【謝罪】木下章広(富山市議)机物色した女性職員の画像や理由は?土下座でも『気持ち悪い』

富山市議会の木下章広市議が、女性職員の机を物色していたことが明らかになり土下座の謝罪が話題となっています。
木下章広市議が机を物色していた女性職員の画像や、理由を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








木下章広(富山市議)が机物色で土下座


富山市議会の一人会派・創政改拓の木下章広市議が、議会事務局の執務室時間外に不法侵入していたことが明らかとなり、木下章広市議が土下座謝罪をしました。

 

この木下章広市議が不法侵入したのが発覚したのは6月に他の職員が目撃した事がきっかけですが、過去の出入りを調査したところ昨年11月から今年2月まで複数回にわたりほぼ毎週末の時間外にこの執務室に出入りしていたことが明らかになりました。

 

目的や理由については明らかではありませんが、特定の女性職員の机を物色していたとするならば自分の好みの女性であった可能性はありそうです。

 

 

3年前の政務活動費の不正問題から信頼回復への歩みを進めている富山市議会。
その歩みをつまづかせるような議員の不適切な行為が発覚です。
現職の議員が、議会事務局の執務室へ時間外に侵入し、職員の机などを物色していたことが発覚しました。
1日に開かれた富山市議会の各派代表者会議で謝罪したのは1人会派、創政改拓の木下章広市議。
議会事務局の執務室へ時間外に侵入し、職員の机などを物色したことが発覚しました。
先月25日、午後7時半ごろ、議会事務局の女性職員が目撃し発覚したもので、翌日、事務局が木下市議を聴取したところ事実を認めました。
木下市議は以前から数回、執務室へ侵入し、複数の職員の机や書類などを物色していたということです。
盗難などの被害は確認されていません。
事務局が去年11月から今年2月末まで、木下市議が庁舎に出入りした記録を調べたところ、ほぼ毎週、土日や早朝、深夜などに出入りしていたことがわかりました。
また木下市議はおととし5月から去年6月にかけて、複数の女性職員の私用携帯電話へ一方的にショートメールを何度も送っていて、事務局から注意を受けていたということです。
富山市議会事務局は、ただちに被害届を出すことは考えていないが、今後の状況をみながら警察に相談するとしています。
また今回のような事案の対策として早ければ今週末にも執務室に防犯カメラを設置する予定です。
木下市議は政務活動費不正問題で議員が大量辞職した後の補欠選挙で初当選していました。
議会の信頼回復をけん引する立場だっただけに、議会関係者はもとより市民の落胆ははかり知れません。

<出典:富山テレビ>

広告

机を物色していた理由は?

 

木下章広市議が机を物色していた理由は現在までに明らかではありません。

 

木下章広市議は特定の女性職員ではなく、複数の女性職員の机を物色していたとされていますので、

 

考えられる可能性としては

 

 

  • 金品を盗見たかった
  • 好意を寄せている女性がいた
  • 政治活動に関する情報を得たかった

 

と考えられますが、マスコミのインタビューに対しては

 

 

どんな仕事をしているのか興味本位でやった

 

と説明しています。

 

これまでに盗難の被害は出ていないことや、本当に仕事の内容を見たかったとすれば長期間にわたり複数回繰り返すものか疑問も残り、机を使用していた女性に好意を寄せていた、もしくは複数の女性に対し仕事以上の気持ちを抱いていた可能性は否定できません。

 

子供の頃、好きな女の子のリコーダーを放課後に・・・などという男子のエピソードはしばしば聞く話ですが、その類の行為をしていたと言われても反論できないような状況と言えそうです。

 

いずれにしても女性職員にとっても、自分がいない間に机の中を物色されていたのは気持ち悪いと感じていることでしょう。

 

広告




 

物色した机の女性職員の画像は?


木下章広市議が特定の女性職員に仮に好意を寄せていたとすると、木下章広市議の好みのタイプだったことになるでしょう。

 

現在までにこの女性職員画像は明らかになっていません。

 

今後もプライバシーの観点から公開されることはないと思われます。

 

一昨年も複数の女性の私用携帯にショートメールを送りつけていたということですから、市議という立場でありながら女性職員とプライペートな関係を持ちたかった、近づきたかったという気持ちがあったのではと見るのが自然なのかもしれません。

 

ネット上では土下座をしたにもかかわらず、批判が噴出しています。

 

 

広告




 




 

広告

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

最新情報をチェックしよう!
広告