訃報

【訃報】北尾光司の妻と子供(娘)の画像は?武輝道場のあの弟子とも断絶していた(2019.3.29)

元横綱でプロレスラーの北尾光司さんがすでに亡くなっていたという訃報が飛び込んできました。

 

北尾光司さんの妻や子供の画像、自身が立ち上げた武輝道場についても確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告








元横綱・北尾光司さんが死去していたと報じられる

元横綱でプロレスラーや格闘家としても活躍した双羽黒こと北尾光司さんが2月にすでに亡くなっていたことが明らかになりました。

 

死因は慢性腎不全とされています。

 

北尾光司さんといえば、22歳の若さで横綱に昇進するものの、親方との対立やおかみさんへの暴力騒動で廃業しています。

その後主戦場としたプロレス界でも数々のトラブルを起こし、1998年に格闘家としても引退をしていました。

 

大相撲の第60代横綱で、現役横綱双羽黒のまま廃業し、プロレスラーに転身した北尾光司さんが亡くなっていたことが29日、分かった。55歳だった。

北尾さんは立浪部屋から1979年(昭54)3月の春場所で初土俵を踏み、86年(昭61)1月の初場所から大関、同年9月の秋場所から横綱に昇進。横綱として8場所務めた後、87年12月にトラブルで部屋を飛び出し、その後、師匠から当時の「廃業届」が提出された。1909年(明42)に優勝制度が導入されて以降、唯一、優勝経験のない横綱となった。これをきっかけに、横綱昇進は慎重な見方をされるようになり、大関として連続優勝、またはそれに準ずる成績が求められることになった。

相撲界を離れた後、90年2月10日の新日本東京ドーム大会で、本名の「北尾光司」でプロレスデビューした。クラッシャー・バンバン・ビガロとのデビュー戦を勝利。その後、SWS、UWFインターなどにも参戦し、総合格闘家としても活動したが、98年7月にプロレス、格闘技界からも引退した。

03年9月には、自身が相撲界にいた時とは代替わりしていたが、16年ぶりに立浪部屋を訪れ、部屋のアドバイザーに就任した。その際には「名門立浪復活の手助けをしたい」と、意気込みを語っていた。

当時から師匠を務める立浪親方(元小結旭豊)は「交流はその時の一瞬で、その後は連絡を取っていなかったから、最近の様子は知らなかった」と話していた。

<引用元:日刊スポーツ>

 

[adcode]

北尾光司の妻と子供の画像は?

 

北尾光司さんは時期は不明ですが、結婚されさんがいらっしゃるという情報が確認できますが、画像など他の情報は全くありません

 

 

妻は医者で、子煩悩だとされていますがインターネット上のみの情報であり、真偽のほどは不明です。

事実だとすれば、娘さんも成人しているのではないかと思いますが、父そして夫の早すぎる死に悲しみも大きいことでしょう。

 

広告




 

北尾光司が立ち上げた武輝道場や立浪部屋は?

 

 

北尾光司さんはプロレスラーとして活動しながら武輝道場(元・北尾道場)を立ち上げ弟子を抱えていました。

 

その中の一人で、現在もドラゴンゲートで活躍するプロレスラー望月成晃さんは訃報に触れ、

 

 

と交流が全くなかったことをツイートしています。

武輝道場は北尾光司さんが引退後は、弟子でもある岡村隆志氏が引き継ぎ、その後プロレス団体・闘龍門に吸収されています。

 

また2003年には廃業騒動以来、関わりのなかった立浪部屋へも訪れアドバイザーに就任するものの、上記記事の通り立浪親方は、

 

「交流はその時の一瞬で、その後は連絡を取っていなかったから、最近の様子は知らなかった」

 

としていますので、人との繋がりを保つことが苦手なのか、その不器用さが滲み出ているような気さえしてしまいます。

 

 

波乱の人生を終えた北尾光司さんのご冥福をお祈りします。

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




 




