【ザブングル】ボランティア先の介護施設の画像は?過去の熊本ツイートも無関係?『有意義』

闇営業問題で謹慎中のワタナベエンターテインメントのザブングルの二人が、熊本県内の介護施設でボランティアを行うことがわかりました。

 

ザブングルがボランティアをする介護施設はどこなのか、場所や画像を確認します。

 

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








ザブングルが7月7日から熊本県の介護施設でボランティア

 

闇営業問題で唯一、吉本ではなくワタナベエンターテイメントの所属であったお笑いコンビ・ザブングル(松尾陽介・加藤歩)が熊本県内の介護施設でボランティアを行うことが明らかになりました。

 

お金を受け取っていたとは言え、ザブングルの二人も最近まで相手の素性など知らなかったことから、少しかわいそうな気もしますが、吉本興業の芸人とは違って嘘なく謹慎に至ったため少しだけ差別化されているようには感じます。

 

一部のネット民からは介護は懲罰なのか、禊の場ではないとの厳しい声もありますが、ザブングルの二人の「社会貢献活動」をしたいという申し出からの経緯がありますので、何もしないよりは十分反省を形に表せていいのではないかと思います。

 

ワタナベエンターテインメントは4日、詐欺グループの忘年会での闇営業が発覚したお笑いコンビ「ザブングル」の松尾陽介(42)と加藤歩(44)が社会貢献活動として、熊本の介護施設でお年寄りの介護サポート等のボランティアに参加すると発表した。

ワタナベエンターテインメントは1日、受領したギャラの額など聞き取り調査の詳細や今後の対策について報告。謹慎期間についても8月末までとし、2人からの申し出で社会貢献を行うことも発表していた。

同社がこの日、マスコミ各社に宛てた文書によると、ボランティア活動の候補先として約100件に及ぶ問い合わせがあったという。「お世話になります介護施設との間で、すでに弊社スタッフ及びザブングル両名がボランティア活動についてのお話合いをさせていただいており、ザブングルの両名は7月7日から約1カ月間、介護資格がなくてもできる範囲内で介護ヘルパーの方々のサポートなどを行うことを予定しています」と説明。

「施設内では“お年寄りの方々の話し相手となったり、催し物に参加したりして、皆さんに笑顔や元気を届けてほしい”と介護施設の担当者の方からお言葉もいただいており、本人たちも、芸人としての本分を発揮できるありがたい機会もいただけるということで、気を引き締め、誠心誠意、ボランティア活動に取り組んでいく覚悟でおります」と記した。

<出典:日刊スポーツ>

 

広告

 

ザブングルがボランティアをする介護施設はどこ?

 

ザブングルの二人がボランティアをする介護施設どこなのか気になります。

 

事務所発表によると、熊本県内の介護施設だとだけ明かされており、期間は7月7日から約1ヶ月間だとしています。

 

 

グーグルマップで検索をかけると、やはりかなりの数の介護施設がヒットします。

実際にはこれ以上の施設が存在するものと思われます。

 

事務所はボランティア活動の候補先として問い合わせのあった約100件の中から選定したと思われますが、現在までにその介護移設は明かされていません。

松尾さんは愛知県出身で、加藤さんは三重県出身。また加藤さんの嫁は宮崎あおい似の美容師ということで、熊本県や介護施設に縁のある方はいらっしゃらない可能性が高く、純粋に候補先の中から選んだのかもしれません。

 

ザブングル松尾さんの過去のツイッターで熊本に関するものもありますが、今回の介護施設との関連はなさそうです。

 

 

所属事務所は、

 

ザブングルがボランティア活動を行う介護施設にご迷惑や過分のご負担をおかけすることは本意ではございませんので、施設名その他の情報の公表は差し控えさせていただきます。取材もご遠慮いただきたく存じます。

<引用元:ワタナベエンターテインメント>

 

 

とし、施設名は今後も公表しない方針のようです。

 

また、九州支部も協力していくということですので、ゴリけんさんやパラシュート部隊など、九州の芸人も何らかの形で協力をしていく可能性は否定できません。

 

 

ただ、一般の方からのタレコミがない限りはどこの施設かは判明しないでしょう。

広告




 

ボランティアの内容や画像は?

 

所属事務所によれば、ザブングルのボランティア内容は介護施設で

 

介護資格がなくてもできる範囲内で介護ヘルパーの方々のサポートなどを行うこと

 

を予定しているとうことです。

介護の現場には、介護助手や介護補助と呼ばれる仕事があり、これは資格がなくてもできるということです。

 

「介護助手」は、「介護補助職」、「介護補助員」などと呼ばれることもあります。文字通り、介護専門職の助手や補助として現場で働く人のことをいい、資格が必要ない職種です。

国家資格を持つ介護福祉士などには、より専門的に介護業務に専念してもらい、部屋の整備などは介護助手・介護補助が担います。これによって、介護現場で働く人の総数を確保し、介護サービスのレベルも上げようという考え方です。
つまり、介護助手・介護補助は、介護業界の未来を担い、現場をスムーズに動かす影のキーパーソンなのです。

<引用元:介護求人パーク>

 

ザブングルの二人サポートのボランティアをしながら、夏を迎えますので施設の夏祭りなどイベント時にはネタ披露もあるかもしれませんね。

そここそ、本領発揮と言えますが高齢者に「悔しいです」がウケるのかはわかりませんね。

 

広告




 




広告


いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります




最新情報をチェックしよう!
広告