【11歳少年】熱湯をかけた同居夫婦の画像は?『何でそんな事出来るのか』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2015年に当時11歳の少年に熱湯をかけたとして28歳の女と34歳の夫が逮捕されました。

 

容疑者らの画像や動機、今発覚した原因について、少年は同居で言えなかったのかについて確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








当時11歳の少年に熱湯をかけた夫婦が逮捕


 

2015年に、当時11歳の少年熱湯をかけたとして、28歳の女と34歳の夫が逮捕されました。

 

この夫婦は当時、少年と少年の母親と同居していたようで、少年にとっては怖い日々を送っていたのではないかと、胸が痛みます。

 

2015年8月、東京・足立区で当時11歳の少年に熱湯を掛けてやけどをさせたとして、28歳の女と34歳の夫が逮捕されました。

中鉢綾子容疑者(28)と夫の博晶容疑者(34)は2015年8月、足立区の自宅で当時11歳の少年に熱湯を掛けて腹や背中などに全治3カ月程度のやけどをさせた疑いが持たれています。捜査関係者によりますと、当時、綾子容疑者は少年の母親と友人関係にあり、博晶容疑者とともに4人で同居していて少年を巻き込んだトラブルになったということです。少年の母親が「暴行を受けている」と相談し、警視庁が捜査していました。綾子容疑者と博晶容疑者は「お湯を掛けたことに間違いありません」と容疑を認めています。

<出典:日刊スポーツ>

 

[adcode]

4年経って発覚・逮捕された理由や原因は?


 

2015年の暴行が現在になって発覚し、逮捕された理由としては、現在15歳の少年が証言しだしたということが大きな理由でしょう。

 

それを考えると当時は、同居していたこともあり、怖くて言い出せなかった、もしくは報復を恐れていた可能性も否定できません。

 

逮捕された女と少年の母親は友人関係だったということも言いにくかった理由に含まれるのでしょうか。

 

連行される女の画像もメディアでは報じられています。

 

 

 

 

広告




 

 


[adcode]

 

広告




 




 

 


 


 

いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*