【訃報】ショーケン死去 妻・冨田リカとのモルディブ夫婦画像「もっと早く、出逢いたかったね」(2019.3.29)

俳優のショーケンこと、萩原健一さんがGISTと呼ばれる希少ガンにより死去されました。

 

妻・冨田リカさんとのリラックスした優しい笑顔の画像と、元妻や子供を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




ショーケン(萩原健一)が若すぎる死去

俳優でショーケンの名で親しまれた萩原健一さんが、GISTと呼ばれる希少ガンで死去されるというニュースが飛び込んできました。

 

 

萩原健一さんといえば、傷だらけの天使のオープニング映像で、寝起きで朝食をワイルドに食べる姿が有名です。

また、あの名作を見たくなった方も多いのではないでしょうか。

 

68歳とあまりにも早すぎる死に驚きを隠せませんが、ショーケンといえば、2016年に「ダウンタウンなう」の本気ではしご酒のコーナーでダウンタウンや坂上忍さんと共演されていて、すでに闘病中だとは思えない語り口だったことが思い出されます。

テレビドラマ「傷だらけの天使」などの作品で知られ、「ショーケン」の愛称で親しまれた俳優で歌手の萩原健一さんが26日に死去した。68歳だった。これを受け、妻でモデルの萩原理加さんが28日、コメントを発表した。コメントは以下の通り。

「生前に、お世話になりました仕事関係の皆様、ファンの皆様に、心よりお礼申し上げます。これまで、本人の強い意向により、病のことは公表せずに参りました。最期は、とても穏やかで安らかに、ゆっくりゆっくり、眠る様に息をひきとりました。今はまだ、心の整理がついておりませんので、皆様、どうかご理解頂けると幸いと存じます」

<引用元:産経新聞>

 

[adcode]

 

ショーケン妻・冨田リカ(萩原理加)と子どもの画像は?

 

ショーケンのは、モデルの冨田リカ萩原理加)さんで2011年2月6日に結婚しています。

 

 

冨田リカさん自身も2回の離婚経験者で、ショーケンとの交際報道が出た後に、2回目の離婚だとされています。

すでに元夫との関係は終わっていたのかもしれません。

 

複数の記事によると、冨田リカさんと結婚後から、GISTの闘病生活をしていたと言うことで、表には出ていませんが楽しい夫婦生活を遅れていたのかどうかは不明です。

 

冨田リカさんと萩原健一さんの間には子供はいません

しかし、冨田リカさんには最初の夫との間に子供が一人おり、その子供は一緒に暮らしていたかどうかは明かされていません。

冨田リカさんの年齢を考えると、成人していますので同居はしていない可能性が高そうです。

 

後述しますが、ショーケンの最初の妻・小泉一十三さんの間に子供(娘)が一人いますが、著書・ショーケンの中で養育費を払っていたと明かされています。

 

あのころ、払わなければならなかったのは補償金だけじゃない。毎月、小泉一十三さんに娘の養育費を送る義務もあった。

実際には子供の養育費の支払いにも四苦八苦してたんだ。

おかげで養育費の支払いは、一回も滞らせなかった。

<引用元:ショーケン>

 

 

 

広告




 

ショーケンの元妻の画像は

 

ショーケンといえば、その女性遍歴の凄さもしばしば語られます。

 

これまでの結婚歴は4回で現在の妻が上述の冨田リカさんです。過去3回の元妻

 

 

初めての結婚は小泉一十三さんで、上述の子供(娘)が一人います。

 

小泉一十三さんの画像

 

2回目の結婚は女優のいしだあゆみさんです。

 

 

倍賞美津子さんとの不倫により、いしだあゆみさんと別れたと言われています。

 

 

3回目の結婚は一般女性(ヘアメイク)で画像はありませんが、最も長く続いた結婚とされています。

 

そして現在の妻が冨田リカさんです。

冨田リカさんとショーケンのリラックスした夫婦画像がこちらです。

 

夫婦画像

夫婦画像

 

