【石見海浜公園海水浴場】広島県警警察官の水難事故の海大荒れ画像がすごい『想像以上に怖い』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

島根県浜田市の石見海浜公園にある海水浴場で、広島県警の警察官が波にさらわれる水難事故が発生しました。

 

警察官が流された海水浴場の大荒れの画像と、不明の警察官について確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








石見海浜公園にある海水浴場で広島県警警察官が水難事故

広島県警の若手警察官が、休暇で訪れていた石見海浜公園にある海水浴場で次々と波にさらわれる水難事故が発生しました。

 

5人は自力やボートで救助されましたが、未だ一人不明とされています。

自力で戻ってきた警察官の泳力はさすがとしか言いようがありませんが、海水浴場は海開きが行われるておらず、遊泳区域となっていなかったことから、自分たちの体力を過信しすぎていたのでしょうか。

 

12日午後、島根県の海水浴場で広島県警察本部に所属する男性6人のグループが次々に流され、このうち5人は救助されるなどして無事でしたが、1人の行方が分からなくなっています。

島根県の浜田海上保安部によりますと、12日午後2時半ごろ、浜田市の石見海浜公園にある海水浴場で遊んでいた広島県警察本部に所属する男性6人のグループが次々に流されました。

<出典:NHKニュース>

 

[adcode]

警察官の水難事故の海水浴場は?

12日午後2時45分ごろ、島根県立石見海浜公園(浜田市)の海水浴場で海水浴客が流されたと118番があった。広島県警の警察官6人が流され、このうち広島南署員井上裕太さん(24)=広島市中区=の行方が分からなくなっている。

浜田海上保安部によると、6人は午後2時15分ごろから海に入り、波打ち際で遊んでいた。ビニールボートに1人で乗っていた井上さんが沖へ流され、仲間の1人が泳いでオールを届けたが、同2時半ごろ、海岸から約50メートル沖で波を受けて転覆。仲間は自力で岸に泳ぎ着いたが、井上さんは行方が分からなくなった。

波打ち際で遊んでいた残りの4人も流され、このうち1人は消波ブロックに上がり、海上保安庁のヘリコプターで救助された。3人は自力で岸に泳ぎ着いた。

浜田海保によると、同海水浴場は海開き前で監視員はいなかった。当時は西の風約6メートルで、約2メートルのうねりがあった。

<引用元:中國新聞デジタル>

 

水難事故が発生したのは、石見海浜公園海水浴場だとされています。

 

石見海浜公園には無料キャンプ場があり、そこが海に面した砂浜が存在します。

 

 

詳細な砂浜については不明ですが、上記の画像では、浅瀬に波の打ち消しブロックが確認できますので、この付近の波は普段から高かったか、高い波が発生しやすい場所であった可能性がありそうです。

広告




 

大荒れの海の画像がすごい

NHKニュースでは、大荒れの砂浜で捜索をする警察官らの姿が画像動画)で確認できますが、奥の波のうねりがすごく、恐怖すら感じます。

 

不明の警察官が自力でどこかに漂着していることを願いたいですが、あまりの大シケの海に言葉を失います。

[adcode]

広告




 




[adcode]

いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります




コメントを残す

*