プロレス

新日本プロレス2017 9月大会日程、見どころまとめ!

こんにちは!

新日本プロレス2017 9月シリーズ

『Road to DESTRUCTION』、

『DESTRUCTION in FUKUSHIMA』

『DESTRUCTION in HIROSHIMA』

の大会日程です。

9月シリーズは秋の両国決戦への布石となるシリーズです。

福島大会と、広島大会は好カードが組まれることが予想されます!

お近くに新日本プロレスが来る際は、

ぜひ、生で観戦して大好きな選手を力いっぱい応援しましょうね!

対戦カードが決まりましたら、主要カードの見どころを、

私の目線でご紹介します!

 

 

Road to DESTRUCTION

 

2017・9・5
愛知・名古屋国際会議場・イベントホール
2017・9・7
東京・後楽園ホール
2017・9・9
東京・後楽園ホール

DESTRUCTION in FUKUSHIMA

2017・9・10
福島・県営あづま総合体育館

Road to DESTRUCTION

2017・9・11
新潟・新発田市カルチャーセンター
2017・9・12
富山・魚津市総合体育館
2017・9・14
三重・四日市市中央緑地第2体育館

DESTRUCTION in HIROSHIMA

2017・9・16
広島・広島サンプラザホール

Road to DESTRUCTION

2017・9・17
愛媛・西条市総合体育館
2017・9・19
徳島・北島北公園総合体育館(サンフラワードーム)
2017・9・20
大阪・大阪市中央体育館・サブアリーナ
2017・9・22
山口・キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター

DESTRUCTION in KOBE

2017・9・24
兵庫・神戸ワールド記念ホール
各大会の観戦チケットは新日本プロレス公式サイトで確認してくださいね^^

主要カード見どころ

対戦カードが発表になりましたら、見どころをご紹介しますね^^

この大会の試合後には、結果速報もお伝えする予定ですので、

観戦に行けない方も楽しみにしていてくださいね^^

 

 

トップメニュー

新日本プロレス2017 7・26 G1クライマックス 長岡大会 対戦カードと見どころ

こんにちは!

新日本プロレス2017『ローソンチケット Presents G1 CLIMAX 27』、
7・26 宮城・仙台サンプラザホール大会の全試合、対戦カードが発表されました!

さっそく見どころを確認しておきましょう!

 

■■対戦カード■■

 

第1試合
成田・海野 対 ザック・デスペラード
第試合
真壁・田口 対 永田・川人
第3試合
飯伏・岡・北村 対 ファレ・高橋・オーエンズ
第4試合
石井・邪道 対 内藤・BUSHI
第5試合
棚橋・フィンレー 対 後藤・YOSHIHASHI

 

第6試合
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦 ジュースロビンソン 対 タマトンガ

 

 

第7試合
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦 矢野通 対 SANADA

 

 

 

第8試合
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦 鈴木みのる 対 EVIL

 

 

 

第9試合
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦 小島聡 対 オカダカズチカ

 

 

第10試合
「G1 CLIMAX 27」Bブロック公式戦 マイケルエルガン 対 ケニーオメガ

 

■■見どころと楽しみ方■■

 

この長岡大会の最注目カードは私的には、鈴木対EVIL、次に、小島対オカダですね。

鈴木は最近トップ戦線についていくのが厳しくなってきている印象です。とはいえ無差別級王者ではありますが^^;

そして逆にドンドン、トップへ追い付きつつあるEVIL、成長が早いなあと感じる選手の一人です。

この試合展開で、二人の実力差として、鈴木軍とロスインゴの力関係がうっすら見えてくる気がします。

エルガンとケニーは以前ベルトを賭けて戦った試合はエルガンが勝利しています。ケニーの株がぐんぐん上がるのは、

エルガンとしては面白くないでしょうから、

そろそろ怪力が爆発するところを見たいですね!

 

そして、前半戦の最も見たい試合は、飯伏・岡・北村組ですね!

何と表現していいのかわかりませんが、飯伏が猛犬を2匹連れてる感じの画が見たい!!!

 

この大会の試合後には、結果速報もお伝えする予定ですので、

観戦に行けない方も楽しみにしていてくださいね^^

 

新日本プロレス2017・7月試合日程まとめ

サイトマップ

オカダカズチカ、中邑真輔、プリンスデヴィッドとの再会画像!新日本復帰はある?

