プロレス

新日本プロレス×しまむらの限定福袋!ネット通販で買える?

2018年の1.4東京ドーム大会も迫ってきた新日本プロレスが、

ブラックフライデーの企画として、ファッションセンターしまむらとのコラボ福袋を発売します。

近くにファッションセンターしまむらが無い方は、ネット通販でも買えるのか調べてみました!

【この記事が良かった!と感じた方は「いいね!」や拡散をお願いします(*´з`)ノ】

 

続きを読む

内田理央のすっぴん画像!?濃いメイクをしなくてもめちゃくちゃかわいい!

こんにちは!

現在、ドラマや雑誌で、活躍されている

モデル・女優の内田理央さん!

 

内田理央さんが、以前共演した井俣太良さんのツイッターに登場しているんですが、

その内田理央さんが

 

『もしかして、すっぴん!?

 

と思ってしまうほど、メイクをしていないんです!

それでもめちゃくちゃかわいいので

ぜひご覧ください!

 

 

また、最近の内田理央さんの活動も併せてみていきましょう^^

スポンサーリンク



 

■■井俣太良のツイッターに登場!■■


これが、その画像です!

 

どうですか??

 

内田理央さんは、

 

すっぴんなのか、

 

限りなくナチュラルメイクなのか^^

 

分かりませんよね。

 

 

 

でも一つだけ確実に言えることは、

 

すっぴんでもナチュラルメイクでも、

 

めちゃくちゃ、かわいい

 

 

ってことですね^^

 

 

 

 

井俣太良さんといえば、

 

内田理央さんとは、

 

 

『仮面ライダードライブ』

 

で共演されていましたね^^

 

ファンにとっては、

 

霧子とゲンさん

 

という名前で呼びたくなりますね^^

この画像へのコメントも

と、仮面ライダードライブを懐かしむコメントばかりです^^

 

 

その仮面ライダードライブは・・・

>>竹内涼真 磯村勇斗との2ショット画像復活にファン大興奮!カラツボのポスターが欲しい!

 

■■内田理央さんの最近の出演は■■

内田理央さんは最近はレギュラー番組やバラエティ番組への出演が増えてきましたね^^

 

・9月4日 バカリズムの30分ワンカット紀行


・将棋めし

将棋めしについてはこちらもどうぞ

>>内田理央ドラマ『将棋めし』に竹内涼真の出演はある!?ファンの期待が凄い!

 

・内田理央のオタカレ

・舞台「チョップ、ギロチン、垂直落下」

そしてもともとは

ファッション雑誌「MORE」の専属モデルですので、

MOREにも出ていますよ^^

気になる方は、チェックしてみてくださいね^^

スポンサーリンク




 

 

■■さいごに■■

あの写真、すっぴんだったのか、

メイクをしているのかは本人と井俣さんしかわからないと思いますが、

男性ファンはちょっと得した気分になったんじゃないでしょうか^^

これからも、モデル、女優、タレント、どんどん活躍の場を広げていってほしいですね!

トップページ
ニュース・芸能の記事一覧
仮面ライダー関連の記事一覧
プロレス関連記事一覧
問い合わせ

スポンサーリンク



 

新日本プロレス2018 1・4 レッスルキングダム12 in 東京ドームの対戦カードの予想!

こんにちは!

新日本プロレス2017 G1クライマックス27 は、

ロスインゴの内藤哲也選手の優勝で幕を閉じたばかりですが、

今年も残り4カ月あまり、ということで、

少し気は早いですが、

来年2018年の1・4 レッスルキングダム12 in 東京ドーム

の対戦カードを予想してみたいと思います!!

 

スポンサーリンク



あくまでも、G1クライマックス終了時にタイトル保持している選手が防衛し続けていること、

新日本を主戦場にしている選手を中心に予想していますので、

今後、参戦予定があるかないかも分かりませんので、あしからず^^;

 

 

