【札幌】熊をハンターが駆除(射殺)した場所と画像は?「可哀想」「せつない」など複雑な声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

札幌市南区の住宅地にが出没していた問題で、8月14日、ハンターによって射殺(駆除)されたことが明らかになりました。

 

熊が駆除された場所と、駆除に「可哀想」など複雑なネットの反応を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








札幌市南区の熊をハンターが駆除(射殺)

 

札幌市南区の住宅地にが出没していた問題で、8月14日朝、ハンターが駆除(射殺)したことが報じられました。

 

麻酔銃で山に返すなどの方法が取られず、駆除という手段に至ったことは熊の状況を考えるとかわいそうな気もし、多くの同様の意見もでています。

札幌市南区の方々にとっては、不安な日々を過ごされたでしょうからひとまず少し安心したところでしょう。

 

残りの熊も駆除の方針なのかもしれませんが、自治体に委ねるしかなさそうです。

 

 

14日午前6時ごろ、札幌市南区藤野6の山林にいたクマ1頭を、北海道猟友会札幌支部のハンターが猟銃で駆除した。

札幌市によると、市が銃でクマを駆除したのは2013年以来6年ぶり。駆除したクマはメスとみられ、体長約1・5メートル。市は、今月上旬から出没していたクマと同じ個体と確認した。

クマは、今月上旬から南区藤野や簾舞地区の住宅街に頻繁に出没。南区では8月に入り、12日までに目撃情報が計22件に及んだ。

住宅地にも相次いで出没したことから、市は10日、藤野地区に箱わなを2台設置。しかし、12日になってもわなでは捕獲できず、住宅地の庭でトウモロコシを食べるなどしたため、市は住民への危険性が高まったと判断し、猟銃による駆除に踏み切った。

<出典:北海度新聞>

 

熊が射殺(駆除)された場所と画像は?

 

札幌市南区では、連日、住宅街でクマが目撃され住民から不安の声が上がっていましたが、14日朝、クマを見つけた猟友会のメンバーが発砲し、クマが死んでいることを確認したということです。市によりますと、周辺に出没していたメスと確認されましたが、ほかにもクマがいる可能性があり警戒が続いています。

警察や札幌市によりますと南区の藤野地区と隣接する簾舞地区では今月3日の深夜以降クマが連日出没し13日は、藤野地区にある高校で目撃されたほか夜には、NHKの取材班が住宅の家庭菜園で、トウモロコシを食べる、クマの姿を目撃しました。

住宅街での相次ぐクマの目撃に、来週からは小学校で授業が始まることから、子どもたちの安全を心配する声があがっていました。

警察や市によりますと、こうした中、14日、午前6時すぎ、きのうクマの目撃があった高校からおよそ1キロほどのパークゴルフ場付近で、猟友会のメンバーがクマを見つけました。

そして、住宅街から離れていたことから猟銃で3発発砲し、クマが死んでいることを確認したということです。

札幌市によりますと、外見などから、周辺に出没していたメスだと確認されましたが、ほかにもクマがいる可能性があり警戒が続いています。

<引用元:NHKニュース>

 

熊がハンターによって駆除された場所は、札幌市南区藤野6条4丁目付近だとNHKで報じています。

 

藤野地区は熊の目撃情報が複数あった場所で、この付近で餌を求めてウロウロしていたのかもしれません。

 

東・西・南側に山がありますので、これらの山に暮らしていた熊なのでしょうか。

 

駆除の場所は後述のツイッターでNHKのニュース画像が一部確認できますが、公式な画像明らかになっていません。

 

広告








射殺(駆除)に「かわいそう」の声

 

住民の方々にとっては不安の毎日であった熊の出没。

しかし、全国の多くの方々にとってはテレビの中の出来事と感じるのも無理はありません。

 

駆除のニュースに「可哀想」と複雑な胸中の投稿も相次いでいます。

 

 

我々人間の親子のダブらせてみてしまうと確かに可哀想には感じますが、被害が出る前の英断だったと考えたいと思います。

 

ネットの反応

 

 

 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

1頭でも駆除されずに、人間と共存できるようになっていくといいですね。

札幌の皆さんは引き続き熊の出没には気をつけていただきたいと思います。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

  1. 紀伊 より:

    これだけ真逆な意見を持つ人がいるのにビックリ。
    これじゃ誰も町内会長やりたがらないのも解ります。

  2. 久保 宏 より:

    かわいそう、もし、その熊に自分の子供が襲われ殺されたら悠長なこと言えますか?

