【ASKA】チャゲアス脱退の理由とチャゲのコメントが悲しい『心は人をも変えるんだね』の声

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

チャゲアスことチャゲ&飛鳥(CHAGE&ASKA)のASKA(飛鳥涼)さんが、チャゲアスから脱退することを発表しました。

 

ASKAさんがチャゲアスを脱退する理由と、悲しいチャゲさんのコメントを確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








ASKAがチャゲアス脱退を発表

 

チャゲアスことチャゲ&飛鳥(CHAGE&ASKA)のASKA(飛鳥涼)さんが公式ホームページで、チャゲアスから脱退することを発表しました。

チャゲアスの復帰を待ち望んでいたファンにとっては大変残念な発表となったことは間違いありません。

 

なぜ、脱退という道を選んだのかその理由や、チャゲさんのコメントも気になります。

 

 

 

歌手のASKAさん(61)が25日、活動を休止していたCHAGE and ASKAの脱退を、公式ホームページで発表した。

この日は、「チャゲ&飛鳥」として「ひとり咲き」でデビュー(1979年8月25日)して40年の記念の日。

スタッフ一同の名で「関係者各位」の題で出された発表では、これまでのファンの応援に感謝した上で、「今後の活動を継続していく中で、CHAGE and ASKAというグループを維持していくことが最善の選択なのか、ASKA及びスタッフ一同で話し合った結果、デビュー日という本日をもちまして、CHAGE and ASKA からの脱退を選択することとなりました。CHAGE and ASKAの復活を待ち望んで下さった皆様には、とても残念なお知らせとなってしまいました事、心よりお詫び申し上げます。」としている。

脱退後の活動については、「今後は、ソロ活動に邁進していく所存でございますので、変わらぬご支援とご愛顧のほど、何卒よろしくお願い申し上げます」と結んでいる。

今月15日に取材した毎日新聞のインタビュー(「ASKAさん 封印していた『チャゲアス、19年前のソウルコンサート』 今DVD化する理由を語る」)でASKAさんは、「(CHAGEさんと一緒に)2人が再び同じステージで歌う日は来ないのですか。個人的な期待もこめて」との質問に対して、「そこに興味ありますか(笑い)。今の状態では何も言えませんね。」と答えていた。

<出典:毎日新聞>

 

 

ASKAが脱退する理由とチャゲのコメントが悲しい


ASKAさんが脱退する理由は、公式ホームページでは明らかにされていませんが、言うまでもなく2014年5月17日に覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されたことで、チャゲアスの歯車は大きく狂い始めます。

 

上記毎日新聞では、

 

そこに興味ありますか

<引用元:毎日新聞>

 

としていますが、自身のブログでは、

 

「私、『ASKA』は、『CHAGE and ASKA』から、脱退を表明いたします」

「手を替え、品を替えで、ただ延命するより、いっそ解体して、新しく積み上げることの方が建設的だと思う」

「一部の音楽業界の方々、そして我々をよく知る仲間たちには、すでに知られていた事実だったかと思います」

「2009年2月、私たち『CHAGE and ASKA』は『無期限活動停止』を発表いたしました。『解散』を決意した私が、当時のマネージメント会社から、半ば、説得されるような形になり『無期限活動停止』となりました」

「『解散』にしても『無期限活動停止』にしても、そう決断しなくてはならなくなった『理由』と、いうものがあります。しかし、その『理由』は、片方だけが語ることではありません」

「『もっと本音で、心から語り合うことができてたら』と思わざるを得ません」

「私は社会から痛烈に非難を浴びる事件を起こしてしまいましたので、本日の発表が、全て、それに結びつけられる立場にあります。それでも構わないと思っています。私が多くを語ってはならない」

<引用元:ASKA公式ブログ>

 

としており、毎日新聞の内容ではどこかチャゲアスに未練はないというか、こだわりは無い若しくは薄れているような印象を受けますが、ブログの内容からは語るに語れない苦悩の日々が続いていたことも読み取れます。

 

前日に先行公開されたブログでは、

 

「そんな大事な言葉さえ、弁護士を経由して伝えてくるあいつとの信頼関係は、もう築けません」

 

と、2人の確執・関係に関する記述もあり、修復が困難な様子もあります。

 

逮捕以前より、週刊誌で覚せい剤中毒になったいる旨の記事は出ていましたので、チャゲさんとしても所属事務所としてもある程度危機感は持っていたかもしれませんが、作品の回収など、また、その知名度の高さから世間に与えたダメージは計り知れません。

 

また、妻ではない知人女性も同じく逮捕されその関係性もイメージダウンさせた理由の一つでしょう。

 

今回、解散ではなく脱退という選択になったことについては、チャゲさんは復帰を待ち望んでチャゲアスをずっと残していたのではという憶測も当てはまりそうな気もします。

 

後述の通り、この発表があるまでは、8月25日はチャゲアスの40周年記念日ということで多くのファンから、復帰への希望も込めた祝福コメントが相次いでいました。

 

チャゲさんは自身のツイッター・インスタグラムで、

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

皆様の温かい40周年お祝いコメントを見させて頂いてます。 心からありがとうございます! #chagekimi

Chageさん(@chageshu06)がシェアした投稿 –

 

と、多くは語らないコメントを投稿していますが、内心、今からASKA脱退の発表がある直前ですので、心苦しかったのではないかと思うととても悲しいですね。

 

広告








ファンは40周年祝福ムードだったのに

 

上述の通り、発表のあった8月25日はチャゲアスの40周年記念日です。

 

ファンからは多くのコメントが投稿されていました。

 

 

 

ファンにとっては、何とも残酷な結果となってしまったのではないでしょうか。

せめてあと一回だけでも2人並んだ姿を見たかったですね。

 

 

2001年のうたばん動画がすごい 解散を予言していた?

 

ネット上には、2001年に放送されたうたばんでの20年後の質問が投稿されています。

その内容が、今回の脱退を予言していたかのようですごいです。

 

うたばんの動画

 

ネットの反応


最後に

 

いかがでしたでしょうか?

ASKAさんとチャゲさんの間に確執があるのかどうかはわかりませんが、いつかまた二人のハーモニーを聞きたいですね。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*