【イオンモール水戸内原】転落事故の場所と画像は?母親が赤ちゃんを抱いて転落か『出口側の方が一部規制』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

水戸市にある、イオンモール水戸内原で30代の母親と4ヶ月男児の赤ちゃんが立体駐車場からの転落事故が発生しました。

 

母子が転落した立体駐車場の場所画像、転落の原因は無理心中なのか確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








イオンモール水戸内原で母親と赤ちゃんが立体駐車場から転落する事故

 

家族連れや、友達や仲間同士で過ごすことができるイオンモールで悲しい事故が発生しました。

 

水戸市にあるイオンモール水戸内原立体駐車場7階あたりから、30代の母親と4ヶ月の男の子の赤ちゃん転落事故があり、赤ちゃんは死亡が確認されました。

近くにいた従業員が大きな音を聞いて発見したということで、母親は骨盤を折る重傷ですが意識はあるということです。

 

警察が転落したいきさつを調べています。

 

30日午前、水戸市の商業施設の敷地で、30代の母親と生後4か月の男の子が倒れているのがみつかり、男の子がその後、死亡しました。警察は親子が施設から転落したものとみて、詳しいいきさつを調べています。

30日午前10時すぎ、水戸市内原にある「イオンモール水戸内原」で従業員の女性が「バン」という大きな音を聞き、敷地内を確認したところコンクリートの上に女性と子どもが倒れているのが見つかりました。

警察によりますと、倒れていたのは水戸市の32歳の母親と生後4か月の息子ですぐに病院に搬送されましたが、男の子は死亡しました。

また母親も腰の骨を折る大けがをしているということですが、意識はあるということです。

警察によりますと、この商業施設は4階と5階と、それに屋上が駐車場になっていて、親子は駐車場か、駐車場とつながるスロープの部分から転落したとみられるということです。

駐車場とスロープには転落などを防ぐための壁があり、争ったような跡はみつかっていないということで、警察は母親から話を聞くなどして転落した詳しいいきさつを調べることにしています。

<出典:NHKニュース>

 

転落した立体駐車場の場所と画像は?

母親と赤ちゃんが転落した場所画像は以下の通りで、イオンモール水戸内原立体駐車場の7階あたりだとされています。

 


警察は、転落したのは7階部分か、スロープの部分からと見ているということですので、立体駐車場の外周部分(比較的道路に面した部分)から転落したのでしょう。

 

しかしこのイオンモール水戸内原をよく利用するユーザーからは、立体駐車場の構造を良く知っているからか、どうやったら転落するのかと言う疑問の声も出ています。

 

広告








転落の原因は無理心中?

 

母親と赤ちゃんが転落した原因は、警察が調べている最中ですが、転落した部分に争った形跡がないことから事件的に落とされた可能性は低そうです。

 

そうなると、自らの意思で転落した可能性が高まり、無理心中の可能性も十分にありえます。

速報レベルでは身元が不明ですので、父親(夫)がいる家族なのかは分かっていません。

 

母親が赤ちゃんを抱いたまま転落したとみられていますが、何か思いとどまることはできなかったのか、幼い命が失われたことは残念でなりません。

 

 

ネットの反応


 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

身近なイオンモールでこのような事故が発生すると、おどろきを隠せません。

亡くなった赤ちゃんのご冥福をお祈りします。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*