【熊本】遺跡発掘現場(古町遺跡)事故のストリートビュー画像に作業員の姿 遺跡が多い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

熊本市中央区の遺跡発掘現場で発掘作業中の作業員の男性が生き埋めとなる事故が発生しました。

 

一人が心肺停止、2人が足を圧迫されたとの遺跡発掘作業現場の場所(古町遺跡)やグーグルストリートビューの作業員の画像を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








熊本市中央区の遺跡発掘現場で作業員が生き埋めの事故

 

熊本市中央区遺跡発掘現場で、発掘作業をしていた作業員が生き埋めになる事故が発生しました。

 

この遺跡発掘現場は、マンション建設予定地だったということで調査中の事故だったことが分かります。

心肺停止の作業員も心配ですが、両足を圧迫された作業員も重傷と言うことで心配です。

 

5日午後4時ごろ、熊本市中央区の遺跡の発掘調査現場で作業中の男性3人が崩れてきた土砂でけがをしました。このうち1人は心肺停止の状態です。

消防などによりますと、5日午後3時50分ごろ、熊本市中央区のマンション建設に伴う遺跡の発掘調査現場で、作業中だった男性3人が崩れてきた土砂でけがをしました。

3人は救急車で病院に運ばれましたが、このうち60代の男性1人が心肺停止の状態です。残る50代と70代とみられる男性は両足を圧迫され、重傷とみられます。

遺跡発掘を管理する熊本市によりますと、「マンション建設に伴う発掘調査をしていたが、ここ数日続いた大雨の影響で遺跡の壁の部分の土が崩れた可能性がある」と話しています。

<出典:TBSニュース>

 

[adcode]

遺跡発掘現場の古町遺跡の場所はどこ?

 

事故が発生した遺跡発掘現場は、熊本市中央区呉服町2丁目だとされています。

 

 

テレビのニュース映像などから、こちらの場所が事故の現場(古町遺跡)の可能性が高そうです。

 

 

グーグルストリートビューには事故現場となったマンション予定地で作業する作業員の画像が確認できます。

 

この方々だったかは分かりませんが、このような事故が発生するとは誰も思いもしなかったのではないでしょうか。

 

後述のツイッターでは大雨のあとの作業が原因とするツイートが見られます。

 

広告




 

古町遺跡以外にも熊本駅周辺は遺跡が多い画像

 

 

事故が発生したのは古町遺跡と呼ばれる遺跡で、何年も前から調査は行われているようです。

言うまでも無く7月にはいり、九州には停滞する前線の影響で猛烈な豪雨(大雨)が襲いました。

 

この豪雨で地盤が緩んでいたことが原因である可能性は大きいでしょう。

雨がやんでから発生した土砂崩れの情報も過去にはあり、各ニュース番組で住民の方々へ呼びかけていたにもかかわらず、作業が開始され事故が発生したのは残念でなりません。

 

また以下のようなツイートもあります。

 

そのツイートどおり、熊本駅周辺では遺跡発掘が行われていた画像も確認できます。

 

熊本城のように歴史ある場所には太古からやはり人々が住んでいた形跡なのでしょう。

 

広告




 




[adcode]

 

いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります




コメントを残す

*