  3. shan より:

    札幌在住の者です。

     ヒグマが殺されたのは本当に可哀想だと思います。

     ただ、このヒグマの駆除に異を唱えている人はヒグマがどれほど危険な動物か全く理解していないと思います。”何もしていないのに駆除する必要があるのか..”という類の意見には本当にうんざりします。”何もしていない”..何かした後では遅いのです。ここでいうヒグマが”何かをする”ということは多くの場合は”人が襲われる=人が殺される”という事です。ヒグマはツキノワグマとは全く違います。ツキノワグマは襲われても助かるケースも多いと思いますが、ヒグマの場合は襲われた場合、助かる可能性はかなり低いです(稀に運のいい人もいますが)。

     極端な例をいうともし家の周辺を虎がうろついていたらどうしますか?まだ”何もしていないから”と静観できますか?あなたの子どもが運悪くその虎と出くわして殺されてしまっても”あの虎は今までは何もしていなかったから、駆除されなかったのは仕方がないことだ。私の子どもは運が悪かった”と納得できますか?ヒグマと虎は違うと思うかもしれませんが、ヒグマが人に近づき過ぎた場合..それぐらい危険な動物なんです。実際に北海道では開拓史以来数多くの犠牲者がでています(人が捕食されるケースも珍しくありません)。

     クマは人との不運な遭遇により、自分の身を守るために人を襲うこともあります。また背中を向けて逃げる動物を追いかける本能もあります(クマと遭遇して背中を向けて逃げることが最も危険な事といわれています)。

     これからはヒグマとの共存も真剣に考えていく必要があるのかもしれませんが、現段階では駆除は仕方がないことです。

     私も何もしていないクマが殺されるのは私も本当に可哀想だと思います。心が痛みます。でも人に被害があってからでは遅いのです。私は自分の大切な人達を守るために駆除はやむを得なかったと思います。

    P.S
     クマがこれほどまでに人里に降りてきた理由の一つはクマの絶対数が増えていることもあるようです。北海道で1960年代からおこなわれていた春クマ駆除を絶滅に近い状況になったため、1990年代にやめたためるためのようです(山に食べ物がなくなったという単純な理由ではなさそうです。)。

  4. 関係の無い人が可哀想と言える より:

    :徘徊してるだけで何もしていない
    厳戒体制で近所の住人を家に閉じこめてたから熊が何も警戒せずに悠々と徘徊出来てただけ、住宅敷地内の木の実や家庭菜園の物を食い荒らしてる
    :麻酔銃で眠らせて山に還してやれ
    麻酔が効くまで30分から1時間以上要する、それまでに撃たれた熊はビックリしてパニックになって暴れる可能性が有り、本気出した熊は簡単に民家の外壁材を破壊する力がある、家の中に居る人にも危険が及ぶ可能性が有るから出来ない、山まで誰が運ぶの?輸送費用は?
    近くの山に放したってまた住宅地に戻ってくる、熊は自分で探し得た餌場は自分の縄張りと認識する例え住宅地でもだ、なので捕獲出来たとしてもかなりの遠方の山に放すか駆除しか方法は無い、それで掛かる費用を考えると通常は駆除の一択となる

  5. みーちゃん より:

    ヒグマ駆除はやむを得ない。人間に被害がでたら、だれが責任を負うのか?綺麗事は、カラスや鳩、野良猫に勝手に餌を与え、周りの住民の迷惑を省みないエセ動物愛護団体といっしょだ。人間の安全こそ、最重要だ。

コメントを残す

*