プロレス

新日本プロレス2017 6・27後楽園大会の見どころ。IWGPジュニアヘビー級選手権 他

こんにちは!

新日本プロレス『KIZUNA RAOD 2017』後楽園ホール大会 2017年6月27日(火) が迫ってきましたね!

 

今大会の対戦カードと試合の見どころをおさらいしたいと思います^^

 

 

第1試合
海野翔太 対 八木哲大

前日の第1試合と同じカードです。ヤングライオン同士の対戦は今後も何回も続いていきますが、後楽園2連戦ともあり、
前日の試合で負けている選手としては、目が肥えている後楽園のファンの前で2連敗はしたくないところ。

第2試合
タイガー・川人 対 金丸・TAKA

新日ジュニアと鈴木ジュニア軍にヤングライオン川人が加わったタッグマッチ。タイガーは金丸らと連戦になります。
今では当たり前の対戦になりつつありますが、少し前では、全日本・ノア系の金丸が新日ジュニアのタイガーらと戦っているのは、結構夢カードですが、
そのお宝感を感じているファンはどのくらいいるのでしょうか^^;

第3試合
天山・小島・ライガー 対 永田・中西・岡

新日本正規軍同士の6人タッグマッチ。テンコジに永田中西。どちらもIWGPタッグ王者になった名タッグ。この中にヤングライオン・岡がどこまでくらいついていけるのか!?

第4試合
真壁・北村 対 石井・矢野

真壁がヤングライオン北村を従え、CHAOSと対決。北村のアマレス仕込みのグラウンドが、猛犬・石井と、策士・矢野にどこまで通じるのか?
もちろん真壁には本間の分まで暴れてほしいですね。

第5試合
棚橋・ロビンソン・田口・フィンレー 対 内藤・EVIL・SANADA・ヒロム

タグチジェペンとロスインゴの対戦です。ロビンソンは最近乗りに乗っていますから内藤たちを蹴散らしてほしいものですが、
ロスインゴは、メインでBUSHIがタイトルマッチを控えているので、勝ってハクをつけたいつけたいところでしょう。
とにもかくにも田口監督の采配が楽しみです^^

第6試合
オカダ・後藤・YOSHIHASHI・外道 対 鈴木・スミスJr.・タイチ・デスペラード

前日NEVER無差別級を賭けて、対戦しているみのるとYOSHIHASHI。その結果次第で会場の雰囲気も変わるでしょうね^^
YOSHIHASHIが勝っていれば、オカダとタイトルホルダーは2人という強力な布陣になりますので、CHAOS人気はますますあがるでしょうね^^
果たして、タイトルマッチを終えたみのるの次のターゲットは誰になっているのか、そこも楽しみです。

第7試合
IWGPジュニアヘビー級選手権【王者】KUSHIDA 対 【挑戦者】BUSHI

ヒロムからようやくベルトを奪還したKUSHIDAの初防衛戦は、因縁のBUSHI。どちらも実力者だけに実力伯仲のいい試合に期待したいですが、
毎回気になるのは、ロスインゴのメンバーが乱入してこないかどうか。
その時は監督に助っ人に来てもらうことにしましょう^^;

そしてこの日は、G1クライマックスのグループ分けも発表になります。(前日に出場選手発表があります)
これを見ると、いよいよ、熱い夏が始まるんだなというわくわくで胸がいっぱいになります。

会場に行かれる方は観戦前の参考にしてくださいね!

チケット情報はこちら↓↓

http://www.njpw.co.jp/tornament/90944?showCards=1

新日本プロレス 後楽園大会見どころ NEVER無差別級選手権・鈴木対YOSHIHASHI他

こんにちは!

新日本プロレス『KIZUNA RAOD 2017』後楽園ホール大会 2017年6月26日(月)

が迫ってきましたね!

この大会の見どころを、試合ごとにおさらいしてみましょう!

