イベント・季節

ハウステンボス2017 光るナイトプールの日程と時間、料金をチェック

こんにちは!

九州の大人気テーマパーク、ハウステンボス。

夏に特に人気なのは、『水の王国』という、水(プール)のアトラクションですが、

その中でも大人の楽しみが、

光るナイトプールです!

2017年もこの光るナイトプールは開催されますので、

気になる、日程と時間、料金を確認しておきましょう!

スポンサーリンク


 

■■ 光るナイトプールとは ■■

 

光るナイトプールとは、読んで字のごとく、

夜間にプールを照明などで演出した、プールです^^

水の王国自体がとても人気なんですが、
(水の王国についてはこちら)

日中は子供中心で訪れているお客さんが多いことは言うまでもありません。

しかし、子供の姿は比較的少なく、”大人のプール遊び”ができます^^(小さなお子さんは暗いので見失うと危険かもしれません)

カップル連れにはピッタリですね。

そして、日中の強い日差しを気にすることなく、紫外線対策も楽チンなのは女性にはうれしいですね!

 

■■ イベント内容 ■■

 

◆夜の水の王国大プール

日中同様、プールには浮き輪やビーチボールがたくさん準備してあります。

これらには光る素材が施してありますので、プールがきらきらと幻想的な雰囲気に包まれます

 

  ●場所● 水の王国(アートガーデン内にあります)

  ●時間● イルミネーションが点灯してからの開始~~22時まで(最終入場は30分前)

  ●料金● パスポートをお持ちの方が対象となります (散策チケットをお持ちの方は500円)

 

◆夜の大人のラウンジプール

こちらも日中から利用可能ですが、夜は18歳以上限定になります。

日が暮れるとプールにたくさんのピンポンがぷかぷかとちりばめられて、まさにプールの芸術、とてもきれいですよ^^

 

  ●場所● 水の王国(アートガーデン内にあります)

  ●時間● イルミネーションが点灯してからの開始~~22時まで(最終入場は30分前)

  ●料金● 1時間あたり1000円(ただしチェア、テーブル、タオル、ミネラルウォーター付です)

■■ 限定イベント ■■

大人だけのプレミアムなイベントも予定されています!

その名も

◆DJ泡パーティ

音楽とプロジェクションマッピングを楽しみながら、たくさんの泡まみれになります笑!

飲酒OKなので、盛り上がること必死ですね(酔っ払いすぎないように気をつけましょうね^^;)

 

  ●開催日● 8/4(金)・5(土)・11(金)・12(土)・18(金)・19(土)・25(金)・26(土)

※時間と料金は上記、夜の大人のラウンジプールと同じです。

 

■■ まとめ ■■

さて、毎年たくさんのお客さんでにぎわう水の王国(日中の水の王国)ですが、

今年は雰囲気が一味も二味も違った、ナイトプールに出かけられてはいかがでしょうか^^

スポンサーリンク




スポンサーリンク


としまえん 2017 ナイトプール復活の日程と有料席について

こんにちは

暑い夏に、家族や恋人と遊びに行きたいプール。

東京の人気のプールといえば、

としまえん

ですよね!

今年、ナイトプールが30年ぶりに復活するそうです!

日中とは客層も違って、有料席もあり普段は味わえない涼を味わえそうですね。

 

それでは2017年のナイトプールの日程と、ゆっくり楽しみたい方向けの有料席の確認をしておきましょう。

 

■■ 2017年としまえん ナイトプールの日程と概要 ■■

 

○営業日・時間○

7月28日(金)~8月27日(日)の金・土・日、8月11日(金)~15日(火) 夜9時まで

 

○エリア○

波のプールエリア

 

としまえんナイトプールは実に、30年ぶりの復活だそうです。

 

30年前というと、昭和63年頃ですね^^;

 

何で夜に??と思う方もいらっしゃるかと思いますが、

 

ナイトプールのいいところは、

 