こんにちは!

先日のG1スペシャルinUSAは大盛況のうちに幕を下ろしました。

日本では、来る7・17から、

毎年恒例の

『G1クライマックス27』

が始りますが、

新日本プロレスのエースで、レインメーカーことオカダカズチカ選手が

盟友・中邑真輔選手、プリンスデヴィッド選手と再会を果たしていたことが分かりました!

再会の理由とは!?

そして、両選手の新日本プロレスへの復帰はあるのでしょうか?

 

■■いつ再開したのか■■

 

オカダカズチカ選手が、現在WWEで活躍する、中邑真輔選手、そしてフィン・ベイラー選手(新日本時代はプリンスデヴィッド)と再開したのは

前述のG1スペシャルinUSA大会後のことです。

G1スペシャルinUSA大会1日目はこち

G1スペシャルinUSA大会2日目はこちら

 

これはオカダカズチカ選手の公式ツイッターで明らかになっています。

中邑選手との再会はこちら

プリンスデヴィッド選手との再会はこちら

 

両ツイートともに、7月4日に投稿されていますので、

日本ではライオンズゲートを開催している日でしたね^^

ライオンズゲートはこちら

フィン・ベイラー選手(プリンスデヴィッド)のツイートでは

 

”ようこそクラブへ”

 

というコメントともに、オカダカズチカ選手がフィン選手のジャケットを着ている写真が。

 

中邑真輔選手とは楽しそうな2ショットの写真が掲載されています。

お互いにおやすみをツイートしあっていて、かわいい一面も見れますね^^

 

■■再開の目的は、まさか中邑・デヴィッドの新日本復帰!?■■

 

久々に元気そうな中邑真輔選手やプリンスデヴィッド選手の表情を見ると

 

「再会は復帰の予兆!?」

「復帰前の打ち合わせ!?」

 

と、ついつい都合のいい理由を考えてしまいますが、実際はどうなのでしょうか?

 

コメントも少ないツイートなので、詳細は分かりませんが、

 

3選手の現状を考えると、中邑真輔選手やプリンスデヴィッド選手の新日本マット復帰は今はないでしょう。

 

中邑選手がWWEに戦場を移したのは2015年の2月、プリンスデヴィッド選手は2014年の7月。

 

二人とも、まだ、やりたいことは沢山あるでしょうし、もっともっとビッグになってもらいたいという気持ちもあります。

 

でも何年か後、凱旋試合という形で、WWE所属の選手としては、日本で試合をしてほしいですね^^

 

■■まとめ■■

 

中邑選手とプリンスデヴィッド選手の、新日本マット復帰はまだまだ無いと思いますが、

オカダカズチカ選手が2人から、G1クライマックス前に、最高のエネルギーをもらったことは間違いないですね^^

いよいよ始まるG1クライマックス、オカダカズチカ選手の活躍を中邑真輔選手やプリンスデヴィッド選手も応援していることでしょう!

馳浩 11年ぶりプロレスラーとして復帰。対戦相手は?必殺技は出るか!

こんにちは!

元文部科学大臣で、元プロレスラーの、馳浩氏が、

7月26日にプロレスのリングに復帰することが分かりました!

気になる対戦相手は誰なのか、往年の必殺技は出るのか、気になるところですね!

馳浩氏のファンも、そうでない方も、この機会に、

プロレスラー・馳浩のおさらいをしておきましょう!

スポンサーリンク


 

■■ 復帰の日程 ■■

馳浩氏がリング復帰する日は

7月26日

東京・後楽園ホール

 

で、団体は新日本プロレスでも全日本プロレスでもありません。

 

武藤敬司選手プロデュースの興業

「プロレスリング・マスターズ」

 

そう、往年の名選手が集結する、そんなコンセプトの大会です^^

 

「大臣になって戻ってくる」というファンとの約束を果たして帰ってくることになります。

 

 

 

■■ 試合形式、対戦相手、タッグパートナー ■■

 

 

気になる対戦相手、試合形式ですが、

 

現在のところ、まだ正式発表はありません。

 

しかし、80年台、90年台のプロレスブームをけん引してきた選手には間違いありませんので、

当時を彷彿とさせる、試合が組まれることは間違いないでしょう!

