【京アニ】社長宛ての殺人予告の画像や犯人は同一人物?「パクりやがって!」盗んだアニメは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

京都府の京都アニメーションで発生した火災で、身柄確保された男は「パクりやがって!」と叫んでいたことが明らかになりました。

 

また、京アニの社長宛てに殺人予告が届いていたことも明らかとなり、犯人は同一人物なのか確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








  京都アニメーション(京アニ)火災で放火した男が「パクりやがって!」叫ぶ

 

京都府伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション京アニ)」で発生した火災で、放火したとみられる男が、身柄確保された際に「パクりやがって!」と叫んでいたことが明らかになりました。

 

この「パクりやがって!」が犯行の動機と関係があるのか警察が調べていますが、この男も火傷を負っていますが、17:46時点で16人死亡、10人以上の心肺停止者がおり大惨事となっています。

 

18日午前に起きた京都市伏見区のアニメ制作会社「京都アニメーション」の第1スタジオの火災で、放火したとみられる男(41)が警察官に取り押さえられるのを、近隣住民が目撃していた。

現場近くに住む福祉施設職員の女性(61)が午前10時35分ごろ、自宅のインターホンが鳴ったため外に出ると、玄関左の路地に大柄な男が倒れていた。あおむけで、ひざを立てていた。白いTシャツに紺色のジーパン姿。両腕はやけどで皮がめくれ、右足から小さな炎と煙が出ていた。Tシャツはめくれ、腹に刺青のようなものがみえた。髪はチリチリに焼けていたという。

息も絶え絶えの様子で、女性が「大丈夫ですか?」と声をかけても返事はなかった。女性は火事の被害者だと思い、ホースで水をかけた。救急車が来るのを待っていると、数人の警察官が来て男を取り囲み、「どうしてこんなことをした?」「どこから入った?」と問い詰めたという。男は恨みつらみのようなことを言い、「パクりやがって!」という一言がはっきりと聞こえたという。

<出典:日刊スポーツ>

 

[adcode]

京アニがパクったアニメは?

 

身柄確保された男は、「パクりやがって!」と叫んでいたとされています。

 

このパクるという言葉には2通りの意味があり

 

  • 盗む
  • 逮捕する

 

と、考えられますので、警察が身柄確保の瞬間に叫んだということですので、後者の可能性も否定できません。

 

仮に前者だとすると京アニが何かアニメ作品に関するものやアイデアなどを盗みそれに対して恨みがあった可能性があります。

 

しかし、現段階では京アニが何を盗んだのかははっきりしておらず、この「パクりやがって!」の言葉の真意は不明です。

広告




 

社長宛てに殺人予告を送ったのは同一人物?画像は?

京都の有名アニメスタジオにガソリンのようなものがまかれ、爆発的な火災が発生した。

火災があった京都市伏見区のスタジオから1.5km離れたところにある京都アニメーションの本社前。

こちらには18日午後以降、従業員の家族が何組も安否確認に訪れている。

しかし、本社にもくわしい情報が入っていないということで、皆、不安な表情のまま、少しでも情報を得ようと、警察や病院のほうに向かっていた。

スタジオで仕事をしていた息子と連絡が取れていないという父親は、「携帯電話がつながらなくて、とても心配している。怖くてたまらない」と話していた。

また、夫の無事を確認したという女性は、「公衆電話を使って無事との連絡をしてきた。あまりに突然のことで、携帯電話も持ち出せなかったようだ」と話してくれた。

そして18日夕方、京都アニメーションの社長が取材に応じた。

京都アニメーション・八田英明社長は、「死ねとか殺人(予告の)メールみたいなものもあります。今、多いです。日本のアニメーションを背負って立つ人たちなので、1人でも傷つき、命落とすのは、たまったものじゃない」と話した。

社長は、取材に対し「火を放ったとみられる男に対しては絶対に許せない」と、怒気を含めて言葉を話した。

まだ安否確認が取れていない従業員はたくさんいるため、情報収集に努めたいという。

41歳の男だが、免許証の情報から氏名等が京都アニメーションの方で照会が行われていると思われるが、会社に関係のある人間かどうかっていうのは何か情報はあるのか。

その点、社長は話していなかったが、警察・消防の話では、現時点では従業員ではない、そして元従業員でもないという。

<引用元:FNNニュース>

 

上記の通り、京アニの社長宛てに殺人予告を含む嫌がらせのメールが届いていたことも明らかになっています。

しかし上記の社長のコメントでは今回の犯人と同一人物というよりは、複数のアンチからのメールを示唆しているようにも感じます。

 

よって特定の画像もありません。

 

身柄確保された男の犯行動機と、殺人予告との関連の調べが待たれます。

広告




 




[adcode]

いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります




コメントを残す

*