【江田島市】海上自衛隊員が熱中症で倒れた最高気温がヤバい『鍛え抜かれた自衛隊員ですら熱中症に』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

広島県江田島市海上自衛隊の隊員が熱中症と見られる症状で、訓練中に体調を崩し一時意識不明となったと報じられました。

 

屈強な訓練を行っている自衛隊員ですら倒れてしまった、場所や画像、当時の江田島市の最高気温を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








江田島市・海上自衛隊員が熱中症で一時意識不明

 

広島県江田島市で、訓練中の海上自衛隊員が、熱中症と見られる症状で体調をくずすアクシデントがありました。

 

しかも9人中2人が意識不明になるとの事で、訓練中といえど、水分補給などはどうなっていたのでしょうか

現在は意識を取り戻していると言うことです。

 

 

2日午前、広島県江田島市で海上自衛隊の男性隊員9人が訓練中に熱中症の症状を訴えて手当てを受けました。このうち2人は一時、意識不明となりました。

午前11時すぎ、江田島市にある海上自衛隊の第一術科学校で10代から20代の男性隊員9人がボートの訓練中に熱中症の症状を訴えました。このうち2人は意識不明で病院に搬送されましたが、現在は意識を取り戻して回復傾向だということです。

<出典:テレ朝ニュース>

 

 

熱中症で倒れた場所は?

 

 

海上自衛隊員が熱中症に見舞われたのは、広島県江田島市だとされています。

江田島市には第一術科学校があり、ここからボートに乗ってカッターと呼ばれる訓練に出ていたとされています。

 


 

ボートの訓練中だということですので、海上での訓練であった可能性が高そうです。

海の上は日差しを遮る物がありませんので、風が吹かなくなるとかなりの暑さになることは容易に想像できます。

 

訓練中で、こまめな水分補給などがしづらい状況にあった可能性もありますが、その辺については明らかになっていません。

 

広告




 

江田島市の最高気温は?

 

8月2日の江田島市の最高気温は11時で35.6℃とされています。

 

2日午前、広島県江田島市で海上自衛隊の隊員8人が熱中症の疑いで病院に搬送され、消防によりますと、20代の男性1人が意識不明の重体になっています。8人は海上でボートの訓練をしていたということで、消防が詳しい状況を調べています。

2日午前11時すぎ広島県江田島市で「隊員の1人に脱水症状があり、意識がない」と海上自衛隊から消防に通報がありました。

現場で熱中症の症状を訴えた自衛隊員8人が病院に搬送され、消防によりますと、このうち20代の男性1人が意識不明の重体だということです。

8人は海上自衛隊呉教育隊に所属する隊員で、海上で「カッター」と呼ばれるボートに乗って訓練をしていたところ体調不良を訴え、自衛隊の敷地に戻ったあと搬送されたということです。

江田島市消防本部によりますと、庁舎の屋上に設置している観測機器で午前11時の気温が35度6分を観測していたということです。

消防が当時の詳しい状況を調べています。

<引用元:NHKニュース>

 

江田島市に限らず、日本全国で熱中症で倒れる人が相次いでおり、体力ある自衛隊員でも倒れたことで改めてその暑さが猛威を振るっていることが分かります。

 

広告




 




 

 

いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*