発達障害の3つの種類と特徴を子供に当てはめたら気持ちが楽になりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

発達障害には基本的に3種類があると言われており、みなさんの子供がどの種類に当てはまるか確認をされましたか?

 

私の子供をこの種類と特徴に当てはめてみたら驚くくらい気持ちが楽になったので皆さんも一度お試しください。

 

この記事では、子供の発達障害種類特徴を学ぶことができ、私の子供がどうだったか一例をお伝えしています。

発達障害の3つの種類と特徴を子供に当てはめたら気持ちが楽になりました

あなたの子供が「もしかして発達障害」と感じたら、最初はとても不安になるでしょう。

 

専門機関に行って診断をつけてもらうことである程度、自分自身に納得がいくかと思いますが、専門機関にいくのも、ある意味勇気が必要ですよね。

 

我が子のこととはいえ、私たちも人間。

聞きたい様な、聞きたくない様な気持ちになるのも当然といえば当然です。

 

私にも発達障害の子供がいますが、発達障害と判明するまでは、私を含め、奥さんもかなり不安と疑心暗鬼や自分を責めるなど悩んでいた様です。

しかし、はっきりさせることで、今後の子育ての方向性が見えてくるので私は気持ちが楽になりましたので、みなさんにもそれが伝わればと思います。

 

発達障害の種類と特徴

 

発達障害には大きく分けて3つの種類に分類され、細かく分ければ6つに分けられると言われています。

 

 

簡単に分けると以下の通りです。

 

 

  • ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、 広汎性発達障害 )
  • ADHD(注意欠如多動性障害)
  • LD (学習障害)または SLD(限局性学習症)

 

上記の特徴を簡単に説明すると、

 

ASDは人とのコミュニケーションの困難や、ちょっと特徴的な行動がみられます(私が子供の頃は少し奇異的な目で見られていた様にも思いますが、少しずつ解明されてきて良い時代になりつつあると感じます)。

 

ADHDはマイペースタイプと元気いっぱいタイプに分けられ、特に、元気いっぱいタイプは「多動」と言われ、じっとすることが苦手なので、ある意味客観的には判別しやすいかもしれません。

ただ、学校など集団生活に混ざると先生が頭を悩ませる生徒として、保護者からも多動を理解されない(?)ケースも時々聞きます。

 

LDはその名の通り、学習面(読み・書き・計算)での苦手さがあります。

ただしそれ以外の生活面は特に問題はありませんので、勉強が足りない、と誤解されやすいかもしれません。

 

当ブログは専門サイトではありませんので、詳しく知りたい方は専門家のサイトでご確認くださいね。

 

特徴を自分の子供に当てはめたら気持ちが楽に

 

私の子供(小学5年生)は専門病院での診断で自閉症スペクトラムと診断されました。

それまでは、「ちょっと人より成長が遅いだけ」「個性」と、自分たちに都合の良い言葉で見てみぬ振りをしていたと思います。

 

自閉症スペクトラムの特徴についてはは厚生労働省では以下の様に紹介されています。

 

自閉スペクトラム症の症状
重症度は様々ですが、言葉の遅れ、反響言語(オウム返し)、会話が成り立たない、格式張った字義通りの言語など、言語やコミュニケーションの障害が認められることが多くなっています。
乳児期早期から、視線を合わせることや身振りをまねすることなど、他者と関心を共有することができず、社会性の低下もみられます。学童期以降も友だちができにくかったり、友だちがいても関わりがしばしば一方的だったりと、感情を共有することが苦手で、対人的相互関係を築くのが難しくなります。
また、一つの興味・事柄に関心が限定され、こだわりが強く、感覚過敏あるいは鈍麻など感覚の問題も認められることも特徴的です。

<引用元:厚生労働省e-ヘルスネット>

 

驚きました。

 

まるで、有名な占い師にズバリ当てられたかの様に、ぴったり当てはまるんです!(当たり前?)

言葉の遅れはもちろん(何年も言語教室に通っています)、おうむ返しや格式貼った言語、対人関係を築くことの困難、こだわりの強さ、感覚過敏、どれも私の子供のことを言っているのではというくらいにぴったりなんです。

これを聞いた私は、落ち込み・・・ませんでした。

なぜなら、原因がわかったから

 

そして、医療従事者の感覚というのでしょうか、自閉症スペクトラムの典型例ともいえるので、グレーゾーンや特異な症例ではないことも分かります。

医療の分野では、典型例は治療方針などが確立されていることが多く、珍しい症例では治療が困難な場合や難渋するケースも少なく無いからです。

 

他の子供と比べる必要はありませんが、うちの子供が他の子供と少し違うなと感じていた原因は、自閉症スペクトラムだったんです。

 

そうとわかれば、自閉症スペクトラムの治療や療育を受けていくのが一番良い!と一瞬で目標が決まりました。

 

周りの大人たちも、短気な人、おだてれば喜ぶ人、お金が好きな人、浮気症の人、いろんな性格の人がいます。

人は家族ですらも千差万別なんです。

人と違う、それは当たり前で、むしろ人と同じな方が不思議なくらいです。

右利きの中に左利きの人がいるように、A型の人の中にB型の人がいるように、そんな感覚です。

 

ただし、グレーゾーンと診断される方もいますので、それについてはまた別でお話しします。

 

まとめ

この記事では

 

  • 発達障害には3つの種類と特徴があること
  • 私の経験談として、子供をこの特徴と照らし合わせたらぴったりと当てはまったこと
  • 原因がわかると気持ちが楽になって次のステップに一歩を踏み出せた話

 

をお伝えしました。

子供の一番の理解者はあなたです。

いっしょにハッピーな生活を送れる様に頑張っていきましょう!

発達障害育児の先輩さん達のブログランキングはこちらです(๑˃̵ᴗ˂̵)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*