【大分】大谷渓谷BBQの18人を孤立から救助の画像や税金は?『どれだけの税金が使われたのか』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

大分県・玖珠町の大谷渓谷孤立していたBBQの18人が全員無事に救助されたことが速報で報じられました。

 

救助されたBBQの18人の様子の画像や、今回の救助に投入された税金を心配する声や受難者に対する複雑な心境な意見も多く出ています。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








大分県・大谷渓谷に孤立のBBQの18人を全員救助

大分県大谷渓谷で8月14日に訪れて、増水により孤立していたBBQの18人が午前8時過ぎに全員無事に救助されたことがわかりました。

 

この18人は未成年者11人(うち赤ちゃん1人)を含んでおり、数日前から台風接近の注意喚起が各メディアから報じられていたにも関わらずの孤立ということで、ニュースの視聴者やネットユーザーから多くの非難の声(救助を素直に喜べない?)が出ています。

まずは、救助で子供達の命も誰一人失うことなく助かったことについては本当に良かったと思います。

 

また、レスキューの方々も台風の暴風雨の中本当にご苦労様でした。

 

 

台風による雨の影響で、大分県玖珠町の渓谷でバーベキューをしていた子どもを含む18人が14日から孤立状態となっていたが、先ほど全員が発見され無事に救助された。

警察などによると、一行は14日、大分県玖珠町にある大谷渓谷の近くでバーベキューをしていたところ、近くの奈女川が急激に増水したため、動けなくなったとみられている。雨などの影響で救助活動は一時中断されていたが、午前7時過ぎに再開され、先ほど全員救助されたということだ。

<出典:アベマタイムス>

 

【大分】大谷渓谷バーベキューの18人孤立は佐賀の観光客?画像と原因『幼女達が可哀想』批判の声

 

BBQの18人を全員救助の画像は?

 

BBQの18人の全員救助の様子は、朝の情報番組で一部報じられたようです。

 

今朝の大谷渓谷の様子の画像

 

プライバシーの観点もあり全ては掲載できませんが、ツイッター上にもその画像が投稿されています。

 

救助の画像

 

子供達も一晩怖い思いをしたでしょう。

 

広告








全員救助に対する税金投入に不満の声

 

全員無事に救助という、これ以上ない最善の結果となりましたが、ネット上では台風接近が明らかにも関わらずBBQへ出かけた18人に対して、複雑な気持ちが多く投稿されています。

 

その中には、今回の救助費用に対して多額の税金が投入されていることに言及しているものの多くあります。

 

 

 

ネット上では「DQNの川流れ」というワードがトレンド入りし、20年前の玄倉川水難事故についても多く意見が確認できます。

 

玄倉川水難事故では、当時の朝日新聞朝刊によれば、

 

救助や捜索に要した費用のうち、地元自治体である山北町が負担した額は4800万円、神奈川県警察が要した費用は同日道志川で発生した別件の水難事故1件と併せ人件費のみで1億円となった。これらの費用はすべて公費負担された

<引用元:ウィキペディア>

 

と、多額の税金が投入されたようです。

 

被害者(受難者)でありながら非難されるという異例の事故であったとされています。

こういった前例が、今回のBBQの18人とダブってしまうのも無理はありません。

 

 

ネットの反応



最後に

 

いかがでしたでしょうか?

救助された18人には、今後は自然の脅威をしっかり見極められるようにして、救われた命を大切にしていってほしいですね。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*