発達障害の中学校は進路選びに重要!3つの進学先とメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

発達障害の子供が中学校へ進学することで、どの中学校を選ぶべきか迷っていませんか。

中学校が決まると、おおまかに将来の進路の見通しが立つため、中学校の選択はとても大切です。

 

この記事では、

  • 発達障害の子供が中学校へ進学する際に確認したい事がわかります。
  • 発達障害の子供が進学先として検討したい3つの学校のメリットとデメリットがわかります。

発達障害の中学校は進路選びに重要!3つの進学先とメリット・デメリット

 

幼かった子供もいつの間にか中学生になろうとすると、感慨深い気持ちと同時に学生時代としては最も選択肢が少ないとされる中学校選びに頭を悩ませることになります。

 

発達障害子供の進学先としては公立中学校、私立中学校、支援学校の3つになります。(さらに分類することもできます)

中学校はどの地域でも、小中高大を通じて1番選択肢の少ない進学です。

 

将来に大きく関わってくる進路ですので、時間を掛けて慎重に選択をしたいものです。

 

 

>>発達障害の子供の中学校選びはシンプルに?私の答えの見つけ方の大切な3つ

 

発達障害の子供の進学先となる3つの中学校


小学校高学年になると、発達障害の子供に限らず進学先としてどの中学校に進学させるのか、多少なりとも親は悩みます。

また、中学校は義務教育ですので進学しないという選択肢がないので、その意味では選択肢が一つ狭まっているともいえます。

 

大きく分けて3つの中学校が進学先としてあげられますが、それぞれがメリット・デメリットがあるのでよく考えなければなりません。

 

公立中学校

いわゆる地元の中学校です。

生徒の絶対数としては最も多くの子供が通います。

 

地元の中学校に通わせるメリットとしては、小学校からの友達や同級生が多いことや、通級の生徒(健常児)との交流で、言葉の伸びや発達を含む本人の成長がもっとも期待できることです。
また、普通高校の受験の選択肢が残されます。

デメリットとしては、保護者・生徒・教師、関わる全ての人に関することですが、発達障害など支援が必要な子供に対する理解は少ない傾向があります。

よって、子供にとっても(特に)大人にとっても試練ともいえるつらい出来事も起こりやすいです。

特に知的障害やLDの子供にとっては進級するにつれて勉強についていけなくなる可能性もありますが、支援学校への転校という受け皿があることもわすれてはいけません。

 

同地区に複数の公立中学校が存在する場合は、校区外でも小規模中学校という選択肢もあります。

 

私立中学校

 

私立中学校への入学は中学受験をしなければなりません。

一般的に偏差値が高いと思われている私立ですが、発達障害などの支援が必要な子供を受け入れている学校はあります。(学校によってさまざま)

しかし、受け入れているからと言って加配や支援員がついてくれるとは限りませんので、あらかじめその中学校のことをよく調べておく必要があります。

 

メリットとしては小学校時代の同級生と訳あって離れたい場合や、似た保護者も集まりやすいので理解されやすい、得意分野がある場合長所を伸ばす教育を受けることができる可能性が高い、中高一貫や大学付属の場合は受験の負担がいくらか軽減されるということになります。

デメリットとしては、受験のハードルや私立にプライドを持つ親にとっては、支援が必要な子供やその親への風当たりが強くなることもある、学費が高いなどが挙げられます。

 

なぜ私立中学を希望するのかその理由を明確にして、担任の先生と受験するだけのIQがあるかなどよく話し合うことが大切です。

 

支援学校

 

勉強や肢体不自由などの面で普通中学校でついていくことが厳しい子供や、将来障害者枠での就職を希望する場合など支援学校を選択することができます。

メリットとしては、周囲の教師や保護者は、発達障害に理解ある人が極めて多いことや、子供としても周りから遅れをとっているという劣等感を味わうことは少ないです。(普通中学校では成長とともに自分自身と周りの差を感じはじめコンプレックスと思う子供もいます)

デメリットとしては、子供たちからの刺激が少なく、伸びしろが限られてくる(親としては成長の幅を狭めてしまっている気持ちに駆られる)ことや、支援学校から普通中学校への転校は厳しいこと、普通高校への進学ができないことが挙げられます。

 

進路決定までにやっておくべき事


小学校5〜6年くらいになると、いよいよ真剣に中学校選びが本格的になってきますが、最終的に中学校を決定するまでにやっておくべき事や確認事項はこちらです。

 

  • 見学
  • 子供の意思の確認
  • 候補の学校の支援員の人数
  • 学校の雰囲気(通級生との関係性やいじめ)
  • 卒業生の進路や進学率

 

特に一番大切なのは、見学です。

発達障害の子供はそのこだわり行動から、距離が近いからとか友達が行くからと、明確な理由なく学校を決めることは少なくありません。

そして他の学校を進めても方向転換ができず融通が利かないことも考えられます。

 

子供と実際に行きたい学校や勧めたい学校を見学して、授業風景や学校の雰囲気を体で感じておくのが大切です。

 

まとめ

 

この記事では、

  • 発達障害の子供の進学先となる3つの中学校(公立・私立・支援学校)について
  • 中学校決定までにしておきたいのは学校の見学

ということについてお伝えしました。

 

発達障害育児の先輩さん達のブログランキングはこちらです(๑˃̵ᴗ˂̵)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*