 

まず試合形式は、

11年もの間、議員活動で、リングに上がってはいませんのでシングルマッチは組まれないと思います。

 

となるとタッグマッチ形式が有力かと。

 

<<予想されるタッグパートナーや対戦相手>>

武藤敬司・・・馳浩とのタッグでIWGPタッグベルトを保持していた。引退後も公私ともに仲が良い

長州力・・・馳浩の師匠

蝶野正洋・・・同じ時代をけん引してきた。対戦もかなりの回数している

藤波辰巳・・・G1クライマックスの第3回大会で優勝決定戦を争った

佐々木健介・・・長州力のもとで長い期間ともに汗を流した。名タッグパートナーであり、引退試合の相手も務めた。

 

以上の選手が、関わってきそうですね!

 

■■ 出るか!往年の必殺技、得意技 ■■

馳浩選手といえば、オリジナルの技も得意としていた、テクニシャンでしたね。

 

◆ノーザンライトスープレックスホールド

◆ジャイアントスイング(何回転するか会場全体が数を数えていましたね^^)

◆水平チョップ

◆サソリ固め(ここぞというときに出す奥の手)

 

元アマレス選手だけあって、グランドテクニックも必ず出るでしょう!寝技からも目が離せませんね。

スポンサーリンク



 

■■ まとめ ■■

新日本プロレスのイメージが強い、馳浩氏ですので、新日本系の選手を中心にした試合が組まれると思いますが、

全日本系の選手となると、秋山準選手や、川田利明選手も

対戦相手として浮上してきそうですね!

また、第3世代こと、永田選手、中西選手も後輩ですので有力候補ですね。

11年ぶりのリング、プロレスラー馳浩はどんな試合をみせてくれるののでしょうか。

 

 
スポンサーリンク


新日本プロレス2017■7・26 G1クライマックス 宮城大会 対戦カードと見どころ

こんにちは!

新日本プロレス2017『ローソンチケット Presents G1 CLIMAX 27』、
7・26 宮城・仙台サンプラザホール大会の全試合、対戦カードが発表されました!

さっそく見どころを確認しておきましょう!

 

 

第試合
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦 棚橋弘至 対 後藤洋央紀

シングルマッチは意外と久々ですね!後藤がCHAOS入りしてからは初めてではないでしょうか。IWGPインターコンチ王座の”先輩”である後藤がいかに王者の牙城を崩すでしょうか?
棚橋を下して、優勝すれば、オカダカズチカとのCHAOS同士のIWGPヘビー級戦も見えてきますし、インターコンチ王座への挑戦もぐっと現実味が増しますね!

 

第試合
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦 真壁刀義 対 飯伏幸太

飯伏と真壁の好カード。以前は2015年にNEVER無差別級のベルトをかけて、当時王者の真壁が飯伏をくだしています。危険な”スパイダードラゴンスープレックス”が決め手となっていました。あれから2年たち、飯伏もヘビー級転向し、状況はぐっと変わっていますから、同じ結果に持っていくのは難しくなっているでしょうね^^;

 

 

第試合
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦 永田裕志 対 内藤哲也

永田の最後の夏を象徴するような試合になりそうですね。現在バリバリ活躍中、大人気の内藤を、キックとスープレックスで下せるか。さあ、真っ向勝負!

 

 

第試合
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦 石井智宏 対 YOSHIHASHI

CHAOS同門対決ですね。石井の意地が爆発するか、YOSHIHASHIが上を喰って、再びタイトルマッチに近づくか?お互い、カウンターのラリアットも得意としているので、打ち合いも見れるかもしれません。

 

 

第試合
「G1 CLIMAX 27」Aブロック公式戦 ザックセイバーJr. 対 バッドラックファレ

今大会、最重量と、最軽量の選手の激突です。普通にぶつかれば、間違いなくファレ優勢でしょう。しかし何が起こるかわからないG1。若き匠の実力が爆発するかもしれませんね^^ファレが振り回される姿を見てみたいです^^

 

 

この大会の試合後には、結果速報もお伝えする予定ですので、

観戦に行けない方も楽しみにしていてくださいね^^

新日本プロレス2017・7月試合日程まとめ

error: Content is protected !!