発達障害がわかるのはいつから?2〜3歳に診断されない理由と医療は似ている

発達障害の子供たち、早い時期から療育を受けることで成人するまでに苦手な分野をかなり克服することができます。

もっと早い時期(赤ちゃん)からわかれば、より障害のハードルも超えやすくなるかもしれませんよね?

 

この記事では、発達障害がわかる(現れる)のはいつからなのか、2〜3歳に症状が目立ち始めるのに診断されない子供がいる理由について考えています。

 
続きを読む

発達障害の子供は宿題をしない?2つの必須サポートは見通しと苦手

発達障害の子供は学校で出された宿題をしないと思っていませんか?

いいえ、必ずしもそんな事はありません。

見通しと苦手をつかめば、サポート一つで、嫌がっていた宿題を自分からはじめるかもしれません。

 

この記事では、発達障害子供は本当に宿題をしないのか、どんなサポートをすれば宿題や勉強を始めるのかについて、私の経験談も含めてお伝えします。

続きを読む

子供(3歳児)の発達障害を調べる11項目のチェックリストと解釈の仕方

自分自身の子供がもしかして発達障害?と思えてきたら、とても心配ですよね?

一番確実なのは専門の医師がいる病院を受診することですが、そのまえに発達障害の特徴をある程度捕らえておくことも大切です。

 

この記事では、子供3歳児)の発達障害チェックリストと、押さえておきたい解釈の仕方についてご紹介します。

続きを読む

発達障害の子供の中学校選びはシンプルに?私の答えの見つけ方の大切な3つ

発達障害の子供の中学校選びは、療育という面でも社会へ一歩近づくという意味でも重要な局面だと思います。

私の子供(小学5年生)の中学校選び、中学生になるにあたりの現在の心境や考えていることもいろいろあります。

 

この記事では、私の発達障害子供中学校選びについて考えている事や私のシンプルな答えの見つけ方をまとめています。

続きを読む

発達障害(自閉スペクトラム症)5歳児の確率がすごい。私の前向きな捉え方

発達障害の子供をお持ちのお母さんやお父さんが一度は考えた事があろう「発達障害児」の人数や生まれてくる確率。

6月3日に報じられた弘前大の研究結果は、なかなか考えさせられる数字だったのではないでしょうか。

 

この記事では、弘前大が発表した発達障害(自閉スペクトラム症)の子供5歳児)の有病率(確率)について、私が同じ子供を持つ親の視点でどう捉えたかをまとめています。

続きを読む

発達障害の子供の育児は辛い?原因と対処方法を知って心を軽くするコツ

あなたのかわいい子供が発達障害と知り、育児の中で辛いと感じたことはないでしょうか。

私はあります。

あなたが現在でも辛いと感じているのならぜひこの記事を読んでください。

 

この記事では、発達障害子供育児辛いと感じる原因とその対処方法について先輩としてアドバイスをしています。

 
続きを読む

子供が発達障害グレーゾーンになる理由と親に必要な3つの心構え

発達障害かも?と思っても、グレーゾーンって診断されると、どうしたらいいかわからなくなりますよね?

 

でもグレーゾーンと診断されても、しっかりサポートすることで健常の子供として成長していくことも、将来発達障害と診断されることもあり得ます。

 

この記事では、発達障害グレーゾーンとは何なのか、グレーゾーンになる理由や、親がすべきことについてお伝えします。
続きを読む

発達障害の3つの種類と特徴を子供に当てはめたら気持ちが楽になりました

発達障害には基本的に3種類があると言われており、みなさんの子供がどの種類に当てはまるか確認をされましたか?

 

私の子供をこの種類と特徴に当てはめてみたら驚くくらい気持ちが楽になったので皆さんも一度お試しください。

 

この記事では、子供の発達障害種類特徴を学ぶことができ、私の子供がどうだったか一例をお伝えしています。

続きを読む

発達障害の子供を受け入れられない理由と心の負担を軽くする3つの事

自分の大切な子供が発達障害と分かって、 受け入れられない という気持ちで悩んでいませんか。

 

子供が発達障害や知的障害など様々な障害だとわかった時に考えてほしい、大切な3つのことをご紹介します。

 

この記事を読めば、

  • 発達障害の子供が受け入れられない理由が分かります
  • 親として受け止めなければならないことが分かります
  • 心の負担が軽くなり発達障害の子供を育てていく自覚が芽生えます

続きを読む