 

第1試合
海野翔太 対 八木哲大

ヤングライオン同士の試合です。海野選手は、あのレッドシューズ海野レフェリーの実の息子さんですよ^^
デビューして間もない海野選手が先輩八木選手にどれだけ立ち向かっていけるかがポイントでしょうね!
勝敗関係なく全力の試合を見たいものです^^

第2試合
岡倫之 対 北村克哉

二人ともガチガチのアマレスマンです^^そして二人ともすでに肉体がかなり仕上がっています(笑)
個人的には”自称アニメオタク”の岡選手を推しています。顔つきも個性的で、若手時代の天山選手や、NOAHで活躍した平柳選手のような個性が見え隠れする選手です。
第一試合同様、ヤングライオンらしい元気いっぱいの試合に期待します。

第3試合
ライガー・タイガー・川人 対 金丸・タイチ・TAKA

新日ジュニア本体と鈴木ジュニア軍の対戦。川人選手が狙われるポジションにはありますが、ライガータイガーの2大巨頭がいますので、小細工なしに思い切りぶつかってほしいですね!
タイチよ、変なことするんじゃないぞ!(笑)

第4試合
天山・中西・永田・小島 対 後藤・石井・矢野・邪道

第3世代とCHAOSの8人タッグマッチ。ありそうでなかなかない、第3世代の勢ぞろい^^;CHAOSも勢いがありますし、
この試合は結構実力が拮抗していますので、チームプレーが試合のカギを握りそうですね^^
後藤選手、牛殺しは好きだけど、天山選手にはしないでね^^

第5試合
オカダ・邪道 対 スミスJr.・デスペラード

CHAOSと鈴木軍のタッグマッチ。CHAOSはレヴェルが違う名コンビですね^^デスペラードは鈴木軍に入って、なんだか目立たなくなった印象ですが、
また、タイトルに挑戦してほしいと思う最近です。

第6試合
棚橋・真壁・ロビンソン・田口・フィンレー 対 内藤・EVIL・SANADA・ヒロム・BUSHI

タグチジェペンとロスインゴの10人タッグマッチですね!私はタグチジェペン推しなのでこの試合は、ロスインゴは応援しません(笑)
人数の多いタッグマッチはすべてに言えることですが、チームプレーが勝利のカギを握りますので、
監督の采配がモノをいう試合です。監督の采配か、ロスインゴの悪の連携か!
ところで、真壁選手は代表でしたっけ(笑)

第7試合
NEVER無差別級選手権 【王者】鈴木みのる 対 【挑戦者】YOSHIHASHI

さあ、やってまいりましたとうとうこの日が!
後藤を下して王者になったみのる、その直後に挑戦表明したYOSHIHASHI。みのる選手は格下選手にこういう行動されるの嫌いですからね~(笑)
めちゃくちゃ攻めてくると思いますよ!
でも、YOSHIHASHI選手にはそろそろタイトルを取ってほしいので、WWEに移籍した中邑のためにも奪取していい報告してほしいですね!
ものごとが変わるのは一瞬だ!

 

 

会場に行かれる方はぜひ参考にしてくださいね!

チケット情報はこちら↓↓

http://www.njpw.co.jp/tornament/90943

新日本プロレス 6・20後楽園大会の見どころは?NEVER無差別級6人タッグ戦 他

こんにちは!

 

新日本プロレス 『KIZUNA RAOD 2017』の後楽園ホール大会(2017年6月20日(火))が迫ってきましたね!

 

今回はこの大会の見どころをおさらいしたいと思います^^

 

 

 

 

第1試合
岡倫之 対 八木哲大

第一試合らいしいヤングライオン同士の対戦ですね。
元気いっぱいぶつかり合う試合が見たいですね!少しだけ先輩の岡選手、アマレス出身ともありベースは出来上がっていますね!

その個性的な面構えにも注目です。八木選手は野球出身、そのフットワークで先輩をぶち破ってほしいものです

第2試合
ライガー・タイガー・海野 対 金丸・デスペラード・TAKA

新日ジュニア本体に、海野選手(海野レフェリーの息子さん)を加え、鈴木軍のジュニア勢との対戦。
メンバー的に海野選手が狙われてしまいそうですが、いつかお父さんにレフェリングしてもらえるまでのメインエベンターの目指して頑張ってほしいものです!

