発達障害の相談はどこに?5つの相談場所の特徴と私の使い分け方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

発達障害で困ったら周りから支援やサポートを受けてください!よいうフレーズはよく聞きますよね?

 

すでに発達障害の子供を育てている人であれば、どこに相談するのがいいのか頭にぱっと思い浮かびますが、初めて直面するお母さんやお父さんは、どこに相談したらいいのかわからないものです。

 

この記事では、発達障害相談どこにするのか、一般的に知られている5つの相談場所はどう使い分けるのか、私の使い分け方をご紹介します。

 

発達障害の相談はどこに?5つの相談場所の特徴と私の使い分け方

 

世間ではひろく発達障害が知られる様になり、公的機関でも相談窓口が多くの自治体で設けられています。

 

当ブログも含め、様々なメディアや大人たちが「発達障害に理解を!」「お母さん、悩まずに相談やサポートを」といった、困っているお母さんやお父さんに対して温かい言葉を目にしますが、実際のところ、どこに相談したらいいのか、と困惑している親も少なくありません。

 

 

詳しく調べればもちろん相談先は判明しますが、世間の関心不足を痛感する瞬間でもあります。

 

そこで今回は、今まさに発達障害に関して相談したいことがあるお母さんお父さんに向けて、5つの相談場所を、私の使い分け方も交えてご紹介したいと思います。

 

発達障害の相談ができる5つの公的機関と私の目的別利用方法

それでは、発達障害の相談ができる5つの公的機関をご紹介します。

私の(偏った?)見方と利用方法もご紹介していますが、あくまでも個人的な利用方法ですので、さらっと流してくださいwww

 

地域の保健所・保健センター

各地域の保健所や保健センターでは発達障害の相談に乗ってくれます。

乳児期の検診などを行っていて、就学前の子供の相談に適していると思っています。(もちろん小学生以上でも構いません)

 

発達障害者支援センター

 

発達障害者支援センターは、発達障害児(者)への支援を総合的に行うことを目的とした専門的機関

<引用元:http://www.rehab.go.jp/ddis/相談窓口の情報/発達障害者支援センターとは/>

 

発達障害者支援センターは、ほとんどの都道府県に設置されています(たぶん全都道府県だと思います)。

基本的には専門的助言や、支援する側への研修などを管轄していますので、ご紹介している5箇所のうち、私には一番縁遠い機関だという印象です。

デメリットとしては、各県に対し設置数が少ないので居住地の近くにないという方も多いと思います。(私の地区からは遠いため、よほどのことがない限りはここを頼っていくことはなさそうな気がしてます)

発達障害者の仕事についての相談や、専門病院などを紹介してくれるので総合的な窓口と言われていますが、基本的にここで何かを解決という場所ではないと思います。

 

精神保健福祉センター

ひきこもりや精神疾患、家庭内暴力に関しての相談を受け付けている場所です。

必然的に、乳幼児や小学生というよりは、中学生以上の子供の相談場所になることが多いでしょう。

 

児童相談所

発達障害に限らず、18歳未満の子供の相談に乗ってくれる機関です。

よくテレビで子供の虐待などの対応にあたっているイメージが強いですが、そもそもは子供の健やかな成長を願い、相談や悩みを聞いてくれる場所です(事件などの時にしか最近はニュースになりませんね)。

 

専門の医師と連携している場合もあり、私の息子もこちらで療育手帳の手続きに必要な検査を受け、その後、専門病院を紹介していただきました。(お近くの相談所にご相談ください)

 

大学の研究室・専門教授などによる相談窓口

発達障害や精神疾患に対して博識な先生が相談窓口を持っている場合があります。

実は私も近くの大学の先生に、子供ではなく私自身が悩んでいたときに相談に乗ってもらいました。

大人の相談に乗ってもらえるのかどうかは、各自問い合わせてもらう必要がありますが、私の場合では、他の4つの窓口よりも、ズバッと解決策を複数提示していただけたので、とてもすっきりした思い出があります。

 

 

最終的な診断は専門外来のある病院で

 

上記の5つの相談場所では、地域性や各機関の特色にもよりますが、あくまでも相談場所と捉えていただく必要があるでしょう。

解決する場所ではなく、解決へのヒントをもらえる場所と。

 

本末である発達障害の診断や、今後の具体的な対処としてはやはり専門医のいる病院を受診する必要があります。

 

発達障害の子供を将来に向けて前向きに改善していくには

 

  1. 専門医による正しい診断
  2. 親が問題意識を持ち、前向きに受け止めていく姿勢

 

が欠かせません。

 

まとめ

この記事では、

 

  • 発達障害の相談はどこにしたらいいのか
  • 5つの相談場所と特徴
  • 最終的な診断は専門医のいる病院で

 

ということについてお伝えしました。

 

発達障害育児の先輩さん達のブログランキングはこちらです(๑˃̵ᴗ˂̵)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*