【宮迫】吉本興業の共同確認書の画像は?闇営業ギャラ100万円の嘘バレる 『真っ黒』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

闇営業問題で謹慎中の雨上がり決死隊・宮迫さんにまた嘘がバレました。

 

否定していた100万円を実は受け取っていたという嘘と、吉本興業が初めて作成した共同確認書の画像を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








宮迫が闇営業で100万円受けとっていたことが発覚

 

闇営業問題で謹慎中の雨上がり決死隊・宮迫さんが、闇営業のギャラとして100万円を受け取っていたことが発覚しました。

 

ロンブー・田村亮さんは50万円、他のタレントは数万円だったと言います。

ダウンタウン松本さんが言うように、宮迫さんや田村亮さんらが受け取っていないと嘘をついていたことから後輩芸人も真実を述べにくくなっていた状況はありますが、想像以上のギャラ金額であったことと、またしても嘘をついていたことに言葉もありません。

 

吉本興業の所属タレントらが会社を通さない「闇営業」で振り込め詐欺グループの宴会に参加していた問題で、雨上がり決死隊の宮迫博之さんは100万円、ロンドンブーツ1号2号の田村亮さんは50万円を受け取っていたことが12日、わかった。他のタレントは数万円だったといい、それぞれ税務の申告を修正。吉本は同日までに、償いの一環として、消費者団体支援など二つのNPO法人に計300万円を寄付した。吉本関係者が明らかにした。

今回の問題ではタレントが直接仕事の依頼を受け、吉本は依頼主を把握していなかった。このため吉本は、タレントが依頼された仕事をすべて会社に報告することなどを定めた「共同確認書」を新たに作成し、7月中に所属する約6千人の全タレントに署名させるという。

確認書では、把握できた仕事の依頼主と反社会勢力の関係の有無を、会社が徹底調査すると明記した。暴力団や暴力団関係企業の関係者らとの交流も禁じ、コンプライアンス研修の受講や守秘義務、知的財産権の尊重などにも言及。差別的な発言を防ぐため、SNSについては不用意な発言でトラブルが起こりえることから「危険性を十分に理解して利用すること」も定めた。

幹部によると、吉本興業が所属する全てのタレントと、こうした文書を交わすのは初めてだという。

宮迫さんらは5年前、振り込め詐欺グループの宴会に出席。また、スリムクラブの2人は3年前、暴力団関係者の会合に出席していた。いずれも吉本を通さない依頼で、金銭を受け取っており、謹慎の処分を受けている。

<出典:朝日新聞デジタル>

 

[adcode]

「100万円受け取っていない」は嘘だった?

宮迫さんらは、受け取っていたギャラの税務申告をしたといい、この申告によって詳細なギャラの金額と宮迫さんのがバレて証明されたしまったことになります。

 

カラテカ入江さんの闇営業取引相手とされる男性が、入江さんに300万円を支払い宮迫さんに100万円を振り分けてたことが報じられていました。

 

【闇営業】宮迫博之のノーギャラはやっぱり嘘?カラテカ入江の口座に300万円

 

A氏は、“闇営業”の相手先である詐欺グループの「金庫番」で、入江と、問題となっている詐欺グループの忘年会への出演ギャラなど、金銭面の交渉をしたという。その交渉段階で入江が提示したのは「帯3本(300万円)」で、内訳は「宮迫さんに100万円を渡し、入江さんが10%の30万円、残りの170万円をほかの芸人さんたちで分ける」と説明されたというのだ。

そしてA氏は、詐欺グループ内に4つある表の会社を使い「前払いで、入江さんのM銀行の口座に300万円を振り込みました」と証言しているのである。

<引用元:アサ芸プラス>

 

吉本興業もヒアリングを重ね、

 

「そのような高額ではない」

 

としていましたが、結果としては報道どうりの高額であった形です。

広告




 

吉本興業が作成した共同確認書の画像は?

 

吉本興業は初めて共同確認書を作成することが報じられています。

 

これまでに所属タレントと契約書などが交わされていなかったことが問題となっていますが、さすがにこれまで通り放置してはいけないという流れになったことはいうまでもありません。

 

共同確認書の画像は現在までに公開されていません。

 

共同確認書には

 

  • 依頼された仕事をすべて会社に報告すること
  • 把握できた仕事の依頼主と反社会勢力の関係の有無を会社が徹底調査する
  • 暴力団や暴力団関係企業の関係者らとの交流も禁じる
  • コンプライアンス研修の受講
  • 守秘義務、知的財産権の尊重
  • 差別的な発言を防ぐため、SNSについては不用意な発言でトラブルが起こりえることから「危険性を十分に理解して利用すること」

 

を明記・定めたとしています。

一般企業では当たり前になされている契約書等が今までなかったことは問題であり、芸能人といえど同じ社会人ですので今回の問題を教訓にして再発防止に取り組んでもらいたいですね。

広告




 




[adcode]

いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*