【訃報】白石奈緒美の死因と家族(夫・子供)画像は?最近と若い時の画像が美人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女優の白石奈緒美さんが、8月3日に亡くなっていたという訃報が入ってきました。

 

白石奈緒美さんの家族子供)、最近画像若い時画像を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








女優・白石奈緒美さんが虚血性心不全で亡くなる

女優で料理研究家としても知られた、白石奈緒美さんが、8月3日に亡くなっていたという訃報が入ってきました。

 

白石奈緒美さんといえばカナダ出身の帰国子女で、どこか気品あるたたずまいが印象的な方でした。

 

昨年までは仕事の様子が周囲の方々から伝えられていましたが、晩年はどのような生活を送っていたのでしょうか。

 

 

女優で料理研究家の白石奈緒美さんが3日、虚血性心不全のため東京都調布市の自宅で亡くなったことが分かった。84歳だった。6日、所属事務所が発表した。
白石さんはカナダ出身。朗読劇「女の一生」などの舞台や「暴れん坊将軍シリーズ」などテレビの時代劇で活躍していた。
2009年に他界した俳優の森繁久彌さんが日本俳優連合の会長を務めていた80年代には理事を務め、後進の世話役として尽力した。
葬儀・告別式は7日午後1時から東京・杉並区の妙法寺堀之内静堂で行われ、喪主は弟の恵一氏が務める。

<出典:日刊スポーツ>

 

白石奈緒美の死因と家族(夫・子供)は?

 

白石奈緒美さんの死因虚血性心不全だとされています。

 

心不全は体のむくみや息切れなど、看病する側にとっても大変苦しそうな姿を目の当たりにする病気です。

(→後述の通り、急性だった可能性がありそうです)

 

白石奈緒美さんの最期を看取ったと思われる家族夫や子供)についてはあまり知られていません。

 

白石奈緒美さんは、武蔵野女子大学 国文科卒業を卒業後、昭和30年にTBS放送劇団第4期生、その後東宝入社を経て、昭和34年にフリーになったと言われています。

 

これまでに出演された著名な作品といえば、

 

  • 『あ・うん』
  • 『鬼平犯科長』
  • 『必殺仕事人』

 

などが有名です。

 

白石奈緒美さんは結婚されており、は元テレ朝プロデューサーの中島力さんという男性です。

 

中島力さんの画像はこちらです。

 

中島力画像(右から2番目)

 

実は中島さんは、テレ朝を退職する前、テレビ朝日福祉文化事業団の事務局長を務めていた。その際、多くのお年寄りと接するうち、何か自分でもお手伝いできないだろうかとの思いで雑誌を創刊されるに至ったという。それが介護福祉の専門誌、月刊『高齢社会ジャーナル』である。
愛妻の女優・白石奈緒美さんと二人三脚でこの雑誌を立ち上げ、十七年間にわたり続けてこられたのには頭が下がる

<引用元:http://www.seiryupub.co.jp/blog/2005/09/20059.html>

 

子供については詳細な情報がなく不明です。

また喪主は弟が務めるということで、夫の中島力さんが現在どうされているのかも不明です。

 

広告




 

白石奈緒美の若い時の画像が美人

 

白石奈緒美さんはカナダからの帰国子女だと言われており、その目鼻立ちがくっきりした顔が印象的ですね。

 

下記画像は、若い時の画像(33歳のころだとされてツイートされている?)です。

年齢については正確かどうかはわかりませんが、当時は日本人離れした美人だと認識されていたのではないでしょうか。

 

若い時の画像

 

 

また、読売新聞にも若い時の画像が掲載されています。

 

広告




 




白石奈緒美の最近の画像は?

 

白石奈緒美さんの最近の活動は昨年の分まではご一緒された方がツイッターなどで画像ツイートしています。

 

下記画像は2017年と2018年ですので、昨年まではお元気にされていたことがわかります。

 

 

もともと心臓を悪くされていたのか、急に悪くなったのかはわかりませんが、これまでのご活躍を考えるとゆっくり休んでいただきたいですね。

 

心より御冥福をお祈りします。

 

 

仕事を終え急死していたか・追記

 

白石奈緒美さんの訃報について次のようなツイートがあります。

 

 


このピープルシアターの朗読公演はこちらです。

 



 

上記案内では、8月2日の15:00から黒木佳奈さんとの朗読公演が予定されており、これを終えて自宅で亡くなった可能性がありそうです。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*