【画像】甲州市(甲州街道)トラック事故の場所は事故多発地帯?目撃ツイート「運転手は…」

山梨県甲州市の甲州街道で、トラックと軽自動車が正面衝突し1歳男児が死亡する事故が発生しました。

 

事故の場所や画像、生々しい事故の目撃ツイートを確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








甲州市(甲州街道)でトラックと軽自動車が事故し1歳男児死亡

 

山梨県甲州市甲州街道で、またしても1歳男児が犠牲となる事故が発生しました。

 

事故は、トラック軽自動車の正面衝突とみられており、トラックはブレーキをかけたりハンドルを切ることもなく住宅へと突っ込んでいったとされています。

運転手の65歳の男が現行犯逮捕されましたが、高齢者ドライバーと言えるこの運転手の健康状態や、運転技術はどうだったのでしょうか。

 

1歳の男の子が死亡している。ガードレールをなぎ倒し、トラックが住宅に突っ込んだ。

片側1車線ずつの国道。緩やかな坂の先には大型のトラックが止まっているが、何か変だ…。トラックが浮いている。
1日午前10時前、山梨県甲州市で起きた事故。65歳の男が運転するトラックが住宅の敷地に突っ込んだ。トラックの脇には軽自動車も。前方が原形をとどめぬほど潰れている。2台の間に一体、何が…。
住民らによれば事故直前、軽自動車は坂を上っていた。トラックは反対車線にいて、どちらがはみ出したかは分かっていないが、そのままぶつかったとみられる。軽自動車は大破。
一方、トラックはそのまま進んだ。ガードレールや住宅のフェンスをなぎ倒し、段差を乗り越えた所でようやく止まった。トラックがぶつかった電柱はかろうじて立っているが、郵便ポストはなぎ倒された。現場は緩やかなカーブで、事故がよく起きるというが…。
軽自動車には33歳の女性と1歳の息子が乗っていて、息子は死亡が確認された。警察はトラックの男を現行犯逮捕し、事故の原因を調べている。

<出典:テレ朝ニュース>

 

広告

事故の場所は事故多発地帯だった?

 

トラックと軽自動車の事故が発生したのは、山梨県甲州市大和町日影の国道20号線だとされています。

 


テレビニュースの映像から、大和橋西詰交差点近くである可能性が高そうです。

 

 

報道ではエネオス側から下ってきたトラックと坂道を登ってきた軽自動車の事故だとみられます。

 

軽自動車の運転手や死亡した1歳男児はもちろんですが、トラックが突っ込んだ住宅にとっても大惨事となったことは残念でなりません。

また、この付近は緩やかな下り坂であることが影響しているのか、事故が多発している地域でもあったようです。

広告




 

事故の画像と目撃ツイート

 

ネット上では、事故の目撃ツイートとみられる投稿も確認できます。

 

そのツイートがこちらです。

 

 

事故後の軽自動車の画像からも軽自動車の前方が大破していることがわかります。

運転手のけが、レスキューが必死に救助する様子、突然の事故に見舞われた軽自動車の運転手を思うと胸が痛みます。

 

また、この事故とみられる画像や、渋滞の様子も投稿されています。

 

広告

 

いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




最新情報をチェックしよう!
広告