IWGPヘビー級選手権試合
<王者> オカダ・カズチカ 対 <挑戦者> 内藤哲也
この試合は鉄板でしょう!!
ただ、オカダ選手は、G1で黒星となった、ケニーオメガやEVIL選手と、タイトルマッチを年内に行うと思いますので、
そこでベルトを落とさないようにしないといけませんね^^
IWGP USヘビー級選手権試合
<王者> ケニーオメガ 対 <挑戦者> 飯伏幸太
飯伏選手がG1決勝まで勝ち上がれなかったために、実現しなかったライバル対決。
対決の場所はドームしかありませんね!
IWGPインターコンチネンタル選手権試合
<王者> 棚橋弘至 対 <挑戦者> Cody
新日本参戦以降、G1には出場せず、これといった見せ場がないCody。
2017年後半の活躍次第にはなりますが、もともと世界的スター選手なので、狙うはこのベルトでしょう。
特別試合
後藤洋央紀 対 柴田勝頼
柴田選手、ドームで復帰しそうですね^^
相手は後藤選手以外には見つかりません。約8カ月ぶりのリングになります。
NEVER無差別級選手権試合
<王者> 鈴木みのる 対 <挑戦者> 永田裕志
ドーム大会でのビッグマッチからは遠ざかり、G1でもいいところを
みせれなかった永田選手。
もしかしたら、体力的な限界を感じているかもしれませんね。

 

 

いかがでしたしょうか?

個人的には、リアルに組まれそうな試合を予想してみました。

G1最終日に、新たな参戦選手のVTRが流れましたので、

その選手も間違いなく絡んでくるとは思いますが、誰か気になりますね!

そしてジュニア勢はテンプラボーイズが帰国するかもしれませんね^^

ヒロム選手はBUSHI選手と組んで、ジュニアタッグ戦線に入れば、

かなりの強豪チームになると思います!

久々に強い日本人ジュニアタッグが生まれたらいいですね!

 

年末に向けて正式発表も行われますので、その時に答え合わせをしましょう!

 

スポンサーリンク




 

スポンサーリンク



 

新日本プロレス ザックセイバーJr.は体格は細いが実力はヘビー級並み!

こんにちは!

新日本プロレス、真夏の『G1クライマックス27』も

いよいよ佳境を迎えつつありますが、

皆さんが応援している選手の成績はいかがでしょうか!

今回は出場選手のひとり、

ザック・セイバーJr.選手(Zack Sabre Jr.)

について迫ってみようと思います。

近年の新日本プロレスでは異才をはなつ選手ですね!

出身や、得意技などについて語ってみようと思います!

スポンサーリンク


■■ザック・セイバーJr.■■

本名 : ルーカス・イートウェル

生年月日 : 1987年7月24日生まれ(30歳)

出身 : イギリス・ケント州

身長 : 183cm

体重 : 85kg

デビュー戦 : 2004年4月 NWA UKハンマーロック

日本マット界経歴 : 2006年8月RQWのリングで潮崎豪と対戦これが後にノア参戦のきっかけとなる

2011年7月からプロレスリングノアへ留学参戦

2017年3月新日本プロレス初参戦し、鈴木軍の介入ありで、柴田勝頼に勝利、鈴木軍入りとなる。

 

見ての通り、まだ年齢も若く、

体が細く、

体重だけで見ると、ジュニアヘビー級に該当する体格です。

現に、プロレスリング・ノアを主戦場にしていたときは

小川良成選手とともに、ジュニア選手として戦ってきましたよね!

鈴木みのる選手率いる鈴木軍入りしてからも、

タッグマッチは別として、

選手たちも、ファンもジュニアヘビー級の選手としての認識だったと思います。

しかし、その底知れぬ実力を発揮したのは

2017年4月の新日本プロレス両国国技館大会。

NEVER無差別級選手権試合<王者>後藤洋央紀 VS <挑戦者>ザック・セイバーJr.

の試合でしょう!

試合展開は、誰もが予想しなかった、後藤の圧倒的劣勢!

ザック・セイバーJr.選手の名も無き関節技やストレッチ技、絞め技に

響き渡る、後藤の叫び声!

いわゆるアームバーや、アンクルホールドのような

ポピュラーな関節技ではなく手首をねじる、指を逆に曲げる

など、名前もつかないが、見ているだけで痛い技の連発でした。

技が極まる度に、会場からも悲鳴にも似たどよめき、

近年の新日本プロレスにはまったく存在しなかった選手だと思いました。

そして、今年のG1クライマックス27においても、

棚橋弘至選手や、真壁刀義選手など、トップ選手を次々に撃破している

その実力は本物だと重います。

ルチャの選手や、ハードコア系選手などは多数来日していますが、

グランドテクニックだけで会場を沸かせる選手は

数年、いや、10年以上いなかったのではないでしょうか。

日本人選手だと、西村修選手や、木戸修選手が、

近いタイプの選手だと思いますが、

個人的に、最も似ていると思うのは、

1995年ごろ、来日していた、

ロードスティーブンリーガル選手に近いと感じています。

リーガル選手は当時のIWGPヘビー級王者・橋本真也選手に挑戦した際も、

強烈なキックに耐えながら、

テクニックでかなり苦しめた記憶があります。

ザック・セイバーJr.選手もこの調子でもっともっと強く

なっていってほしいですね!

