【鹿児島県出水市】4歳女児死亡事件の男の刺青画像がすごい 『刺青への悪い印象が』『関係ない』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

鹿児島県出水市で発生した4歳女児死亡事件で、逮捕された男(母親の交際相手)の全身刺青画像が報じられました。

 

この刺青画像に対して、ネット上では批判的な意見や刺青は関係ないとする意見が多く出ています。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

 

広告








鹿児島県出水市・4歳女児死亡事件で逮捕の男の刺青画像がすごい

鹿児島県出水市4歳女児が風呂場で水死した事件で、前日に暴行を加えたとされる男のすごい刺青が各メディア(テレビニュース)で公開されました。

 

この事件は、出水市の4歳女児の母親の交際相手の男が暴行容疑で逮捕されています。

この4歳女児は夜中に一人で歩いている様子が目撃されたり、体に複数のあざがみつかるなど、虐待の疑いも示唆されています。

 

【鹿児島県出水市明神町】4歳女児虐待死の児相の対応が悲しい『同じようなニュースが繰り返される』

 

 

鹿児島・出水市(いずみし)で4歳の女の子が、同居する母親の交際相手に暴行され、その後、死亡した事件で、女の子が、1人で家の外に出されていた様子が、度々目撃されていたことがわかった。

建設作業員・日渡駿容疑者(21)は、8月27日夜、出水市のアパートで、同居する女性の長女・大塚璃愛來(りあら)ちゃん(4)を殴った疑いが持たれていて、璃愛來ちゃんは、翌日死亡した。

近所の住民は、「女の子が外に出されていた、裸で。おびえて目も合わせてくれないし、口もきいてくれなくて」と話した。

近所の住民は、璃愛來ちゃんが雨の中、自宅の外に出されていた様子を目撃していたほか、7月まで住んでいた、薩摩川内市のアパート近くでも、夜間に1人でいた璃愛來ちゃんが保護されたことがあったという。

以前の住宅近く住民は、「ひょっとしたら、身体的虐待がないだろうか。手とかおなかとか背中を観察しました」と話した。

亡くなった璃愛來ちゃんの頭や体には、複数の傷があり、警察は関連を調べる方針。

<出典:FNNプライムオンライン>

 

 

住民問いかけに「あめを食べた」

 

FNNプライムオンラインでは、逮捕された容疑者の男(母親の交際相手)と死亡した4歳女児がピースサインで収まっている画像が公開されました。

 

まず目につくのは男の全身の刺青でしょう。

刺青に対して抵抗感の強い日本では、不快な気持ちを抱く人も多いのではないでしょうか。

 

これに対して、やはり批判的なコメントも多く確認できます。

 

  • 見た目で人を判断しちゃいけないんだけど、親になっちゃいけない容姿だね…。
  • 見た目で判断してはいけないが。
    申し訳ないがやっぱり。という悪い意味での納得感しかありません。
    明らかに自分よりも弱い人間に対して、こんな卑劣なことができるのは、性根が腐っているし、更正云々ではなく人間性の問題です。すなわち、更正の必要なし。刑務所での生活に税金が使われることすら腹立たしいです。
  • やっぱり。
    確か札幌でもあったけど殴った男は刺青ヤローだった。刺青に理解を示せと言われてもねぇ。こういう方達を少なくしていかないといつまでも刺青は日本では受け入れられない。そして亡くなった女の子のご冥福をお祈りいたします
  • 母親はこの刺青に我が子を預けて出掛けてたのか?
  • 刺青が全てダメだとは言わないけど、この人はやっぱり新しい父親になるべき人じゃないのでは?
    母親も、もっと真剣に交際相手を選ぶべき。
  • こうゆうやつがいるから、刺青は非難される
  • やっぱり人は見た目で決める事にしました。

<引用元:ヤフーコメント欄より>

 

後述のツイッターでは、刺青は関係ないという意見も多く見られますが、このような事件が発生すると、他の刺青を入れている人たちも同様に見られてしまうことは無理もなく、これでまた刺青のイメージが悪くなることは避けられないでしょう。

 

また、表情ない女児の表情も印象的です。

 

広告








住民問いかけに「(夜ごはんに)あめを食べた」

 

テレ朝ニュースの報道では、4歳女児を知る女性へのインタビューを行っていますが、この女性が「夜ごはん食べた?」という女児への問いかけに対し、

 

「あめを食べた」

 

と答えていたようです。

4歳という年齢ですので、この答え方もどこまで正確かは不明ですが、このような事件が起きてしまうと、ごはんを食べさせてもらってなかったのではないかと想像してしまいますし、女児がなんとも不憫でかわいそうですね。

 

ネットの反応


 

最後に

 

いかがでしたでしょうか?

刺青自体は事件とは関係ありませんが、刺青で自信を誇示しようとする人たちの威圧的な言動や行動の印象はなかなか拭えない部分もあるでしょう。

そういった部分が事件性とリンクしてしまうのではないでしょうか。

確かに刺青を入れていても、善良な方も多くいらっしゃいますが、そういった人たちにとっても不快で迷惑な事件となっていることでしょう。

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上にあります

広告




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*