第3試合
永田・フィンレー 対 中西・北村

第3世代にフィンレーとヤングライオンを加えたタッグ。北村選手の肉体は出来上がってますよね!^^
中西選手との新・マッスルオーケストラを結成してもいいのでは?と、思っちゃいます^^

第4試合
真壁・天山・小島 対 石井・矢野・邪道

こけしこと本間選手つながりの6人タッグマッチ。実力的には真壁組が押してると思いますが、策士・矢野選手の存在が不気味ですね~^^;
最近、邪道さん放送に出ないな~。

第5試合
棚橋・川人 対 内藤・ヒロム

正規軍とロスインゴの対戦。ロスインゴ、強い二人ですね~(笑)川人選手に頑張れとしか言いようがありませんが、インターコンチ新王者・棚橋が隣にはいますから、
川人選手思い切り蹴り飛ばしてほしいですね!

第6試合
オカダ・後藤・YOSHIHASHI 対 鈴木・スミスJr.・タイチ

CHAOSと鈴木軍の対戦ですが、NEVER無差別級の前哨戦の意味合いが強い試合です。オカダに敗れた鈴木、鈴木に敗れた後藤、鈴木に挑戦のYOSHIHASHIと、
CHAOS側はみな、鈴木みのる選手に因縁があります!でもYOSHIHASHI選手に一本取ってもらいたい試合ですね!
キャリア的にも、そろそろタイトルをとっても良いのではないのでしょうか?層の厚い新日本内では少ないチャンスをぜひものにしてほしいですね!

第7試合
NEVER無差別級6人タッグ選手権試合 【王者】SANADA・EVIL・BUSHI 対 田口・ロビンソン・KUSHIDA

NEVER6人タッグ戦です。個人的には田口ジャパンに獲ってほしい!現在のA代表は今回の3人ということなので、みなさん細かくチェックしとかないと、どんどん代表が変わりますよ(笑)
またKUSHIDA選手とBUSHI選手はシリーズ最終戦にタイトルマッチを控えていますので、前哨戦も兼ねていますね。ピンフォールを取られてしまうと、メンタル的に影響しそう・・・。
ヘビーはロビンソン選手しかいませんが、6人タッグはチームプレーで十分勝利できる試合なので、ぜひ奪い返して!タグチ~~ジェペ~ン!!
ちなみに昔、WARにあった6人タッグ王座が思い出せません^^;
かなり好きでした、冬木・邪道・外道組^^

以上が私的な、見どころかと思います^^
会場に行かれる方は、ぜひ参考にしてくださいね!

 

チケット情報などはこちらへ↓

http://www.njpw.co.jp/tornament/90934?showCards=1

大河ドラマを見るプロレスファン急増!?その理由とは。

今、が毎週日曜8時にNHKを見ているプロレスファンが急増している!

テレビ朝日ではなく、日テレでもなくNHK。

その理由とは!?

プロレスファンが毎週欠かさず見るテレビ番組といえば、テレビ朝日系の

『ワールドプロレスリング』(新日本プロレス中継)

日テレG+で放送中の

プロレスリングノア中継。

しかし、今、プロレスファンならずともNHK、しかも大河ドラマに注目の”俳優”が出演しています。

新日本プロレス所属、暴走キングコングこと真壁刀義。

そう、スッキリ!ではスイーツ真壁として人気のあの真壁選手です^^

すっかりその風貌と、ギャップのあるかわいらしい笑顔でご存知だとは思いますが、簡単に紹介を。

元IWGPヘビー級王者でタッグ王座も数回奪取したこともあり、

G1クライマックス(新日本プロレスの真夏の最強決定戦)でも優勝歴のある、正真正銘のストロングスタイルのプロレスラー。

もちろん大河ドラマは初出演。

そもそも大河ドラマに出演した、現役レスラーが思いつきません!

