【東北新幹線】はやぶさ46号でドアが開いたままの画像は?車内アナウンスなし?『ヤバすぎでしょ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

JR東日本によると、8月21日の東北新幹線はやぶさ46号でドアが開いたまま走行していたことが明らかになりました。

 

ドアが開いていた原因や、その時の画像、車内アナウンスがなかったとのツイートを確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








東北新幹線・はやぶさ46号がドア開いたまま走行

8月21日午前、東京行きの東北新幹線はやぶさ46号ドアが開いたまま走行していたことが明らかになりました。

 

ドアが開いたままという恐怖しか覚えない状況ですが、けが人はなく、JR東日本は当初しまっていたと説明していたようですが、後で開いていたと訂正したようです。

 

21日午前10時15分ごろ、東北新幹線の仙台発東京行きはやぶさ46号が、仙台―白石蔵王間を時速約280キロで走行中に9号車の進行方向右側のドアが開いたことを示す表示が出たため、運転士が緊急停止させた。

車掌が点検した結果、ほぼ開いた状態だった。車掌がドアを閉めて安全を確認し、はやぶさは約15分後に運転を再開した。けが人はいなかった。

JR東日本によると、仙台駅出発前の清掃時に、作業員がドアコックと呼ばれる手動でドアを開けるための装置を閉め忘れたのが原因だった。

仙台駅を出発した時点ではドアは閉まっており、乗務員は閉め忘れに気付くことはできなかった。ドアはその後、走行中に開いたとみられる。

乗客約340人がいたが、デッキ周辺に乗客はおらず、線路に降りた形跡もなかった。JR東は、コックの閉め忘れやデッキの状況を防犯カメラの映像で確認した。

はやぶさ46号はE5系の10両編成。緊急停止したのは宮城県柴田町のトンネル内だった。東京駅には定刻から19分遅れで到着した。トラブルのため計7本に最大28分の遅れが出て、約3300人に影響した。

JR東は当初、ドアは閉まっていたと説明していたが、修正した。

<出典:日本経済新聞>

 

ドアが開いていた画像と原因は?

 

東北新幹線はやぶさ46号ドアが開いていたのは、走行中で、宮城県柴田町のトンネル内で緊急停止したとされています。

 

 

こちらの地図で北西側に約5キロほどトンネルがあることが確認できます。

この中で緊急停止したものと思われます。

 

実際にドアが開いていた時の画像公開されていません。

 

 

原因は、清掃員がコックを閉め忘れたことだとされていますが、線路に投げ出された乗客がいなくて本当に良かったと思います。

 

 

↑まったくその通りです。

 

ヤフー知恵袋で新幹線のドアが開くことを質問していた人がいた

 

ヤフー知恵袋には、過去に、新幹線のドアが急に開くことはないかを質問していた人がいらっしゃいます。

 

ヤフー知恵袋

 

電車のドアが走行中に開くことはないですか。私の目の前にいる人が背中をドアにつけて、体重をドアに預けています。ドアが開いてしまったら、線路にまっ逆さまです。
目を閉じて、安心しきっているようです。突然開いたりしないですよね。

ベストアンサー

基本的には開きません。『基本的に』と言うのは実際に走行中に開戸する事故があったからです。東急大井町線大井町駅発車直後にジャンパ線と言う電車と電車繋ぐ際に使う電気回路があるのですが、端子部で(ふたがしてあるのですが内部で結露が発生し)ショートし、ドアのロックがはずれ開戸してしまいました。(なお事故の車両は後日廃車されました。)この件での死傷者はいませんでした。詳しくは国交省の鉄道事故調査委員会かググるさんで聞いてみて下さい。
–補足–
teisco7さんが言っている件に関しては対策がちゃんと取られています。
ドアの下にあるレールの外側にある銀色の固まりがドアの押さえです。最近はドアのばたつきを押さえるためにもあります。
中央線の乗客転落事故はたしか戦後すぐに起きた事故で乗客の圧力に耐えられずに木製のドアが真ん中からくの字に曲がって外れました。またこの事故から木製から鋼鉄製に切り替えました。

<引用元:Yahoo!知恵袋>

 

心配していた事例が発生してしまった形ですね。

 

広告








ドアが開いたまま走行でも車内アナウンスなかった?

 

また、車内にいた人たちもさぞかし怖かったのではと思いきや、次のようなツイートがあります。

 

 

これが事実だとすれば、乗客としても車内アナウンスできちんと伝えて欲しいところでしょう。

しかし、上述の通り、JRは当初ドアは閉まっていたとしていたことから、まさか開いていたとは思わなかったことから、「ドアの点検」として正確な車内アナウンスにならなかったのかもしれません。

 

ネットの反応


最後に

 

いかがでしたでしょうか?

 

重ね重ねになりますが、本当にけが人がいなくて良かったです。

これがお盆時期の乗車率100%以上の日だと想像すると大惨事になりかねません。

再発防止を願いたいと思います。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*