モルディブでの画像ですが、ショーケンはリカさんに

 

「もっと早く、出逢いたかったねもっと早く、出逢いたかったね」

 

と話し、冨田リカさんの心に響いたことを明かしています。

 

 

ショーケンといえば、その逮捕歴も有名なところです。

歴代の妻たちもかなり苦労をされてきたとは思いますが、今となって思えばいい思い出に変わっているのではないでしょうか。

 

 

 

萩原健一さんのご冥福をお祈りします。

 

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




【訃報】内田裕也さん死因と最近の画像はさっしーデュエット?樹木希林の喪失感から衰弱か(2019.3.18)

ロック歌手の内田裕也さんが、3月17日に死去されたという訃報が飛び込んできました。

 

内田裕也さんの死因最近画像を確認します。

 

この記事について共感していただけた方は是非、ツイッターやLINEなどSNSシェアお願いしますm(_ _)m

広告




内田裕也が死去と報じられる

 

生涯現役のロック歌手として知られた、内田裕也さんが3月17日に死去したことが明らかになりました。

樹木希林さんの死去から半年、後を追うように旅立った内田裕也さんに、娘の也哉子さんの胸中は計り知れないでしょう。

 

好きなように生きたという言葉がぴったりの内田裕也さんのご冥福をお祈りします。

 

ロック歌手で映画俳優としても活躍した内田裕也(うちだ・ゆうや、本名内田雄也)さんが17日、東京都内で死去した。79歳。兵庫県西宮市出身。17年11月に脱水症状で倒れてから車椅子生活を余儀なくされていた。18年9月15日に妻で女優の樹木希林さん(享年75)に先立たれ、喪失感が消えない中での死となった。都知事選出馬など常に話題を提供し続けたロック界のカリスマだった。

希林さんの死から半年、波乱に満ちた“ロケンロール人生”に幕が引かれた。年明けから体調が悪化し、17日に天に召された。1995年に俳優の本木雅弘(53)と結婚した長女の也哉子(43)らが裕也さんの遺体に寄り添っていた。

晩年は病気やケガと闘う日々が続いた。16年11月に英国ロンドンのホテルの浴室で転倒し、尾てい骨を強打。17年夏には転倒して右足甲を骨折。さらに同11月に脱水症状を起こして緊急入院するなど、満身創痍(そうい)だった。

完全復帰を目指してリハビリに励んできたが、日増しに体力は低下。自身が主催する恒例の年越しライブ「ニューイヤーロックフェスティバル」にも17~18年からは車椅子で出演。執念で立ち上がり、熱唱する状況が続いていた。12年から毎年欠かさず参列していた3月11日の東日本大震災の追悼式も今年は欠席していた。

エルビス・プレスリーに憧れて高校を中退し、1957年にバンドボーイとして音楽活動をスタートさせた。幾つかのバンドを渡り歩き、66年のビートルズ日本公演では尾藤イサオ(75)らとの特別編成のバンドで前座を務めた。

同年、大阪のジャズ喫茶「ナンバ一番」で活動していた沢田研二(70)らをスカウト。これが後のザ・タイガースとなった。67年には麻生レミをボーカルに据えて結成したフラワーズにジョー山中さんらが参加し、フラワー・トラベリン・バンドとして再編成。アルバムがカナダチャートで8位を記録するなど海外でも活躍し、邦楽ロックの礎を築いた。

70年代からは映画俳優としても活躍。崔洋一監督の「十階のモスキート」(83年)、自ら脚本を手掛けた滝田洋二郎監督の「コミック雑誌なんかいらない!」(86年)など話題作に主演した。  私生活では故かまやつひろしさんの紹介で出会った希林(当時悠木千帆)さんと73年10月にスピード結婚。裕也さんの家庭内暴力などもあり、1年半で別居生活に入った。81年には一方的に離婚届を提出。希林さんが訴訟を起こし離婚成立を阻止する一幕もあった。