彼が演じるのは柳楽優弥演じる龍雲丸率いる一党の一味、力也という屈強な猛者。

まさに見た目は、真壁選手にぴったり♪

真壁選手はオファーに耳を疑ったそうで(そりゃそうだ)、でもさすが勝負師。

「腹をくくるしかない」と、切り替えたとのこと。

そもそもよく考えると、プロレスにはよくドラマがあります。

友情、裏切り、因縁、師弟関係、涙の引退など。

インタビューやリング上のやり取りを見ていると、まるでドラマを見ているかのようにマイクパフォーマンスに魅せられてしまうことがあります。

そう考えると、プロレスラーは日々の試合で常に魅せる仕事をしているとも考えられる。

真壁選手の名シーンといえば、

それまで悪役レスラーとして暴れまわって雑草というニックネーム。

それが、G1クライマックスの優勝者インタビューで悪役らしからぬコメントを出したあのシーン。

『サンキュな。』

会場が沸いたのは言うまでもありません。

真壁選手は

『俺のことも観てほしいけど、龍雲党の仲間みんながいい味出していて、物語をより面白くするスパイスになっていると思うんですよね。だから最終回まで観てもらった時に、龍雲党の人たち面白かったね、って思い出してもらえるといいな、と思っています。』

と語っています^^

真壁選手!

スイーツ真壁の次はアクター真壁だ!!

そしてまた、チャンピオンベルトも巻いて!!!

しうほ

新日本プロレスのG1クライマックス 出場選手と優勝予想!

新日本プロレス、真夏の最強決定戦 『G1クライマックス』!

今回は第27回目を迎え、日本を縦断する大会スケジュールが、4月9日、両国国技館大会の休憩前に発表されました!

北は7月17日(月・祝)に北海道・北海きたえーるにて開幕し、7月20日(木)、21日(金)、22日(土)は後楽園ホール3連戦、

8月は鹿児島、福岡と九州連戦、

8月5日(土)は“西の聖地”こと大阪・大阪府立体育館、

8月11日(金・祝)、8月12日(土)、8月13日(日)優勝決定戦は今年も両国国技館3連戦が行われます。

毎年楽しみな真夏の王者、今年は誰が出場し、どんなドラマでフィナーレを迎えるのでしょうか。大胆予想をしてみましょう。

まず、去年の優勝者は、バレットクラブの、ケニーオメガ選手、準優勝はCHAOSの後藤選手だったのはまだ、記憶に新しいところ。

特にオメガ選手は、1・4東京ドームで、IWGPヘビー級王者・オカダカズチカ選手と凄まじい激闘を展開。一気にスターダムを駆け上がっていきました。

本記事の段階では出場選手は発表されていませんが、近年のプロレス界の動向を見ながら予想をしてみます。

まずは出場有力の選手から

棚橋弘至

内藤哲也

真壁刀義

柴田勝頼(ケガの回復次第)

小島聡

天山広吉

永田裕志(タイトルも無く出場厳しいか!?)

鈴木みのる

EVIL

SANADA

ケニーオメガ

バッドラックファレ

タマトンガ

高橋裕次郎

矢野通

後藤洋央紀

石井智宏

、と、言ったところでしょうか。

そして毎年いるサプライズ出場ですが、

今年は タイガーマスクW 選手はありそうですね(´∀`*)

タイガーとオメガ選手が戦ったらと思うと、、、プロレス通なら何時間でも酒が飲めますね^^

他団体ですと、ノアや全日本で活躍している、大日本プロレス勢は誰が来ても面白い試合になりそうです。

ノアの出場は去年あったので今年はパスの予感です。

全日本ですと、宮原選手は三冠王者なので、諏訪魔選手が出場となると、一気に夢の対戦だらけになります。

以上の選手で、今年の優勝決定戦は、

棚橋 VS 内藤

で、

ズバリ、棚橋選手!涙の復活!!

を期待したいです^^

誰が優勝決定戦に進出しても、毎回素晴らしい試合に胸打たれます!

みなさんも最高の試合を期待しましょう!!

しうほ

error: Content is protected !!