スポンサーリンク



■■魅力と課題■■

ザック・セイバーJr.選手の最大の魅力といえば、

その多彩なグラウンドテクニックでしょう!

とにかく痛みが伝わってくる!

ですが、

私が一番気に入っているのは、

ここぞというときに繰り出す、

卍固め!

卍固めは、最近は柴田勝頼選手も使用しますが、

細身の選手が使用すると、相手の足と首へのロックがしっかり

かかりますので、見た目にも、効果も良いと思います。

たとえば、藤波選手や天龍選手も時々使用していましたが、

二人とも、体がごつかったり、手足の長さの問題で

特に首へのロックがしっかりかからなかったですよね!

つまりザック・セイバーJr.は

まさにアントニオ猪木選手の卍固めに極めて近いスタイル

といえます。

課題としては、パワーファイトに弱いというところでしょうか、

体が細い分、ヘビー級の重い技を立て続けに受けてしまうと、

3カウントをとられやすい傾向があります。

後藤戦では、

終盤、後藤選手に得意技を連発されて、9割優勢だったにもかかわらず

敗れてしまいました。

逆に、棚橋戦や真壁戦では、

相手が反撃を始めるまでにかなり腕や足を攻めていたので、

反撃させなかったのが、白星につながったのだと思います。

■■まとめ■■

まだまだ、若いザック・セイバーJr.選手ですが、

”英国の若き匠”のニックネーム通り、

プロレス通をうならせるテクニックは本物です!

どんどん実力をつけて、

トップ戦線に加わってほしいですね!

スポンサーリンク


新日本プロレス2017 G1クライマックス 7・21後楽園 最新試合結果速報!

新日本プロレス2017『ローソンチケット Presents G1 CLIMAX 27』、
7・21 東京・後楽園ホール大会の、最新試合結果速報です!

内藤は開幕2連勝で早くも”制御不能”!
棚橋、飯伏は1勝目をゲット!
真壁、永田は2連敗!

スポンサーリンク


 

第5試合
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦 ×永田裕志 対 ○後藤洋央紀

15分02秒  GTR→片エビ固め

 

第6試合
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦 ×真壁刀義 対 ○石井智宏

15分51秒  垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め

 

第試合
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦 ○飯伏幸太 対 ×ザックセイバーJr.

15分51秒  シットダウン式ラストライド→エビ固め

 

第8試合
「G1 CLIMAX 27]Aブロック公式戦 ○棚橋弘至 対 ×バッドラックファレ

11分05秒  リングアウト

 

第9試合
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦 ×YOSHIHASHI 対 ○内藤哲也

22分19秒  デスティーノ→片エビ固め

 

永田選手は、後藤戦、打撃の猛ラッシュを見せますが、しのぎ切った後藤に敗れました。初戦のYOSHIHASHIに続き、後藤からも頭をはたかれるシーンがありましたが、これは下の選手からの精一杯の叱咤激励のような気がしてきました。棚橋が若手のころ、新日本が冬の時代だったころ、必死に支えてきた先輩に対する、後輩の『もうちょっと、やれるだろ!ミスターIWGPの意地を見せろ』という心の声が見えた気がした試合です。

真壁選手と石井選手は予想通りのゴツゴツの試合でしたが、石井選手のタフさは年々増しているような気がします

ザックと飯伏の試合は、結果は予想できましたが、ザックのテクニックは、現在の新日本において、異彩を放っています。かつて三銃士が活躍していたころ、レスリングだけでトップ戦線に食い込んできた、ロードスティーブンリーガルを彷彿とさせます。

内藤選手の勢いは誰が止めるのでしょうか?真っ向勝負なら、棚橋、石井、真壁選手、すきを突く戦いなら、ザック、といったところでしょう。
YOSHIHASHIの切り返しには光るものがありましたね!
Aブロック第3戦も目が離せませんね!

 

 

 

新日本プロレス新商品

 

新日本プロレス2017 7月試合日程

 

新日本プロレス2017 8月試合日程

スポンサーリンク




スポンサーリンク


error: Content is protected !!