【生駒山上遊園地】スピードが出すぎる滑り台(チューブスライド)動画『攻めすぎたか』

生駒山上遊園地に新設されたプレイピークイタダキのすべり台(チューブスライド)が、スピードが出すぎてけが人が続出していると言うことです。

 

設計した会社「ボーネルンド」や、スピードが出すぎる滑り台の画像や動画を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








生駒山上遊園地の滑り台(イタダキ)がスピード出すぎてけが人複数

生駒山上遊園地に新設された「プレイピークイタダキ」の滑り台チューブスライド)がスピードが出すぎてけが人が続出していると言う心配なニュースが報じられました。

 

このチューブスライドは筒状で寝そべって滑るように設計されていたにもかかわらず、利用者が普通の滑り台と同様に上半身を起こしたり、スピードが出すぎて体が浮いて際に天井に頭をぶつけたりしたと言うことです。

 

 

 生駒山上遊園地(奈良県生駒市)にある滑り台で6、7両日、子ども約15人が頭に軽いけがを負っていたことがわかった。滑り台は、13日にオープン予定の有料ゾーンに新設され、子どもらはプレオープンに招かれていた。遊園地の運営を手掛ける近鉄は、当面は使用中止にするとしている。

有料ゾーンは「プレイ ピーク イタダキ」で、教育玩具の輸入・開発販売会社「ボーネルンド」(東京)が設計、監修した。

近鉄によると、滑り台はチューブ形で長さ25メートル、高低差10メートル。子どもらは滑走中に上部に頭をぶつけ、たんこぶや擦り傷ができた。スピードが出すぎて、体が浮き上がるなどしたことが原因とみられる。

さらに近くにある別のチューブ形の滑り台では、8日に女性従業員が試験的に滑った際、右足が引っかかるなどして骨折した。

滑り台は本来は、寝そべった状態で遊ぶ想定で設計されているが、周知が不十分で座った状態のまま滑った可能性があるという。

有料ゾーンは予定通りオープンするが、二つの滑り台は使用禁止とし、安全対策を検討する。近鉄は「楽しみにしていた子どもたちに迷惑をかけて申し訳ない」としている。

<出典:読売新聞>

 

広告

滑り台の動画


 

実際にスピードが出すぎた動画については、ネット上では確認できませんが、NHKローカルニュースでオープンを紹介するニュース内で滑り台を利用している人の様子が確認できます。

 

NHKニュースの動画

 

この明らかにスピードが出ているという印象は感じられませんが、やはり体を起こしながら滑っているようには見えます。

 

 

広告




 

設計会社は「ポーネルンド」

 

この「プレイピークイタダキ」を設計した会社は「ポーネルンド」だとされています。

 

ポーネルンドのPDFではチューブスライドは以下のように紹介されています。

 

エリアの上段から中段にかけては、山の傾斜に沿って滑り降りられる全長
25m のすべり台「チューブスライド」を設置しました。大量の水が流れ落ち
る滝をくぐったり、山に吹く風を体いっぱいに受けながら滑り降りたり、スリ
ルを感じる仕掛けがあります。

<引用元:ポーネルンドプレスリリースPDF

 

玩具メーカーだということで、子供たちが安心して遊べるように対策してもらえるといいですね。

広告




 




 

 

広告

いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります




最新情報をチェックしよう!
広告