◆小さい子供が少ないので、大人のプール遊びに最適

 

◆天気が良ければ、月明りと波音に癒されて雰囲気が良い(カップルにぴったり)

 

◆紫外線を気にしなくてよい

 

ということがあげられるでしょう。

 

■■ チケットと有料席 ■■

 

●ナイトプールチケット(入園+プール入場)

・大人(中学生以上)・・・1500円

・子供(3才~小学生)・・・1000円

 

上記のチケットは、ナイトプール開催日の18:00以降販売となりますので、ご注意を。

 

そして、場所取りや、時間を気にしなくていい、有料席がなんといってもおすすめです。

 

利用時間は18:00~21:00と3時間のみですが、そのために早く並ぶ必要がありません。

 

・プレミアムシート 2棟・・・8000円

・スペシャルシート 26棟・・・3500円

・プールサイドシート 33棟・・・3000円

・ファミリーシート 49棟・・・2600円

・ペアシート 31棟・・・2200円

・シングルシート 20席・・・800円

 

 

これだけ準備されていれば、ちょっとしたグループでも全員分席は確保できそうですね!

 

ただし、人気間違いナシですから、前もって準備はしておきましょう!

 

 

お墓参りの最適な時間帯とマナーを知っておきましょう

こんにちは。

生活の一つの習慣として、ご先祖やご家族、親戚のお墓参りをされる方も多いかと思います。

特にお盆となると、

ご先祖の供養をしに帰省されるかた、それを迎える家族、

日本独特の習慣でしょう。

ところで、お墓参りをするのに最適な時間帯ってあるのでしょうか。

ということで、お墓参りの時間帯について調べてみました。

 

 

■■お墓参りの時間■■

 

『お墓参りは明るいうちに』と言い伝えている地域、自然とそういう習慣になっている地域、

さまざまあるようです。

 

結論から言えば、

お墓参りに、行ってはいけない時間帯は存在しません。

つまり、○○時ごろはマナー違反、とか、

○○時ごろが一番供養できる、とかはないということです。

 

ですが、お墓参りに最適、理想的な時間帯、

というのはおおまかではありますが、存在します。

 

それは、

日中の明るい時間帯です。

 

その理由として、

 

◆夜間は足元が見えず危険(田舎では山の中や土手や崖の近くにお墓があることもあります)

◆夏場は特に朝の涼しいうちが行動しやすい

◆小さな子供を連れている場合、墓掃除などの先祖を大事にする気持ちを育ませるためには、子供が活動できる時間がよい

◆都市部などの霊園や墓地は開園時間や閉演時間があるため

◆午前中にする(一日の始まりを墓参りから始める)ことで、ご先祖様を大事にしていると考えられている

 

などがあげられます。

 

 

■■お墓参りのマナーとは■■

 

地域によってもいろいろと差はありますが。

基本的には常識の範囲内の行動をとれば、マナー違反にはならないと思います。

◆お墓をきれいにする

◆お線香をあげ、手を合わせる

◆お酒や食べ物など、お供え物をする

◆お花をかざる(造花で済ませる地域も多いです)

 

以上のことができれば、十分だと思います。

 

きっと、ご先祖様も喜んでいるでしょう。

 

 

■■例外もある■■

 

しかしながら、重ね重ねになりますが、お墓参りは地域色がでやすい習慣でもあります。

地元の人の習慣やお墓参りのマナーをあらかじめ聞いておくのが良いと思います。

 

 

私が知るだけでも、

 

◆生花にこだわる

◆お供えは置いてはいけない(霊園のルールでしょう)

◆線香やろうそくは持参

 

など、特徴のある地域もあります。

 

その地で代々、お墓を守っている方たちのやり方に合わせることも大事なんですね^^

 

■■まとめ■■

 

日本人として生きていくうえで必ず経験する、大事な習慣です。

先祖を敬って、気持ちのいいお墓参りをしたいものですね^^