマみたいな熱い先生は当然いません。
・進路については絶望的です。
・まるで生徒のことを考えているとはおもえない発言、行動の数々、その上理不尽なことを要求されます。地毛なのに髪の毛を黒に染めて来いと言うことや、それが出来ないなら髪の毛をかなり切って来いと実際に言われたこともあります。
・入学式で教師の怒号を聞かされ、生徒たちの雰囲気がざわつき、中学の頃の環境とは一変した状況に1学期中には慣れることができませんでした。
<引用元: https://www.minkou.jp/hischool/school/review/2156/>

 

投稿はもちろん個人の主観ですので、全てが当てはまるわけではありませんが、ひどい意見が多いのが目立ちます。

 

 

驚くべきは現役の在校生が投稿しており、普段から不満やストレスを募らせていることが伺えます。

 

もともと学校が持つ校風や雰囲気は地元の方でないとわかりませんが、生理日数問題の印象はかなり悪いことは否めません。

 

 

 

 
最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




最新情報をチェックしよう!
広告