別居生活は43年半にも及び、裕也さんは大麻取締法違反(77年)、銃刀法違反(83年)、そして強要未遂と住居侵入容疑(11年)と3度の逮捕歴を重ねた。それでも離婚には踏み切らなかった。

2人にとってお互いは特別で最愛の存在だった。長女の也哉子が離婚しない理由を聞いた際に希林さんは「彼にはひとかけらの純なものがあるから」とし、一方の裕也さんも「一生頭が上がらない」と話していた。

91年には東京都知事選に出馬。政見放送で「パワー・トゥ・ザ・ピープル」と「コミック雑誌なんかいらない!」を歌うなど自由奔放な人生を貫き「シェキナベイベー」の名言も残した。

<引用元:スポニチ>

 

[adcode]

 

内田裕也さんの死因は精神的な衰弱?

 

内田裕也さんの死因については明らかになっていません。

娘の也哉子さんが遺体に寄り添っていたということですから、病院からは最期が近いことを告げられていたのかもしれません。

 

内田裕也さんは2017年に脱水症状で倒れてからは車椅子で生活をし、マスコミ前に車椅子姿で現れていました。

 

不自由な生活をしていたことは間違いありませんが、さらに樹木希林さんの死去により、さらに衰弱していった可能性はありそうです。

 

 

後述の京都国際映画祭でのインタビューでは、

 

「体調?大丈夫だよ」

 

と語り、事務所関係者も「だいぶ元気になりました。歩くのも大丈夫じゃないかな?」と話していましたが、、内心はかなり落ち込んでいたのかもしれません。

 

ロッケンロール魂で気丈にしていたのかもしれません。

 

広告




 

内田裕也の最近の画像は?

 

内田裕也さんの最近を振り返ってみると、樹木希林さんが亡くなった後、2018年10月に京都国際映画祭に車椅子姿で登場しています。

上述の通り、体調回復を口にしていました。

その時の画像がこちらです。

 

京都国際映画祭の画像

 

自身のツイッターでは、空席問題で話題となった沢田研二さんを応援する一言が最期のツイートとなっています。

 

 

また、歌手としてはさっしーこと指原莉乃さんとのデュエット曲が最期の曲となっています。

 

 

[adcode]

 

最後にこの記事について、是非ツイッター、ラインなどSNSシェアお願いします。シェアボタンは記事の上下にあります

広告




【訃報】川内通泰(ニッポン放送社長)の死因や家族(妻・子供)画像は?『一つの時代が終わった』

ニッポン放送社長兼会長の川内通泰さんが、3月5日に死去したことが明らかになりました。

 

川内通泰さんの死因や、家族子供)について画像を確認します。

 

スポンサーリンク




ニッポン放送社長・川内通泰さん死去 死因は大動脈解離

ニッポン放送の社長・会長である、川内通泰さんが3月5日に死去していたことが発表されました。

 

ニッポン放送は東京地区で1950年代初頭に開局した民放局に続き、1954年に財界を中心とした約200社の出資で開局した放送局で、フジサンケイグループの中核をなす会社です。

川内通泰さんの死因は、大動脈解離とされています。

大動脈と言う大きな血管の膜が裂けていく病気で、急激な血圧低下によるショック状態となり得ます。

 

 

ニッポン放送の社長、会長や東京国際映画祭のゼネラルプロデューサーを歴任した川内通泰(かわうち・みちやす)氏が5日、大動脈解離のため死去していたことが11日、公表された。83歳。葬儀は近親者のみで執り行われた。喪主は妻甫代(はつよ)さん。

川内氏は1959年、ニッポン放送に入社。常務、専務、副社長を経て92年に代表取締役社長に就任。99年、同会長に就任した。また、92年~99年には日本民間放送連盟理事、2001、02年には東京国際映画祭のゼネラルプロデューサーを務めた。

98年紫綬褒章、11年旭日中綬章。

<引用元:デイリー>

 

[adcode]

 

川内通泰さんの家族(妻・子供)画像は?

