スマホのナビアプリ どこまで信用、信頼できますか?頼るまえに大事なこと

こんにちは!

自分のスマホにナビアプリをダウンロードしている方、

多いんじゃないでしょうか?

本日9月4日のニュースにナビを過信し、

高速道路に侵入して死亡するという事故が増えているというニュースがありました!

アプリはどこまで信用していいのでしょうか?

使用以前に大事なことをお伝えします。

 

 

スポンサーリンク



 

■■事故の経緯■■

今回、ニュースになったのはこちら

国交省によると、

 

・高速道路への誤進入は11~16年度で全国で計1万8443件

・割合は徒歩が半数、原付きバイクが約3割、自転車が約2割

・年代別で20代が18%、70代が16%、60代が9%

・誤進入による事故で、14~16年に計13人が死亡

 

この背景には、スマホのナビアプリの普及と、そのナビの過信によるものがあるようです。

 

 

■■人気のナビアプリの注意点■■

ナビアプリは確かに便利ですよね^^

私もインストールしていて、徒歩でも、見知らぬ土地へ行くときは、利用しています。

 

現在iPhoneへダウンロードされている人気のアプリ2トップは以下の通りです。

 

●第1位●

グーグルマップ

言わずと知れた、地図やナビの王道アプリです。これいれときゃ間違いないくらい、役に立ちます。

●第2位●

Yahoo!カーナビ

こちらも王道、困ったときはYahoo!で調べる!混雑状況をリアルタイムで教えてくれる

賢いアプリです。

 

それでは上記の人気アプリ、

利用ユーザーは何の不自由もなく利用できているのでしょうか?

評価欄から、

この誤進入と関連付けられる評価コメントが無いか確認してみました。

 

■■実際の利用者の声■■

・目的地が営業時間外だった場合は教えてくれます。見やすくて使いやすいです。
しかし、車が通れないところを案内される。
田舎の細い道が多い地域ではこれは致命的。
Uターンもできないような所、行き止まり、車の走る道じゃない道。
そんな所を案内される。

・GPSをONにしないとあらぬ方向に進んで、同行している上司にボロくそ叩かれるので注意が必要です。

 

全体と比べると少数派ですが、上記のように利用には注意を擁する場面もあるようです。

 

■■アプリに頼るまえに大事なこと■■

 

おそらく子供も知っていることですが、

 

道路は危険です!

車は鉄の塊です!!

 

アプリは道順は知っていても、

あなたの正確な位置情報をミリ単位で把握しているわけではありません。

 

あくまでもアシスト機能として、

機械に使われるのではなく、使いこなすようになりたいものです。

 

 

 

 

スポンサーリンク




 

 

■■さいごに■■

今一度、子供のころに習った、安全教室を思い出して、

身の回りの安全と危険に目を向けてみましょうね^^

 

トップページ
ニュース・芸能の記事一覧

スポンサーリンク



 

最新情報をチェックしよう!
広告