発達障害の子供が癇癪を起こす原因と3つのパターンと対処方法の鉄則

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

発達障害子供や疑いの子供にみられる癇癪かんしゃく)にどうしていいかわからず困っていませんか。

自宅ならまだしも、外出先での癇癪は周りの目もありどうしていいかわからず困ってしまいますね。

 

この記事では、

  • 発達障害の子供が癇癪をおこす原因がわかります。
  • 癇癪を起こす3つのパターンがわかります。
  • 癇癪を起こした時の対処方法がわかります。

読み終えたら、突然の癇癪にも怒鳴らずに冷静に対応できるようになります。

発達障害の子供が癇癪(かんしゃく)を起こす原因と3つのパターンと対処方法の鉄則

 

発達障害子供が親を困らせる一つの行動として、癇癪かんしゃく)があります(≒パニック)が、これは鉄則とも言える対処方法があります。

そして、癇癪には3つのパターンがあり、原因もあります。

 

発達障害の子供の特性とは言われながらも、突然、泣いたり大きな声を出したり、ひどい場合には叩いたり髪の毛を引っ張ったりして困ってしまう親御さんも少なくありません。

自宅ならまだしも、外出先での癇癪には周囲の目もあり、対処に困ってしまいます。

たまらず、怒鳴ってしまったという経験のある親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

周囲からは親のしつけやわがままな子という捕らえ方をされがちですが、そこは鉄の意志でこれからお伝えする対処方法で乗り切る必要があります。

 

癇癪の主な行動には

 

  • 泣き叫ぶ
  • 奇声をあげる
  • 物を投げる
  • 物や人をたたく
  • 手足をバタバタさせる

 

があります。

 

癇癪は幼い頃に現れやすい特性ではありますが、幼いうちだからこそ上手に対処方法を私たちが身につけておくことで、体の大きさや力の強さではかなわなくなる中高生での癇癪もある程度軽減させることができます。

 

子供が癇癪を起こす3つのパターンと原因


子供が癇癪を起こす原因は、本人の自我です。

 

もっとこうしたい、あれが欲しかった、など子供自身に意思が生まれ欲求や要求が生まれます

これ自体は、子供の成長の証でもあり、喜ばしいことでもあります。

しかし、当然ながら何もかも子供の思い通りに行くわけもなく、そんな時に癇癪として行動で表現しているわけです。

 

主な3つのパターンはこちらです。

 

  • 初めての場所や人
  • 何もしていない時
  • 買い物先

 

それぞれが、何が明確な理由になっているのかは本人にしかわかりませんが、上述の通り、何かを欲求・要求しているか、自分にかまって欲しいということも考えられます。

 

突然の癇癪への対処方法の鉄則


癇癪を起こした時の対処方法も親によってさまざまです。

ですが、対処方法の鉄則は、

 

  • 落ち着かせること
  • 原因を取り除いてあげること

 

の2つです。

 

すぐに原因がわからないことも多いので、外出先などの場合は人気のない場所に連れて行き落ち着くのを待ちましょう。

手を握ってあげたり、抱きしめてあげるのも落ち着かせるのには効果的です。

手持ちのおもちゃなどで気を逸らすのも一時的に効果があります。

 

すこし落ち着いたらそれから原因を考え、取り除ける原因は取り除きましょう

周囲に迷惑をかけてしまっているときは、ルールをやさしく教える必要もあります。

 

しかし、例えばおもちゃを欲しがっているときにすぐにおもちゃを買い与えるなど、子供の思い通りにすることは、その場しのぎにはなりますが長い目で見ると、決して良い解決策とは言えませんので、安易な判断は避けましょう

事前に家族や、先生たちと対応の仕方について話し合ったり相談しておくといいでしょう。

少なくとも、怒鳴ったり強く叱ることは何の解決にもならず本人にとっても苦痛ですのでやめるべきだと考えます。

 

癇癪は幼児期に起きやすい発達障害の特性の一つと言われていますが、他の特性もチェックすることで発達障害の傾向の強さが推測できます。

 

>>発達障害の兆候で2歳頃のチェックリスト10 言葉の遅れがサイン?

>>子供(3歳児)の発達障害を調べる11項目のチェックリストと解釈の仕方

>>発達障害の赤ちゃんは手がかからない?確認したい10のチェックリスト

 

まとめ

この記事では、

  • 発達障害の子供が癇癪をおこす理由
  • 突然の癇癪にはまず落ち着かせることが鉄則
  • 物を買い与える等の安易な対応はよく考える

ということについてお伝えしました。

 

発達障害育児の先輩さん達のブログランキングはこちらです(๑˃̵ᴗ˂̵)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*