 

川内通泰さん自身についてはあまり情報が無く、画像は読売新聞に掲載されています。

 

川内通泰画像

 

 

産経新聞によれば、

 

佐賀県出身。東京大学卒業後、昭和34年にニッポン放送入社。報道部国会担当記者を経て、営業や編成部門を歩む。平成4年に社長、11年に会長。4年から11年までは日本民間放送連盟の理事を務め、ラジオの活性化に尽力。13、14年には東京国際映画祭のゼネラルプロデューサーとして映像文化の発展にも貢献した。

<引用元:産経新聞>

 

家族については、甫代さんが喪主をされることから、結婚されていることは明らかですが、子供についてはいるのかどうかは不明です。

 

年齢的には孫までいてもおかしくはありません。

 

スポンサーリンク




 

ネットの反応は(ヤフーコメントより)?

 

一つの時代が終わったわ

昭和がまた遠なるわ

 

 

スポンサーリンク




【訃報】佐藤安太(タカラ創業者)の死因と残された家族(妻・子供)は?開発とマーケティングの意味

タカラトミーの前身・タカラ創業者、佐藤安太さんが死去しました。

 

死因や残された家族(妻・子供)、これまでの偉業を確認します。

 

 

 

スポンサーリンク




タカラ創業者・佐藤安太さんが死去 死因は老衰

 

玩具メーカー・タカラトミーの前身であるタカラの創業者、佐藤安太さんが94歳で死去されました。

 

死因は、老衰とされており大きな病気も無く94歳まで生きてこれたのは大往生と言ってもいいでしょう。

現在のタカラトミーの人気を考えれば、偉大な創業者であったことが分かります。

 

 「リカちゃん」人形や「人生ゲーム」などを大ヒットさせた玩具メーカー、タカラ(現タカラトミー)創業者の佐藤安太(さとう・やすた)氏が2月26日、老衰のため死去した。94歳。福島県出身。後日、関係者でお別れの会を開く。

1953年、タカラの前身である佐藤ビニール工業所を設立。67年にタカラに社名変更し、「リカちゃん」人形や「人生ゲーム」、「チョロQ」などが大きなブームとなった。

<引用元:共同通信>

 

[adcode]

 

佐藤安太の家族(妻・子供)は?は

 

佐藤安太さんは福島県出身で、1945年に米沢工業専門学校化学工業科(現山形大工学部)を卒業しています。

55年にタカラの前身、佐藤ビニール工業所(後に改称)を設立し、爆発的人気となったのが、ビニール人形「だっこちゃん」です。

 

 

その後チョロQなど大ヒットのおもちゃを多く開発し、2000年に会長職と社長職を退任しています。そのときは75歳です。

 

 

佐藤安太さんの結婚や妻についてはこれまで語られていませんが、結婚はしており長男・佐藤博久さんが佐藤安太さんの後任の社長として1994年に就任、2000年に次男の佐藤慶太さんが社長に就任しています。

 

佐藤博久さんの画像

佐藤慶太さんの画像

 

妻については今もお元気なのかは分かりませんが、佐藤安太さんと長年連れ添われたのではと思われます。

 

スポンサーリンク




 

佐藤安太さんの偉業

 

佐藤安太さんは、タカラを創業したことでも十分偉業と言えますが、

 

  • 1986年 – 黄綬褒章
  • 1995年 – 勲四等旭日小綬章

 

と、栄典にも名前を連ねています。

 

また、映画『トランスフォーマー/リベンジ』のワールドプレミアにも招待され

 

「25年前に作ったロボットが、まさかこんな映画になるなんて。本当に感激です!」

 

と当時コメントしていますが、日本発祥のおもちゃが世界に認められたことは功績のひとつでしょう。

 

佐藤安太さんが築いていったタカラのおもちゃがこれからも子供たちに愛されていけば、これ以上の幸せは無いのじゃないでしょうか。

 

 

佐藤安太さんのご冥福をお祈りします。

 

 

 

スポンサーリンク