中山愛理がパワハラ受けた会社は今もMC募集中?シアターGロッソでセクハラ

シアターGロッソで開催されているヒーローショーのお姉さんとして活動していた中山愛理さんがセクハラを受けたことを理由に仕事を辞めたことをツイッターで告白しました。
 

中山愛理さんのヒーローショーの画像(動画)や、所属していた会社はどこなのか確認します。

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








中山愛理(シアターGロッソのお姉さん)がセクハラで仕事を辞める

 

東京ドームシティー内のシアターGロッソで連日開催されている、ヒーローショーで進行のお姉さんとして活動していた中山愛理さんが、仕事を辞めたことをツイッターで明かしました。

 

辞めた理由が仕事中のセクハラだったと告白されており、セクハラ被害もさることながら、訴えを聞いてくれなかった会社の対応も酷いものになっています。

 

子供たちに夢を与える仕事の一つですが、その裏ではエグい環境が存在していたようで子供ならずともショックですね。

 

 

 

 

東京ドームシティにある特撮ヒーローショーの劇場「シアターGロッソ」で、ショーの“お姉さん”を務めていた中山愛理さんが6月23日、Twitterを更新。セクハラやパワハラを告発し、物議を醸している。
中山さんは23日、「私は第2弾のゴールデンウィークをもちまして、シアターGロッソのお姉さんを卒業しました!こちらは事前にお知らせできなくてごめんなさい。5月から沢山のお声を頂いて、皆さんの温かさが本当に嬉しかったです。怪我も病気もなく元気いっぱいに過ごしてますのでどうぞご心配なく」とツイート。そして突然“お姉さん”を卒業した理由について、ツイートを続けた。

「どうして卒業したかというと、入った当初からの度重なる嫌がらせ(基本的に挨拶も無視、握手会中に水を掛けて妨害する、など)と、セクハラ (男性器のあだ名をつけて呼ぶ、すれ違い様にお尻を揉む、避けられない空間での卑猥な質問や直接的に胸を触る、など)に黙って1年耐えていたら、」
「それも不愉快だったのかゴールデンウィーク明けに『力不足なのでもう来なくていいです』と言われてそれっきりです。 会社からは、余計なことを言ったらもうお前に仕事を振らないぞ、と強く言われていましたのでこれを発信するということはそういうことです。」
「わたしの力不足に間違いありません。しかしそれ以上に許してはいけないことが沢山ありました。 特に性的な嫌がらせは、気にしていない、怒っていないフリをし続けなければいけませんでした。 お客様のおかげでお仕事は楽しかったけれど、胸を張って子供たちの前に立つには、少し辛かったのも事実です。」
「降りかかる性的な嫌がらせを、気にせず笑って流せるのがよく出来た女だとも言われてきました。でも、平成も終わり令和の時代を生きる子供たちには、前時代的なハラスメントに苦しめられることなく、自らの権利を害されることなく生きて欲しいと思います。そんなヒーローに出会って欲しいと思います。」
「以上のことでわたしは卒業です。 あいつは辞めさせられたから、と言っている人がいることも知っています。あらゆることを笑って流すことができずにいた私は、さぞかしノリの悪い人間に見えたことだと思います。」
「『パワハラ、セクハラはただの冗談だから、そういう業界だから仕方ない』と散々言われてきました。お仕事が楽しかったのであれば、本当は余計なことを発信せずに黙って耐えておくべきなのかもしれません。ですが、どんな業界であれ次の世代のために変わらなければいけないと思っています。」
「お客様の声に本当に支えられてきました。ありがとうございました。楽しいことに水を差してしまって本当にごめんなさい。どうか少しでもいい方向に、子供たちの未来に希望を抱ける正しい社会になりますように。」

この告発に、Twitterなどネットでは「いかんでしょ」「本当なら酷い話だなぁ」「ヒーローショーの裏側でこんなことが……」「警察や弁護士には相談されましたか?」「どうか中山さんの勇気が報われますように」「相手方の見解が出て来ないと何とも言えないかなぁ」「シアターGロッソ側はどう対応するんだろう」など、さまざまな声が上がり、物議を醸している。

<出典:ナリナリドットコム>

広告

中山愛理のヒーローショーでのセクハラが酷い


 

中山愛理さんは、シアターGロッソで開催されているヒーローショー(スーパー戦隊など)の進行のお姉さんとして活動していました。

 

ヒーローショーといえど、客層はファミリー層だけでなく、大人のお友達も多く見かけます。

 

最近の特撮ヒーローは大人も楽しめるように構成されているため、もはや子供のためのショーという雰囲気ではありません。

 

 

中山愛理さんは自身が受けた被害としてこのようにあげています。

 

 

ショーのお姉さんというのは確かに盛り上げるために魅力的な服装や容姿の方が多いとは思いますが、子供たちがいる環境上、セクハラが起きてもその場では声を上げづらいことは納得できます。

 

もうこれは事件といってもいいのではないでしょうか。

 

 

広告




 

パワハラした会社はどこ?

 

また、セクハラ被害についての会社の対応も酷いものになっています。

 

 

そして驚くべきは他の同業者からも同じ被害を我慢している返信があったことも報告されました。

 

 

中山愛理さんが所属した会社はどこなのか明らかにされていませんが、同業者の反応を見ると、全国のイベントでのセクハラや運営会社でのパワハラが蔓延しているのでしょうか。下記のようなツイートもありますが
真偽のほどは定かではありません。

 

 

 
最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




最新情報をチェックしよう!
広告