【加藤浩次】スッキリで吉本退社の4つの理由や会談で勝ち取った条件「元よしもとになってる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

宮迫さん・田村亮さんの記者会見に端を発した、吉本興業の大激震。

 

日本テレビ「スッキリ」で加藤浩次さんが「吉本を辞める」と激怒したことから、吉本大崎会長とのトップ会談が行われました。

話し合いの結果はどうだったのか、スッキリで吉本退社を発表するのか、その理由も確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








加藤浩次が吉本・大崎会長とトップ会談

 

日本テレビ「スッキリ」でMCを務める、極楽とんぼ・加藤浩次さんが、宮迫さん・田村亮さんらの記者会見での吉本興業の告発を受けて、吉本興業に対して激怒したことは記憶に新しいです。

 

この激怒の際に「吉本を辞める」と断言していたことから、7月23日に東京吉本で加藤浩次さんと大崎会長トップ会談が実現し、4時間以上もの話し合いの末、加藤浩次さんは帰宅しました。

 

加藤浩次さんのファンならずとも、吉本を辞める(退社)のか注目が集まります。

 

闇営業問題に端を発した騒動で揺れる吉本興業の東京本社(新宿区)と劇場、なんばグランド花月(通称・NGK、大阪市中央区)に何者からか爆破予告があったことが23日、分かった。いずれも岡本昭彦社長(52)が22日に謝罪会見を開く直前の出来事だった。一方で経営陣に辞任を求めるお笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(50)が東京本社で大崎洋会長(65)と3時間超の会談を行った。まさに内憂外患の吉本に激震が走る中、24日に会談の内容を報告する加藤の発言に注目が集まる。

反社会勢力から金銭を受け取る闇営業問題に端を発し、岡本社長のグダグダ会見でさらなる逆風を浴びるお笑い帝国が、卑劣な犯行予告の直撃を受けていた。

複数の関係者によると、東京本社に爆破予告があったのは22日午前。岡本社長が謝罪会見を開く直前だった。電話かメールで「吉本本社を爆破する」という内容の予告があり、社内にいた社員や芸人の間にただならぬ緊張が走った。

同社は水面下で警視庁に通報したようだが、被害届を出したかは不明。芸人の1人はサンケイスポーツに「聞いたときは、ひどいことをすると思った。予告の日時など詳しいことは分からない」と明かした。23日夜の時点で爆発物などの不審物は見つかっていないという。

大阪本社と隣接するNGKにも同様の爆破予告が。同一犯かは判明していないが、関係者の1人は「話は耳にしたが、上層部しか把握していないので詳細は分からない」と眉をひそめた。ただ、東京本社と同じく不審物は見つかっていない。

関係者によると、騒動が勃発した6月初旬から東西両本社や全国の支社などに苦情電話が殺到。社長会見を受けてさらなる批判が渦巻く中での爆破予告発覚に、社内は大混乱をきたしている。

それに拍車をかけているのが、芸人たちの不満だ。急先鋒はMCを務める日本テレビ系「スッキリ」の22日放送で、「こんな会社あるのか。経営側、絶対変わらなきゃ駄目。でないと僕は退社します」とトップ2人の辞任要求をした加藤。

社長会見を受けて、この日の番組でも「何であんなグダグダなんだ。会見の場で(質問の回答が)『あとで聞いときます』っていうのはないよね」と皮肉交じりに語り、「きょう会長と話します。気持ちは決まっている」と決意表明した。

その言葉通り、午後5時50分頃、東京本社にタクシーで到着し、大崎会長と広報担当社員の3人で3時間超にわたり会談した。自身の退社を懸けて会長、社長の辞任を求め、芸人ファーストを実現するための、吉本の悪しき体質を改善する具体策や口頭契約の撲滅などを訴えたとみられる。

そして午後9時47分、東京都内の自宅に戻った。報道陣から「どんな話をしたのか」と矢継ぎ早の質問を受けるも無言。表情は穏やかで、「あす(24日)話しますか?」と聞かれると「はい」と返答した。会談内容は、24日放送の「スッキリ」で激白するが、何らの条件を勝ち取った可能性はある。

ただ、岡本社長のパワハラ発言を告発し、契約解除されながら、処分撤回を約束された雨上がり決死隊の宮迫博之(49)とロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)は吉本に復帰表明をいまだしていない。

それだけに加藤と大崎会長の会談が決裂すれば、会社が真っ二つに割れる事態も起こりうる。吉本は絶体絶命の正念場を迎えている。

<出典:サンスポ>

 

スッキリで吉本退社の報告か、理由は?

加藤浩次さんは、会談を終えて帰宅の際に24日放送のスッキリでこの会談内容について話すとしています。

 

ネット上では加藤浩次さんが退社して独立するとの見方が多いようです。

その見方の理由としては、

 

  • テレビで「(社長らが変わらないなら)吉本を辞める」「気持ちは決まっている」と明言していること
  • 一芸人の発言で、社長や会長が辞めるとは思えない
  • 体制維持を訴えた松本人志の面子
  • 説得等で加藤浩次さんが残留したら、みんなが加藤浩次さんを叩きだすのではないか

 

と考えている人が多いようです。

加藤浩次さんが振り上げた拳を下ろせない状況というのも透けて見え、加藤浩次さんにとっても吉本興業にとっても大ピンチであることは変わりありません。

しかし、それと同時に加藤浩次さんを声を上げて以降、続々と吉本に変化を求める所属芸人が声を上げており、加藤浩次さんのバックには相当数の芸人がついていることも予測されます。

 

松本人志さんの「動きます」もこのような加藤浩次さんの行動の牽制だったような気がします。

 

 

広告




 

勝ち取った条件とは

 

上記サンスポでは、加藤浩次さんが大崎会長との会談で「何らかの条件」を勝ち取ったのではないかとしています。

 

帰宅時の表情からも、どこか「してやった!」と悪意さえ感じる表情がわかりますw

 

 

勝ち取った条件については明らかになっていませんが、加藤浩次さんの決意そして、宮迫さん・田村亮さんへの好意の責任を取るのにある程度期間を設けることも考えられます。

また、契約面や給料面で売れない芸人の処遇改善を取り付けることも考えられます。

 

 

例えば、半年なり一年なりの期間を設定し、公約を掲げそれを達成して岡本社長・大崎会長の交代、それが達成されなければ加藤浩次さんが退社であるとか。(あくまでも個人的な推測です)

 

 

また山本圭壱さんは自身のインスタで意味深投稿をしています。

加藤浩次さんへの応援と思われますが、事前に退社確定の話をしていたのでしょうか

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

この世は極楽 空にはとんぼ 極楽とんぼでした! #極楽とんぼ #加藤浩次 #山本圭壱

極楽とんぼ 山本圭壱 /吉本坂46さん(@yamamogt)がシェアした投稿 –


何れにしても24日のスッキリでその会談の全容が明らかになることでしょう。

広告




 




 

 

 

 

退社は保留となる・追記


加藤浩次さんは24日のスッキリで、自身の吉本興業の退社は保留となったことを明かしました。

その理由としては、話し合いが平行線のままだったこととしています。

 

しかし、大崎会長はあの岡本社長の記者会見は悪いと思っていないことも明らかになり、一般的な感覚とのズレは感じます。

やはりこのままでは吉本興業の未来は不安がのぞき、加藤浩次さんはこの状態であればやはり退社する可能性が高そうです。

 

いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*